「平成最後の夏」、なにする?

今まで何もしてこなかった夏も、”平成最後” なら何かできるはず。(地味に新元号めっちゃ楽しみ)

平成最後の夏がやってきた

あっという間に2018年7月。上半期早すぎワロタ。「平成最後の夏」がやってきました。

SNSでもさんざん言われている「平成最後の夏」ですが、なんかそわそわしません?めっちゃする。

夏が好きな人も夏が嫌いな人も、”平成最後”と言われると、なにか感慨深いものがあるんじゃないかなぁと思います。人が変わって時代が変わって世界が変わって、色んなことが進化して変化を遂げてきた平成ですから。

夏は暑くて引きこもりたいし、イベントいっぱいで楽しいし、アイス食べすぎてお腹壊すし、住民税も搾り取られた、でも平成最後の夏、なにかやっておきたい。なんて方も多いはず!

2018年の夏の思い出、なにする?

 (731752)

「平成最後の恋」・・めっちゃ小説みたい。超アオハルすぎてむず痒い。これってめちゃくちゃ羨ましい。中高生の方々、誰でもいいから誰かに恋をしておいてほしいんです。(誰でもよくはない)

好きな人と送る学生生活、ひとつひとつに”平成最後”が付いてくるのやばい。お祭り行って花火見たり、パピコ半分こして食べちゃったり、海に行ったり、旅行もしちゃったり・・え、ただでさえ青春な時期に!?しかも平成最後の夏に!?そんなことできちゃうんですか!?泣くわ

最近彼氏と別れた、失恋したなんて人も大丈夫。「平成最後のクソ」って言えるから

美意識向上

 (731753)

髪型や服の系統を変えたり、メイクを変えたりとか、使ったことのないカラーで顔を彩ってみちゃったり。外出も多くなりわくわくが止まらない夏は、もっと可愛くなれるチャンス。

時代が変わることをきっかけに、新しい自分を見つけるための一歩を踏み出すのはおすすめ!史上最高の自分で平成の幕を閉じ、新章が始まるのって素敵。

ただ、平成最後の夏にいっちょダイエット!時代が生まれ変わるとともに、わたしだって生まれ変わるんだから!なんて人はたぶん無理。以前からやろうと思ってそのままにしていたダイエットって、平成最後だろうと実行できない率99999%。ご飯美味しいもんね。

新しい趣味

 (731754)

あらゆるものが溢れ返り、やりたいことは(金があれば)なんでもできるようになった平成!偉人リスペクト!今まで興味のなかったことに目を向けてみると、意外と夢中になったりしちゃいそう。

今なら平成最後のワールドカップがやってるし、それをきっかけにサッカーを始めてみたり、絵や音楽、釣り、夏フェス参戦も山登りも、やってみればいいかも。

あと社畜こそ社畜として平成を終わらせちゃいけないと思う。休暇とれ休暇。次の時代になった途端、急に誰かが「夏休み廃止」「お盆廃止」「年末年始休暇も廃止」なんて言い出しかねないから。

次の時代になったらプレミアムマンスとか作ってくれればいいですよね。ブラックもホワイトも休暇は強制取得、国から5万くらい配布されて経済を回す1カ月間。まぁ誰か、そんな感じでよろしく。期待してる、な。

そんなことより新元号たのしみ

感慨深い「平成最後」。こんなに早く改元を迎えるとは思いませんでしたし、次の元号気になりすぎる。

そして思いっきり楽しみたい夏。平成最後の春がさりげなく終わり、平成最後の秋冬もやってきます。今のうちに思い出のきっかけを作って、平成最後を充実させるべし!
2018年7月3日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

男性諸君。女子が喜ぶと思ってやっているその行動、今すぐ止めてください!

女性が好きなものに代表されるものの一つ、少女漫画や恋愛ドラマ。胸がきゅんっとするシチュエーションや言動は、女性なら皆一度は憧れを持ってしまうものです。で、す、が!男性諸君。インターネット上でよく見る「ただしイケメンに限る」の言葉の通り、イヤイヤあなたじゃお断りですってことや、そもそも好きな人にされるのも嫌なんじゃー!ってこともあるんです。

そのコスメ本当に大丈夫?意外と知らない『コスメの使用期限』をチェック!!貴方のポーチ、雑菌だらけかも…

メイクをするとき、カラーやテクスチャーにこだわっている方は多いと思います。でも、そのコスメが清潔かどうか意識している方はどれくらいいるでしょうか?実はコスメには使用期限があり、古いコスメは雑菌の温床になっている可能性が…そのまま使い続けたら大変!こちらの記事では、意外と知らないコスメの使用期限について詳しくご紹介していきます。

実録!映えのためなら子供だって利用してしまうインスタ命な女子の闇とは…。

インスタ映えという言葉が当たり前のように浸透した昨今!飲食店がインスタ映えを狙ったメニューを出していたり、観光地がインスタ映えスポットを作ったり、インスタグラマーという職業もすっかり根付いたくらいに、Instagramによる経済効果は計り知れません…。「いいね」がたくさんつくともちろん嬉しいものですが、そんなInstagramに取り憑かれてしまったばかりに、度を超えたインスタ映えを狙う女子の闇が…。実際にいたインスタ命女子をご紹介します。

どこまでOK?電車内でのメイク!OK派とNG派それぞれの主張とは!?

あなたは電車に乗っているときに、電車の中でメイクをしている女性を見かけたことありますか?ささっとメイク直し程度にチークやリップを塗るくらいのメイクから、最初はすっぴんだったのが電車を降りる頃にはフルメイクが完成しているレベルのメイクまで、電車の中でメイクをする人の差はあるものの電車内でのメイクというものは以前から賛否両論の意見がある問題です…。

私が良ければそれでヨシ♡!?周りはドン引きしている自分勝手女子力。

オッサン化する女子が急増しているのとは反対に、女子力を上げようと日々努力を積み重ねて生きている女性も増加しているのも事実!ネイルをキレイにしたり、香りに気をつかったり、髪の毛をキレイにしたり、スキンケアやリップケアに、スタイルキープに…女性とは本当に色々と大変なのです。しかし、その努力!実は周囲は非常に迷惑に感じているかもしれませんよ…自分勝手な女子力アピール、あなたはついついやってしまっていませんか??

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム