脱干物女!!この冬も独りだったと嘆く前に見直すべき4つの美容ポイントとは?!

冬のイベントは、残念ながら独りだったな・・・。と言う方「干物女」になっていませんか?春までにまだ間に合う「脱干物女」になる為に気をつけるべき4つのポイントをお教えします。

 (629574)

2017年も終わり、2018年の新年を迎えましたが・・・
気がついたらもう1月も後半?!

え?!時間経つのはやくない????
と、焦っている人も多いのでは?

まだ、寒い日が続いていますがコスメやファッションなどはもう春モードに突入♡


『今年の冬も、独りだったな〜』と嘆く前に、ちょっと今までの生活・美容習慣を見直して今年の春はモテ女になりませんか?

見直すべき4点!

 (629576)

「あぁ〜どうせ出会いなんて無いし。」
「誰にも会わないし。」

なんて、毎日すっぴんで出歩いていませんか?

見直しポイント⑴毎日化粧をする

誰にも会わない?誰も見ていない?
それは、あなたがそう思っているだけかも。。。。
意外と、周りの人はあなたを見て評価していますよ。

出会いがなくても、身近な人から紹介なんてこともあります。
『あの子、紹介したいな。』と思わせる為にも、そして親しき仲にも礼儀ありです!

お化粧をするのは、もはやマナーですよ。

そして、メイクは毎日研究することで上達します!!!


たまに化粧したら、あれ?なんか濃い?なんてことありませんか?
『美』は日々研究が必要なんです。

また、すっぴんはお肌にいいと思われがちですが外を出歩くだけでもお肌は汚れ、紫外線などに刺激されています。しっかりケアできるベースメイクをする。また、最低限は日焼け止めを塗るなどしましょう。
 (629575)

見直しポイント⑵メイク落としは必須

新年会など何かと飲み会も増えるこの時期。
飲み会など、お酒を飲んでストレス発散!!
言うのは、良いですが飲みすぎてメイクも落とさずそのままバタン。。

なんてこと、ありませんか?

どれだけ、高価なスキンケアをしたところで、1日でも化粧を落とさず眠ってしまうと今までの苦労が水の泡に・・・。

どんなに疲れていてもメイク落としだけは忘れずに。

見直しポイント⑶自分にあったスキンケアを

 (639155)

『めんどくさい。』なんて言ってスキンケアを怠っていませんか?

化粧水、保湿クリーム、美容液などスキンケアといっても様々ありますが、季節や年齢によってもお肌は変化するので常に自分にあったスキンケアを探し求めるのは女性としてとっても重要!

特に、今の季節は自分が思っているよりも乾燥しています。
お肌にたっぷり水分を与えてあげてくださいね。

そうするだけで、お肌の血色やメイクノリが全然違いますよ。
 (629577)

見直しポイント⑷意識改革

そして、なんといっても一番重要なのは『意識改革』です。

綺麗になりたい!!と思ったら、不摂生はできませんよね。


甘いものや高カロリーなものは太ることは勿論、肌荒れの原因にも。たまのご褒美♡程度にするように控えるなど、まずは自分の意識を変えることが重要です。

これが一番難しい。。。


だけど『この冬も、独りだったな〜』と。もう嘆かなくて良いようにする為には、ちょっと我慢して綺麗になりましょう。
2018年1月20日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

目立ってなんぼ!?ハロウィンに気合を入れすぎた女子達の悲惨な事件簿

今や一大イベントとなったハロウィン。仮装をしたり、ゾンビに追いかけられたりと本来の目的とはかけ離れた(!?)イベントと化していますが、大人が堂々と楽しめる日も年に1度くらいあっても良いですよね♡しかしそんなハロウィンに気合を入れすぎてやらかしてしまった失敗談もあるようで…。

お願い、イライラしないで!(涙)女子達がわかってほしい「用意に時間かかりすぎ」問題

男性からすると、どうしてこんなに用意に時間がかかるのか理解ができないかもしれない。でも、理解してほしい。 「ごめん、あと10分待って…!」女には、男性には見えないところで、こんなにも面倒臭いことをしないといけなかったり、努力しているところがあったりするんです…!

自己満足?自分への投資?「プチプラVSデパコス」マウントを取り合う女の仁義なき戦い

化粧品にいくらまでかけられますか?新しいコスメブランドもどんどん増えていく中、コスメ好きの中でも、 外資系のブランドが立ち並ぶデパートのコスメカウンターで美容部員さんと対面しながら購入する、ハイプライスな「デパートコスメ」を選ぶ人と、ドラッグストアなどで気軽に買える比較的ロープライスな、所謂「プチプラコスメ」を選ぶ人の住み分けが進んでいるみたいです。

実録!顔修正アプリの恐怖…!本当の自分が受け入れられない修正アプリ依存女子の実態

画像加工アプリの爆発的な流行により、当たり前のようになった修正。芸能人の体型修正なんかも度々話題にあがりますよね。誰でも気軽にアプリで修正ができるようになり、現実から目を背ける修正アプリ依存女子が増えているんだとか。。

「眉毛が二本!?」「涙袋こわっ!!」思わず二度見する、やりすぎ流行メイク女子

最近は一般人でも化粧が上手な人が増えましたよね。モノマネメイクや、整形メイクなど今や整形いらずで可愛くなれる時代。そんなメイクも、やりすぎるとかえって悲惨なことに…。思わず二度見してしまう、やりすぎメイク女子たまに見かけませんか?

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム