【イヤな女あるある】これはウザい!間接自慢に"自称"毒舌…こんな女、近くにいない?

どうしてあの子といると疲れるんだろう。あっちにもこっちにも、いるいる。嫌な女。自分は嫌な女になっていませんか?これを読んでドキッとしたあなた、もしかしたら意識しないうちに嫌な印象を与えちゃっているかも!チェックしよう!

どこにでもはびこる、嫌な女。

あなたのまわりにいませんか?
なんだかとっても嫌な女。

嫌味度をレベル別に紹介!

SNS自慢が凄い

 (627918)

嫌度レベル・弱

まだまだ笑って許せる程度の嫌さ加減。
たまに見かけるSNS自慢。

「主張したいのはそこじゃないだろ!」と突っ込みを入れたくなるような文章と写真とのちぐはぐ感。

・アクセサリーを見せたいのかと思いきや、あきらかに谷間を見せるための写真だったり(セクシーアピールも大概にしろ!)
・彼氏がいる事を公言せずにたまに男の影をちらつかせる写真と意味深な文章(彼氏がいる事を知ってる友達がたまに「お熱いこと♡」や「この幸せ者~♡」などと冷やかすようなコメントをしがち。そのノリも寒い。)
・コーヒーの写真、後ろに見えたるはブランド物のバッグ、腕に輝きたるは高級時計。(普段は文字板が外側にくるように着けてるのに。机に置いて撮る場合もあるよ。)

さりげなさを演出しようとして失敗しているので余計に辛くなっちゃう。
いいね の数でモチベーションを保っているのでいいねしないとへそを曲げちゃうかも。

デパコスorプチプラ 至上主義すぎる女

 (627919)

嫌度レベル・中

デパコスorプチプラ至上主義すぎる女たち。
コスメにかける値段=その人の価値ってわけじゃないけれど、デパコス信者はプチプラ使ってる人を少し上から見てるフシがある気がする。
プチプラでもデパコスに負けないレベルのものもあるし、むしろデパコス以上の真価を発揮するものもあるよ。もちろん値段相応のものもあるから気をつけたいところ。

メイクは自己満だから、どっちが偉いとか無い事に気づいて。
楽しんでメイクしてる人が圧倒的に素敵だよ!
どれだけ綺麗なラメや偏光でも、他人には伝わらないからもどかしいね。

オーガニック過激派

 (627920)

嫌度レベル・中

正直ここまでオーガニック主義の人には出会ったことはないけれど。

ヘルシーを発信するのは自由だけどその価値観を押し付けるのはヤメテ!こちとらファストフードが好きだし体に悪いって分かったうえで食べてるんだよね!!
あとSNSで体にいいもの食べてますアピールもちょっと、興味ない。
結婚した途端にお弁当やご飯の写真ばかり載せだすのも何?
#〇〇キッチン とかシリーズ化するの誰得!?

他人のメイクにいちいち突っ込んでくる

 (627917)

嫌度レベル・大

もう、本当に勘弁してちょうだい。こういうタイプの人に出会ったなら、嫌な思いをさせるスキも与えずに一目散に逃げるのが正解!
「ごめんね、私毒舌なの」ってそんな自分が好きすぎる人の言い訳ー!!

普段まつ毛が顔にはりついてても、前歯に青のりがついてても絶対に言ってくれないじゃーん!
こちとら気に入って買ったの!つけたの!最悪似合ってないって言ってきたとしても、こういう色の方がいいと思うみたいな本気のアドバイスをくれ!!参考にするかしないかは別として!

そんな嫌な女でも

そんな嫌な女でも、もちろん良いところもあるはず。
ちょっぴりウザいくらいが可愛げあるものよ。

いいところもちゃんと見て、お互い気持ちよく関係を続ける事ができるといいわね。
2018年1月10日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

その衝動買いちょっと待った!“可愛さ”だけで選んでない?コスメ選びの失敗あるある

SNSでたくさん「いいね」がもらえるフォトジェニックなコスメたち。可愛い見た目に一目惚れして、思わず衝動買いしてしまったという経験はありませんか?しかし、いざ使用してみると「思っていたのと違う」。今回はそんな「コスメ選びの失敗あるある」をピックアップ。

だめだと言うのは分かってる…!分かっちゃいるけどやめられない美容のタブー

毎日面倒なメイクや、スキンケア、髪の毛・ネイルのケア。ネットで調べるまでもなく、悪影響なことは分かっているんだけど、ついついやってしまいがちなクセや我慢できないこと、忙しい時や疲れた時にサボってしまうことってありますよね。

『秋バテ』って知ってる?過ごしやすい時期こそしっかりとした美容ケアを◎

『秋バテ』という言葉をご存知ですか?夏が過ぎてやっと過ごしやすくなってきた今『秋バテ』に要注意です!またこの時期はお肌の調子も下降気味に、、、。そんなあなたにぜひチェックして欲しい◎『秋バテ』対策とこの時期の美容法をご紹介致します♡

何を贈るのが正解?プレゼントにもらって嬉しいコスメともらって困っちゃうコスメ

女の子に贈るプレゼントの定番、化粧品。男性から女性に贈るプレゼントはもちろん、女性同士のプレゼントにもコスメは定番。普段自分では少し手を出しにくいデパートコスメや、パッケージが可愛いコスメはまさにプレゼントとしてぴったり!ですが、いくらプレゼントは気持ちと言えど、もらって困るものもあるんです…。

「あぁ、歳とったんだなぁ…」アラサー、アラフォー世代がおばさんになったと感じる瞬間

自分が10代の頃、20代・30代の自分ってもっと綺麗で外見も内面もスマートな大人になっているイメージだったけど、いざ自分がなってみると「あれ?こんなはずじゃ…」中身はまだまだ年齢に追いついていなくても、外見や身体の至る所に悲しいかな、年齢は付きまとうものなのです…。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム