やめといたほうがいい!?人を選ぶトレンドあれこれ

巷で噂のあのメイク、あのヘアスタイル、あのファッション・・それ、もしかして似合ってないかも。あれやこれやとトレンドを取り入れているあなた、一度自分を見直してみて!

ハーフメイク

 (635575)

目鼻立ちははっきりとし、それでいてナチュラルで儚い、血色溢れる白い肌に、透き通った瞳。欧米人ならではの透明感、一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。今、まさにトレンドなのがコレです。

そんな中、身近でうらやましく思うのが「ハーフ顔」。周りにもいませんか?アメリカやフィリピンなどはっきりした顔立ちのお国とのハーフの子や、はたまた、めちゃくちゃハーフな顔して純日本人か~い!なんて子もいます。

そんなハーフ顔の人々に負けじと顔立ち薄い芸人の為に生み出された「ハーフメイク」ですが、これこそ人を選んじゃうメイクなのでは、と思うんです。

目が小さい、色黒、鼻が低いetc、そんなコンプレックスだらけの私たちを、ハーフメイクが救ってくれる!なんて、救ってくれません。

むしろ現実的になる魔法をかけてくれます。
「顔が強調された、ただの日本人」になります。

そんな現実に対し、突きつけられる「ハーフ」「透明感」「色素薄い系」というワード。次々と排出される現実離れした世間のトレンドについていくのは大変ですよね。心中お察しします。

オン眉バング

 (635576)

イメチェンしたいそこのあなた、「オン眉バング」一度はやってみたいと思ったことありますか?私はあります。SNSで「#オン眉」と入力して大量にアップされるサロンモデルに憧れを抱いたり、好きなモデルやタレントさんがオン眉バングにすればまた影響を受けまくり美容院へ駆け込んだ方、少なくないと思います。

でもこれってかなりの上級者じゃないと、してはいけないヘアスタイルなんですよね、実は。

あなたが憧れているオン眉の女性、よく見てください。かわいいですよね。もう一度言います。かわいいですよね。顔が。(泣)

「抜け感」は数年前からトレンドとして重要視され、雑誌ではとことん「ヌケ」を演出するメイクやコーディネートばかり。その波に乗って「抜け感」を手に入れたい一般人の私たちですが、オン眉にするもフェイスが補ってきません。需要と供給の大切さを学びましょう。

人間、必要以上に前髪短くしなくて大丈夫!!あなたはかわいい!!!

オルチャンメイク

 (635578)

一世を風味した「オルチャンメイク」。美容大国・韓国からきたこのメイクは「美肌」「平行眉」「特徴的なアイライン」「ぷっくりとした涙袋」「発色抜群のグラデーションリップ」が鉄板ですよね。

ばっちりオルチャンメイク+シースルーバングとのタッグで少女時代やTWICEに・・♡といいたいところですが、見た目、おばさんくさくなっていませんか?

今でこそオルチャンメイクもナチュラルになってきていますが、一昔前のオルチャンメイクは、実際にやってみると意外と濃い!!韓国人だったらまだいいものの、日本人がやってしまうとやはり違和感が残るものなんですよね。

最近だと真っ赤なティントなんかも流行りましたが、唇だけ浮いて見えるような・・。中高生は特によくやっているオルチャンメイク、学生のはずがなぜか全員おばさんに見えることがあります。そして思うんです、今こそが復刻バブリーだと。

メイクの足し算、引き算は本当に大事。自分の顔に合ったメイクを心がけましょう。

サロペット

 (635579)

数年前に人気を博し、今や定番コーデの一つとなっている「サロペット」ですが、雑誌に載ってたあのモデルさんみたいに大人っぽく着こなしたい!・・のに、なかなか上手くいかないもの。
パジャマに見えたり、手抜きに見えたり、デニム生地なんて下手したら農業!?!?そう思われかねません。

そう。デニムサロペットが一番厄介で、ファーマーっぽさから子どもっぽさまで一気に倍増してしまう驚きの変身グッズ。服の形にもよりますが、本当に着こなしが難しい。

そして、デニムでなくとも、逆に大人っぽいパンツスタイルでも違和感が発生。
モデル着用のサロペット着ちゃってる自分、試着室の鏡に映る自分、超イケイケ!と気分もアゲアゲになるものの、帰ってもう一度着てみるとめっちゃ足短ぇ・・!という悲劇も。

上級者向けで難しい。トイレ行く時も面倒だし。(?)
アクセサリーや髪型などでアレンジはきくとしても、やはり雰囲気が自分に合わないから避けがちというひとも多いはずです。

総合的にみると、やはりモデルさんが着ているからこそかっこよく見えるんですよね・・。骨格から別の人間になりたい。今世で徳を積もうと思います。

選ばれてはだめ、選んでやりましょう

人を選ぶメイク、人を選ぶファッション、この世には人を選ぶスタイルがたくさんありますが、好きなものは好きでいいし、人によって似合うものはそれぞれ。見極めも大事ですね。

顔が可愛けりゃ、スタイルが良けりゃ全て問題がないと言われればそれまでですが。生まれ変わって2度目の人生に期待しましょう。
2018年1月17日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

私が良ければそれでヨシ♡!?周りはドン引きしている自分勝手女子力。

オッサン化する女子が急増しているのとは反対に、女子力を上げようと日々努力を積み重ねて生きている女性も増加しているのも事実!ネイルをキレイにしたり、香りに気をつかったり、髪の毛をキレイにしたり、スキンケアやリップケアに、スタイルキープに…女性とは本当に色々と大変なのです。しかし、その努力!実は周囲は非常に迷惑に感じているかもしれませんよ…自分勝手な女子力アピール、あなたはついついやってしまっていませんか??

女子力は一体どこへ…。近年増えているオッサン化する女子の行動とは

みなさん、自分は女子力が高いと思いますか?それとも低いと思いますか?SNSで美容・コスメ情報を探してネットサーフィンしていると、「女子力の塊」や「女子力を具現化したような」なんて言葉もよく見かけたりしますが、そんな女子力という言葉とはほど遠い、女子力を捨てたオッサン女子が近年増えているというのです!あなたはオッサン女子化していませんか?オッサン女子がやってしまいがちな行動とは…。

アラサー、アラフォーがときめく懐かしコスメ。あなたはいくつ覚えていますか?

目まぐるしく変わる化粧品業界!お気に入りのコスメが気付けば廃盤になっていた…なんてことは、コスメ好きにはよくある話。コスメどころか、お気に入りのコスメブランドもなくなっていたりすることもあります。そんな今はなき、コスメブランドを懐かしい気持ちで思い出してみてください。あなたはいくつ覚えていますか??

お正月休みやGWなど長期休暇明けに起こりがちな「女子の変貌」あるあるとは!?

お正月休みに限らずですが、長期休暇が明けると、どこが変わったのか明確にはわからないけど何か違和感を感じる他人の変化があったりします。そんなお正月休み明けに起こりがちな女性の変貌とは…。

会社の有休は限定コスメのために…!?コスメ大大大好きな女子あるあるとは。

いつの時代も女性の心を掴んで離さないコスメ。多かれ少なかれ、女性の必需品であるコスメですが、そんなコスメのことが好きを通り越して、大好きすぎる人にありがちなコスメ好き女子あるあるです。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム