何を贈るのが正解?プレゼントにもらって嬉しいコスメともらって困っちゃうコスメ

女の子に贈るプレゼントの定番、化粧品。男性から女性に贈るプレゼントはもちろん、女性同士のプレゼントにもコスメは定番。普段自分では少し手を出しにくいデパートコスメや、パッケージが可愛いコスメはまさにプレゼントとしてぴったり!ですが、いくらプレゼントは気持ちと言えど、もらって困るものもあるんです…。

絶対NG!はファンデーション

 (793329)

他人からすればわからないほんの違いでも、少しの色の違いや、ツヤ感・マット感・カバー力など
ファンデーションは人によってこだわりがあったりするもの。

また、パウダー派・リキッド派・クッション派・BBクリーム派などファンデーションの形状も好みは全然違います。
直接肌にのせるファンデーションは、肌に合わないと肌トラブルにも繋がり兼ねません!

ファンデーションは、贈る相手の好みをよっぽど熟知していない限りプレゼントとして贈るのは避けたほうが良さそうです…。

肌に合わないスキンケア用品全般

スキンケア用品は、いくら高級なものであっても、いくらネットやSNSで高評価であっても、その人の肌に合わないと意味がありません!

スキンケア用品ばかりは合わないとどうすることも出来ないので、万が一肌にあえばラッキーですが合わないと使いどころに困ってしまうかも…。

使いどころのわからないド派手なアイシャドウ

 (793330)

よほどメイクが上手な人でない限り、がっつり色付きのアイシャドウを使うのは難易度が高め。
せっかくもらっても使わずに引き出しの奥底へ…なんてこともありがちな話です。

外資系ブランドのものは特に高発色なものが多いので、下手すると昔のバブリーメイクになりかねません!

アイシャドウを贈る場合は、無難な色を選んで贈るのがベストです。

匂いのキツイもの

匂いは好き嫌いがはっきりわかれがち!

化粧品類は独特の香りつきのものがあったりするのでコスメに限らず、香水やボディクリームなども匂いのキツすぎるものは避けたほうが良さそう。

逆にもらって嬉しいコスメは?!

プレゼントコスメはやっぱり定番!リップ

リップは自分で買うと、どうしても無難な色や自分の見慣れた色を買ってしまいがち。

プレゼントでもらえると、こんな色自分では試したことなかったけど意外と似合うかも!?と、思いがけない発見ができたりすることも!

リップは毎日使うものですから、普段自分では買わないような高級ブランドのリップは使うたびにテンションも上がります♡
また、ブランドによってはイニシャルや好きな文字や数字を刻印してもらえるサービスもあるのでプレゼントにはぴったりです。

とにかく見た目が可愛いコスメ♡

 (793331)

パッケージが可愛いコスメは見ているだけで嬉しくなってしまうものです♡

いくら使い勝手が悪かったり、少し好みじゃないなぁって相手が感じてしまっても、飾っているだけでうっとりしちゃうようなコスメは、まさにプレゼント向きですね。


プレゼントに困ったときは是非参考にしてみてください♪
2018年10月31日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

そのリップ、オバ見えしてない?30代がやりがちなNGリップ3連発&プチプラ・デパコスの正解リップ

バッチリ決めたはずのリップメイクが、実はオバ見えしていた…そんな悲しい経験はありませんか?流行っているからと言って、30代女性が20代の感性のままリップを選ぶと危険!こんなリップはオバ見え要注意です。

女性がお金をかけるほど男性からは印象ダウン?!男性が正直嫌いな女性のオシャレとは!?

メイクにネイルにファッションに、ヘアアレンジもショートからロングまで幅があるし、あ〜!女に生まれてよかった!(ブ◯ゾンちえみ口調)そんな女心とは裏腹に、男性が内心よく思っていない女性のオシャレとは一体なんなのでしょうか??

女子は荷物が多いもの…!旅行の荷物をコンパクトにするためのパッキング術

すっかり暑い日が続くようになってきましたね。みなさん冷房はもう解禁しましたか?これから夏に向けて、旅行の計画をたて始めている人も多いのではないでしょうか。なにかと荷物が多くなりがちなあなたに是非実践してほしい軽量術です。

男性が思う「あ、この子性格悪そう…」と感じるポイント5選

男は女の性格を見抜けないものだと言いますが、そんな鈍感な男性でも「あ、この子性格悪そう」と感じるポイントがあるみたい。言葉遣い、メイクやファッション、立ち振る舞い、仕草…。あくまで「悪そう」と感じる印象の話ですが、どうせなら好印象を持たれたいですよね。

巷に流れるモテテクとは都市伝説だった?!モテテクを試した女子の失敗談

巷に溢れるモテるためのテクニック。モテたい!好かれたい!と強く思うばかりに、わざとらしいモテテクがついつい裏目に出てしまうことも…。今思えば恥ずかしいモテテク失敗談とは。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム