だめだと言うのは分かってる…!分かっちゃいるけどやめられない美容のタブー

毎日面倒なメイクや、スキンケア、髪の毛・ネイルのケア。ネットで調べるまでもなく、悪影響なことは分かっているんだけど、ついついやってしまいがちなクセや我慢できないこと、忙しい時や疲れた時にサボってしまうことってありますよね。

毛穴からぴょこっと出ている角栓…ピンセットで抜いちゃう。

分かっちゃいるけどやめられない美容のタブー「角栓」

分かっちゃいるけどやめられない美容のタブー「角栓」

角栓とは、毛穴に詰まった皮脂や角質のこと。
小鼻や口の周りに角質が飛び出していると、ついつい爪で引っ掻いたりピンセットで抜いたりしたくなっちゃいますよね。

ですが、もちろんこれは絶対NG。

爪やピンセットで肌を傷つけたり、角栓を抜いた毛穴にばい菌が入って炎症を起こしたり、毛穴が開いて黒ずみの原因になったりと悪影響しかありません!

とは分かりながらも、太めの角質がすぽっと抜けたときってなんとも言えない気持ち良さがあって、ついついやっちゃうんですよねぇ…。

メイク落とすの面倒臭い…拭き取りクレンジング使いがち。

分かっちゃいるけどやめられない美容のタブー「拭き取りク...

分かっちゃいるけどやめられない美容のタブー「拭き取りクレンジング」

毎日くたくたになりながら遅い時間に仕事から帰ってきて、
クレンジングを使ってしっかりメイクを落としてそのあとに洗顔して化粧水・乳液・美容液をつけて…
って、
この一連の流れが面倒くさすぎて、ついつい楽チンな拭き取りクレンジングを使ってしまいがちになってしまうこともありますよね。

拭き取りクレンジングはW洗顔不要だったり、中には後のスキンケアもしなくてOK!
なんて謳っているものも少なくないのでついついその便利さに頼ってしまいがちですが…

拭き取りクレンジングは、拭き取る際の摩擦が肌へのダメージとなったり、メイクを落とす代わりに肌に良いとされていない成分が入っているものが多いので、
どうしてもメイクを落とす気力が残っていない…という時意外はきちんとオイルやミルク・クリームのクレンジングを使ってW洗顔するのが吉です。

毛先を見るとちくちく枝毛が…裂いちゃう。

分かっちゃいるけどやめられない美容のタブー「枝毛」

分かっちゃいるけどやめられない美容のタブー「枝毛」

毎日ちゃんとヘアケアをしていても、コテやヘアアイロンを毎日使っているとどうしてもなってしまう枝毛。

そんな枝毛、見つけるとついつい裂いてしまうんですよね…。
枝毛を裂き出すと楽しくなって、枝毛探しに夢中になってしまうこともしばしば。(私だけでしょうか。)

ですが、わかりきったことですが枝毛を裂くとその髪の毛は更に細くなり傷む一方なんです!

そもそも枝毛は、髪の毛のキューティクルがダメージを受けて剝がれ落ち、髪の毛のたんぱく質や水分が流れ出している状態。
これを更に裂いてしまうと、枝分かれしている部分よりも上の健康な髪の毛の部分も枝毛と同じ状態になってしまいます。

枝毛を見つけた時は、裂きたい気持ちをぐっと我慢して眉毛用のはさみなどでカットしましょう…。

だめなのはわかってるんだけど…

だめだとは分かりながらもやってしまいがちなタブー。

この我慢が美につながると思って、ぐっと一度こらえ…
られれば苦労しないんですよねぇ…。
2018年11月8日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

美人の秘訣は「メイク前後のアレコレ」♡日頃のケアに加えたい“ひと手間”とは?

メイクもファッションも気合いを入れて頑張っているけど、なかなか代わり映えしないというあなた。「これ以上何を頑張ったら良いんだろう」と悩んではいませんか?今回はそんなあなた提案したい「メイク前後のアレコレ」をご紹介。美人への道のりはちょっとした“ひと手間”にあったんです!

その衝動買いちょっと待った!“可愛さ”だけで選んでない?コスメ選びの失敗あるある

SNSでたくさん「いいね」がもらえるフォトジェニックなコスメたち。可愛い見た目に一目惚れして、思わず衝動買いしてしまったという経験はありませんか?しかし、いざ使用してみると「思っていたのと違う」。今回はそんな「コスメ選びの失敗あるある」をピックアップ。

『秋バテ』って知ってる?過ごしやすい時期こそしっかりとした美容ケアを◎

『秋バテ』という言葉をご存知ですか?夏が過ぎてやっと過ごしやすくなってきた今『秋バテ』に要注意です!またこの時期はお肌の調子も下降気味に、、、。そんなあなたにぜひチェックして欲しい◎『秋バテ』対策とこの時期の美容法をご紹介致します♡

何を贈るのが正解?プレゼントにもらって嬉しいコスメともらって困っちゃうコスメ

女の子に贈るプレゼントの定番、化粧品。男性から女性に贈るプレゼントはもちろん、女性同士のプレゼントにもコスメは定番。普段自分では少し手を出しにくいデパートコスメや、パッケージが可愛いコスメはまさにプレゼントとしてぴったり!ですが、いくらプレゼントは気持ちと言えど、もらって困るものもあるんです…。

「あぁ、歳とったんだなぁ…」アラサー、アラフォー世代がおばさんになったと感じる瞬間

自分が10代の頃、20代・30代の自分ってもっと綺麗で外見も内面もスマートな大人になっているイメージだったけど、いざ自分がなってみると「あれ?こんなはずじゃ…」中身はまだまだ年齢に追いついていなくても、外見や身体の至る所に悲しいかな、年齢は付きまとうものなのです…。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム