《「頬骨」や「そばかす」は美人の象徴!?》日本人がビックリする欧米のメイク方法とは?「ベースメイク編」

日本でも大きなブームとなった「オルチャンメイク」。お隣の国・韓国でも日本とはメイクポイントが異なり、雑誌でもたくさん特集されました。もっと遠い欧米では、「美」に対する定義が日本と大きく異なることも!? 日本人にはビックリの欧米のメイク方法をご紹介します。今回は【ベースメイク編】です。

お国が変わればメイクも違う!?

音楽やドラマだけでなく、コスメやメイク方法も韓国発のものがたくさん日本にも入ってきている現在。
お隣の国なのに、意外とメイク方法が違ってビックリすることがありますよね。
国が変われば美意識にも変わる、メイク方法も全然違うんですね。

となれば、もっと遠い欧米の国々では、もっとメイクが違う?

欧米志向の影響もあって、西洋風な見た目は日本でも人気で、海外風メイク方法も雑誌などでたくさん紹介されていますが、日本人の美意識では絶対にしないようなメイクがたくさんあるんです。

そんな欧米と日本人でギャップのあるメイクをまとめてみました。
今回は、ファンデーション、シェーディング&ハイライト、チークの【ベースメイク編】です。

日本と欧米のメイクの違い:ファンデーション

 (655836)

ガングロやヤマンバといった色黒ブームも今は昔。
美白ブームが長らく続いている日本では、美肌=色白という印象ですよね。

少しでも色白にみられたい!という気持ちから、自分の肌の色よりワントーン明るいファンデーションを選んで、ちょっとでも明るく白く見せるのが日本人のベースメイクですよね。

でも欧米では全然違うんです。
健康的な肌を美しいと思う人が多いので、小麦色のベースメイクをする人が多いそう。
さらに、日本人のようにワントーン明るい色は顔が浮いて見える心配があるので、首などの色と合わせて顔よりワントーン暗めのカラーを選ぶことが多いのだとか。

さらに、日本人なら絶対に隠してしまう「そばかす」も、欧米では愛らしいチャームポイントとして捉えられるんです。
健康的に見えるということから、そばかすメイクとしてあえて描いたり、タトゥーを入れる人もいるとか。
日本人の感覚からは考えられないですね!

また、日本人ほどしっかりとスキンケアをしている人も少ないそう。
シミができればコンシーラーなどメイクで隠せばいい!というスタンスのようです。

日本と欧米のメイクの違い:シェーディング&ハイライト

 (655839)

シェーディングやハイライトにも大きな違いがあります。

日本人は、シェーディングもハイライトもあくまでナチュラルに入れますよね。
フェイスブラシや指に取り、ボカシながらふんわり入れる人が多いのではないでしょうか。

小顔効果や鼻を高く見せるために、でもあくまで自然な仕上がりを目指す日本とは、欧米のメイク方法は考え方も大きく異なります。

欧米ではシェーディングもハイライトも、濃いめのカラーをスティックでグリグリと顔に塗り、スポンジなどでベースカラーとなじませていく、というメイク方法なんです。
日本人のような小顔効果の役割ではなく、メリハリのある骨格を作る意味合いが大きいのです。
なので陰影がくっきり出るぐらいシャープに入れるのが欧米流。

また、日本人は高い鼻に憧れるものですが、欧米では高い鼻は魔女鼻と嫌われています。
小ぶりでコンパクトな鼻が好まれていて、鼻を低く整形する人もいるほどだそうです。

日本と欧米のメイクの違い:チーク

 (655840)

続いてはチークです。

日本人は、ピンク系やオレンジ系などの違いはありますが、チークには明るめのカラーを使って頬の血色を良くみせて、明るくかわいく元気な印象に仕上げます。
場所も、目の下の頬の高い位置をメインに乗せる方が多いのではないでしょうか。

欧米では、ややダークカラーのチークを使って、陰影をつけるように頬骨のやや下あたりからこめかみに向かって入れます。
日本では頬骨が出ていることはあまり好まれせんが、欧米では美人の要素の一つとして頬骨が高いことが挙げられるほどで、メイクで頬骨を強調するのは一般的です。
また、頬骨を高くする整形手術もポピュラーで、頬骨=美人の象徴となっているのです。

日本とは真逆!? 驚きの美的感覚も!

 (655812)

いかがでしたか?
日本では高い鼻が美人の定義とされていても、欧米では逆に控えめの鼻が好まれていたり、
日本では頬骨が目立たないようにするのに対し、欧米では美人ポイントとして強調させたり…
整形手術をするほどコンプレックスに思うことが、国が変われば「美」の基準になることもあるのです。

日本人にとって驚きのメイク方法はまだまだあります!
メイクの重要ポイントでもある目やリップなどの【ポイントメイク編】も改めてご紹介しますので、お楽しみに!
2018年2月19日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018夏新作】Dior(ディオール)から新ライン《バックステージ》誕生「グロウフェイスパレット」など6/20~先行発売

ディオール(DIOR)ビューティーからショーで使用されるメイクアップの新ライン《バックステージ》が誕生します!初コレクションとなる2018夏新作の全21色「フェイス アンド ボディ ファンデーション」やアイ・チークなどのパレットをチェックします♪

《ボビイ ブラウン》限定新作コスメ「ハイライト & グロウ シマー ブリック パレット」と「フェイスブレンダー/ブロンザー デュアルブラシ」をご紹介!

ボビイ ブラウンのベストセラーアイテムの1つ、「シマー ブリック」。6月1日に発売されたボビイ ブラウンのブロンザーコレクション「ウォーム ディファイン イルミネイト コレクション」には、シマー ブリック3つがセットされた、「ハイライト&グロウ シマー ブリック パレット」がラインナップ!今回はこの豪華なパレットと、一緒に使いたいブラシをご紹介します♪

汗ばむ季節は「化粧崩れ」に要注意!これから気をつけたい夏メイクあるある

暖かい陽気に気分も高まる今日この頃。アウトドアやフェスなど、屋外で過ごすことも増えてきたのではないでしょうか?そんな胸躍る季節ですが、油断してはならないのが「化粧崩れ」。汗や皮脂によって、せっかくキレイに仕上げたメイクもいつの間にかドロドロに・・・。そんなことがないよう、今のうちにしっかり対策を立てておきましょう!

【下地の塗り方/マッサージ...etc】そのひと手間でさらに美しくなれる!手持ちのコスメで雰囲気が変えられるメイクテクニック

周りにいつも綺麗に整った肌をしていたり、メイク崩れが少ないな、と憧れる女性は居ませんか?その人はきっと、メイクのコツやポイントを覚えているメイク上級者さん。メイクはちょっとしたコツと正しいコスメの使用方法を覚えるだけで劇的にメイクの出来上がりが変わってきます。

知ってて損は無い!たった4つのポイントで完璧美肌◎《ベースメイク直し術》

どんなに崩れにくいベースメイクをしても、どうしてもベースメイクが崩れてしまうときもありますよね。そんな時に役立つ素早く綺麗に仕上がるベースメイク直し術をご紹介します。たった4つのポイントをマスターしているだけでベースメイク直しが完成!どんな時もさっと直して、いつでも隙のない完璧美肌ベースメイクを手に入れましょう!

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム