みんな欲しい「透明感」、結局どうすれば手に入れられるんですか?

「ああ、今日も今日とて透明感が欲しい。」となりのクラスのあの子とか、テレビでよく見るあの人も、あんなにも透明感があるのになんで私にはないの!?そう悩んでいるあなた、「あなたの透明感」がきっとあるはず。

透明感、欲しい。

「透明感」というワードをここ数年前からよく見かけますよね。ファッション、コスメ、メイク、何に関しても「透明感」というものが注目され、また、重要視されています。そんな中で、「透明感が欲しい!欲しい!!」と躍起になっている女子も多いのでは?

でも全然、ない。どんなサプリ飲んでも、どんな化粧品使っても、何しても、ない。金はねーし、透明感もねー、しんどぃもぅ無理。なんて思ってる人一定数いると思います。

でも、個々に合った「透明感」があると思うんです。「自分にハマる透明感」みたいなもの、それを理解して掴むだけで、ずっとなかった透明感、爆上げできちゃうかもしれませんよ~?

自分に合った透明感を選ぶ

でもなんかこう、デトックスとか、体内がキレイだとか、運動して、痩せて、みたいなのは簡単に上手くはいかないので、コスメで手に入る透明感の話。話題になったコスメたちも例に挙げていきます。

ベースメイクで透明感爆上げ

 (691048)

例えば、下地やファンデーションで透明感を出す!

カバー力抜群なもの(厚塗り感の出るもの)やマットな質感のものは透明感があまり出ないので、ツヤ感のあるリキッドファンデーションや薄付きのパウダー系にすると、透明感、出ます。

たまに、「カバー力めっちゃくちゃあってぇ~透明感も出るのぉ~なんたらかんたら!」なんて仰ってる人も見かけますが、肌の透明感は、薄く、生感があってこそ出るものかと思うので、、どうなんだろう。

薄付きのものだと肌荒れもマシになったり、崩れにくいしで一石二鳥!

色で透明感爆上げ

 (691047)

例えば、コスメの色で透明感を出す!

これは最も一般的なアイデアで、皆さんもすでに試しているのではないでしょうか。ご存知の通り、パープルチークとか、そういうやつですね。

でも、肌の色、無視してません!?黄み肌や色黒の方がパープルチーク使っても、ほっぺ浮きます。わかる。100パー実話。
青み肌や色白の方が血色を出すためにオレンジ系や赤系を思いっきり使うと、それも浮いちゃいます。わかる。

それぞれの肌の色によってコスメの色味を変えた方が、透明感出るんですよね。「透明感を出すにはとにかくパープル!!!」なんて概念は捨てましょう。

パープルチークで透明感出た♡とご機嫌で言っている人がいるとすれば、それほっぺだけかもしれません、もしかしたらね。ほっぺだけ透明感出てもしょうがないです。自分の肌に合ったカラー選びが大事!

スキンケアで透明感爆上げ

 (691046)

例えば、スキンケアで透明感を出す!

これはもう単純に、肌をきれいにすること。ニキビがお肌にぽつぽつあると、それだけで透明感はなくなります。できれば薄めのファンデーションで、ギリギリ隠せる程度までには治しましょう。

肌にやさしいスキンケアを意識、自分の肌質も理解して。クレンジングを油脂ベースのものにするとか、ビタミンC誘導体配合のものにするとか、ちょっとしたことを少しづつ変えて、見つけていくと汚かったはずの肌が見違える結果になります。(経験上)

あとは美白系のスキンケアだと、くすみとか取ってくれちゃうので、意外とそれだけで透明感出ます。

結局、人それぞれ感性違うから

 (691045)

そもそも「透明感」って感性の問題なので、自分に合っていなくとも透明感が出た!と思ったらそれはまあ出たということでいいかと。(なげやり)

「透明感」なんてよく考えるとすごく曖昧な言葉。どこからどこまでが「透明感」で、じゃあ一体何が「透明感」ではないのか、感じとれても言葉で説明するのは意外と難しいし、おそらくみんなそうだと思っています、勝手に。

反対に、自分は透明感がないと思っていても、他人からは透明感がある子だと思われているかもしれません。感性の問題だから。

そんな中、「このコスメが透明感出るらしくて使ってみたけど出ない(怒)」と何度も落ち込んでいる人、まあ元気出せよ、な。そのコスメがあなたに合ってないだけかも。

くじけず色々探してみましょう、透明感ブチ盛り、爆上げ、夢じゃないよー!
2018年4月16日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お願い、イライラしないで!(涙)女子達がわかってほしい「用意に時間かかりすぎ」問題

男性からすると、どうしてこんなに用意に時間がかかるのか理解ができないかもしれない。でも、理解してほしい。 「ごめん、あと10分待って…!」女には、男性には見えないところで、こんなにも面倒臭いことをしないといけなかったり、努力しているところがあったりするんです…!

自己満足?自分への投資?「プチプラVSデパコス」マウントを取り合う女の仁義なき戦い

化粧品にいくらまでかけられますか?新しいコスメブランドもどんどん増えていく中、コスメ好きの中でも、 外資系のブランドが立ち並ぶデパートのコスメカウンターで美容部員さんと対面しながら購入する、ハイプライスな「デパートコスメ」を選ぶ人と、ドラッグストアなどで気軽に買える比較的ロープライスな、所謂「プチプラコスメ」を選ぶ人の住み分けが進んでいるみたいです。

実録!顔修正アプリの恐怖…!本当の自分が受け入れられない修正アプリ依存女子の実態

画像加工アプリの爆発的な流行により、当たり前のようになった修正。芸能人の体型修正なんかも度々話題にあがりますよね。誰でも気軽にアプリで修正ができるようになり、現実から目を背ける修正アプリ依存女子が増えているんだとか。。

「眉毛が二本!?」「涙袋こわっ!!」思わず二度見する、やりすぎ流行メイク女子

最近は一般人でも化粧が上手な人が増えましたよね。モノマネメイクや、整形メイクなど今や整形いらずで可愛くなれる時代。そんなメイクも、やりすぎるとかえって悲惨なことに…。思わず二度見してしまう、やりすぎメイク女子たまに見かけませんか?

避けて通れない!初めてのお泊まりや同棲を始めるカップルの「スッピンどうする問題」

スッピンに自信ありますか?彼氏が出来た時、どうしても避けては通れない「初めてスッピンを見せるときどうしよう」問題。どうしてもスッピンを見せるのに抵抗がある乙女心をなんとかすべく、スッピン問題の対処法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム