美容は情報戦!お金をかけずに綺麗になる!節約プチプラ美容術

日々新しいコスメや美容アイテムが発売されているけれど、使える美容代には限りがあるもの…節約しながら毎日続けていける美容術やプチプラ活用方法をご紹介します。

月々の美容代って?!

どんどん発売される新作コスメや美容アイテム。
みんなどれだけ美容代をかけているの?!

年代や肌悩み、コスメへの関心度によって美容代は変わってくるものですが、以前のFORTUNEアンケート結果では1〜3万円以下、5000円以下に抑えているという方も!
あれもこれも欲しいものが出てくるのに、みんな素敵なコスメを持っているのに、どうやって美容代を抑えているのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

日々の美容代、抑えるところを抑えれば、本当に欲しいコスメや美容アイテムに費用を回すことができるんです!

100均活用は基本!

 (730861)

一昔前は質など大丈夫かな?と思ってしまっていた100均コスメ。
今や各SNSで話題になるほど使えるアイテムとなりました。

パックなどのスキンケアアイテム、洗顔の泡立てや、ヘアケアアイテムにネイルまで、幅広く揃えることができます。
メイクブラシもふわふわで毛質の良いものが出ています。

スキンケアなどの消耗品はプチプラで安く抑えて、100均の美容ツールで磨きをかける。
そんな美容方法は節約術の基本です。

チークや口紅のカラーを足したいけれど、高いコスメで失敗したくない。
そんな時に100均でまず試してみるというのもあり。

安いものはなんとなく抵抗あるから、、と躊躇していた方も、今の品質でぜひお試しを。

プチプラコスメは一番の味方

 (730862)

安くてデパコスに匹敵するくらい、質の良いアイテムが増えているプチプラコスメ。
大体のアイテムが千円以内、数百円、ものによってはワンコイン以下で手に入ってしまう昨今。

ドラッグストアやバラエティショップでこれだけ良いコスメが一式揃うのかと思ってしまうほど。
口コミ上位にランキング入りしているプチプラコスメはやっぱり優秀なんです。
 (730863)

特にチークやリップ、アイシャドウなどの色物コスメは毎日使える定番カラーも、トレンドカラーも抑えたコスメがたくさん発売されています。
ハイライトやパウダーも、プチプラでデパコスと変わらないほどの容量のものがあるのでフル活用していきたいところ。

スキンケアはシンプル処方で

 (730864)

スキンケアは値段よりも、丁寧なケアを毎日続けることが大切。

コスパよく選ぶなら、シンプルな処方のものを選ぶのがコツ。
高価で高機能なスキンケアは何が合わなかったのか?分かりづらいこともあるので、シンプルなものから自分に合ったものを探す方が楽です。

自分には必要のない成分までたくさん入っている高価なスキンケアアイテムを使わなくても、
シンプルなスキンケアアイテムでこまめに保湿をしたり、肌の調子を見ながら水分や油分を足したり引いたり、じっくり手をかければOK。


肌トラブルが起きている時ほど、シンプルな処方のものがお肌に優しかったりします。
欲しい成分だけを取り入れたいなら手作りコスメもおすすめですが、こだわり過ぎると沼にはまり、逆に高くつくなんてことも…

イベントやデートに合わせて肌に喝を入れたい!という時は贅沢なアイテムを使ってみるのも手。
そんなここぞ!という時のために、普段使いのスキンケアは費用を抑えて、時々スペシャルアイテムを投入するのがおすすめです。

美容は情報戦

 (730860)

これだけたくさんのコスメや美容アイテムがあると、情報に溺れてしまい、何が良いのか見失いそうになりますが、
今や安くて優秀なアイテムもたくさん発売されています。

しっかり情報収集して、コスパよく、自分に必要なものを的確に選んでいきましょう!
2018年6月29日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

実録!顔修正アプリの恐怖…!本当の自分が受け入れられない修正アプリ依存女子の実態

画像加工アプリの爆発的な流行により、当たり前のようになった修正。芸能人の体型修正なんかも度々話題にあがりますよね。誰でも気軽にアプリで修正ができるようになり、現実から目を背ける修正アプリ依存女子が増えているんだとか。。

「眉毛が二本!?」「涙袋こわっ!!」思わず二度見する、やりすぎ流行メイク女子

最近は一般人でも化粧が上手な人が増えましたよね。モノマネメイクや、整形メイクなど今や整形いらずで可愛くなれる時代。そんなメイクも、やりすぎるとかえって悲惨なことに…。思わず二度見してしまう、やりすぎメイク女子たまに見かけませんか?

避けて通れない!初めてのお泊まりや同棲を始めるカップルの「スッピンどうする問題」

スッピンに自信ありますか?彼氏が出来た時、どうしても避けては通れない「初めてスッピンを見せるときどうしよう」問題。どうしてもスッピンを見せるのに抵抗がある乙女心をなんとかすべく、スッピン問題の対処法をご紹介します。

女の敵は女!?現役美容部員は見た。デパートの化粧品売り場で印象に残った珍客景

デパートの化粧品売り場で働く美容部員さん。一見華やかなお仕事に見えますが、女の敵は女!?そこはもちろん接客業なので、癖の強い色んなお客様に出会うんだそう。現役BAとして働く友人に聞いてみました。

究極の選択。残された5分でメイクするならどこ!?

やばい、寝坊した。最低限のメイクしか出来ない、そんな時あなたならどこのメイクをしますか?眉毛を描く?アイプチをする?1番多かった意見は意外(!?)なパーツでした。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム