《荷物が多い女はモテない。》パンパンのポーチはマイナスイメージ!ポーチ軽量化テクニックを伝授します!

メイク崩れを防ぐために、こまめな化粧直しは欠かせませんよね。でもあれも使うかもこれも使うかも...そう考えすぎてポーチがパンパンになっていることはありませんか!?持ち歩くコスメは最小限で十分。ポーチ軽量化テクニックをお教えします!

荷物が多い女性はモテない

美しいメイクをキープするため、メイク直しは必要不可欠。
特にこれからの暑い夏は汗をかきやすく皮脂も出やすく、特にメイク直しが必要です。
そんなとき、あれも使うもこれも使うかも...そう思ってたくさんのコスメを持ち歩いていると、荷物が増えますし、パンパンのポーチは美しくない!
実は「荷物が多い女性はモテない」との噂もあるんです。
確かにモテる子はみんな小ぶりのすっきりとしたバッグを持っているような...。
今回は、ついポーチがパンパンになったり、複数になったりして大荷物になってしまう人必見!
ポーチを軽量化するテクニックをご紹介します。

ポーチ軽量化テクニック!

必要なコスメを見極める

 (707752)

いつも使っているコスメが入っているポーチをまるまる持ち歩いていませんか?
その中には、お直しには使わないコスメも入ってるはず!
それが荷物が増える原因ですよ!
お直しに使うコスメだけを持ち歩けば、一気に量が減ります♪

一般的にお直しコスメとしては、
・フェイスパウダー
・リップ
・アイシャドウ
・アイブロウペンシル
・アイライナー
・チーク
・綿棒
が王道!それぞれ1種類ずつで十分です。

自分の普段のメイク直しを思い返して、使っているコスメだけを持ち歩くようにましょう。

多機能コスメを使う

 (707753)

多機能コスメとは、1つで何役もこなしてくれるコスメのこと。
チークとリップ、チークとハイライトなど、複数の部分に使えるコスメが最近は多く発売されています。多機能コスメを1つ持ち歩けば、最低限必要なコスメを1つ減らすことができて、さらに軽量化がはかれますよ!

ポーチの素材を見直す

 (707754)

ポーチの素材も軽量化に大きな関わりが!
革製のポーチはしっかりしていますが、その分重さもあって形も変わりにくいので、バッグの中でかなり場所を取ってしまいます。
そんなときは思い切って布製のポーチや巾着に変えるのがおすすめ♪
ほとんどコスメの場所のみでバッグの中に入れることができるので、軽量化につながりますよ!

荷物最小限でモテる女性に♡

 (708144)

大荷物の女性は、「整理整頓ができなさそう」「優柔不断そう」など、マイナスイメージが強いもの。
反対に小さめのバッグを持ち歩いている女性は、「女性らしい」「おしゃれ」といったイメージがあるようです。
小さめのバッグを持つには、コスメも最小限!ポーチも軽量化!
持ち歩くコスメを減らして、モテる女性になりましょう♡
2018年5月18日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

目立ってなんぼ!?ハロウィンに気合を入れすぎた女子達の悲惨な事件簿

今や一大イベントとなったハロウィン。仮装をしたり、ゾンビに追いかけられたりと本来の目的とはかけ離れた(!?)イベントと化していますが、大人が堂々と楽しめる日も年に1度くらいあっても良いですよね♡しかしそんなハロウィンに気合を入れすぎてやらかしてしまった失敗談もあるようで…。

お願い、イライラしないで!(涙)女子達がわかってほしい「用意に時間かかりすぎ」問題

男性からすると、どうしてこんなに用意に時間がかかるのか理解ができないかもしれない。でも、理解してほしい。 「ごめん、あと10分待って…!」女には、男性には見えないところで、こんなにも面倒臭いことをしないといけなかったり、努力しているところがあったりするんです…!

自己満足?自分への投資?「プチプラVSデパコス」マウントを取り合う女の仁義なき戦い

化粧品にいくらまでかけられますか?新しいコスメブランドもどんどん増えていく中、コスメ好きの中でも、 外資系のブランドが立ち並ぶデパートのコスメカウンターで美容部員さんと対面しながら購入する、ハイプライスな「デパートコスメ」を選ぶ人と、ドラッグストアなどで気軽に買える比較的ロープライスな、所謂「プチプラコスメ」を選ぶ人の住み分けが進んでいるみたいです。

実録!顔修正アプリの恐怖…!本当の自分が受け入れられない修正アプリ依存女子の実態

画像加工アプリの爆発的な流行により、当たり前のようになった修正。芸能人の体型修正なんかも度々話題にあがりますよね。誰でも気軽にアプリで修正ができるようになり、現実から目を背ける修正アプリ依存女子が増えているんだとか。。

「眉毛が二本!?」「涙袋こわっ!!」思わず二度見する、やりすぎ流行メイク女子

最近は一般人でも化粧が上手な人が増えましたよね。モノマネメイクや、整形メイクなど今や整形いらずで可愛くなれる時代。そんなメイクも、やりすぎるとかえって悲惨なことに…。思わず二度見してしまう、やりすぎメイク女子たまに見かけませんか?

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム