何を贈るのが正解?プレゼントにもらって嬉しいコスメともらって困っちゃうコスメ

女の子に贈るプレゼントの定番、化粧品。男性から女性に贈るプレゼントはもちろん、女性同士のプレゼントにもコスメは定番。普段自分では少し手を出しにくいデパートコスメや、パッケージが可愛いコスメはまさにプレゼントとしてぴったり!ですが、いくらプレゼントは気持ちと言えど、もらって困るものもあるんです…。

絶対NG!はファンデーション

 (793329)

他人からすればわからないほんの違いでも、少しの色の違いや、ツヤ感・マット感・カバー力など
ファンデーションは人によってこだわりがあったりするもの。

また、パウダー派・リキッド派・クッション派・BBクリーム派などファンデーションの形状も好みは全然違います。
直接肌にのせるファンデーションは、肌に合わないと肌トラブルにも繋がり兼ねません!

ファンデーションは、贈る相手の好みをよっぽど熟知していない限りプレゼントとして贈るのは避けたほうが良さそうです…。

肌に合わないスキンケア用品全般

スキンケア用品は、いくら高級なものであっても、いくらネットやSNSで高評価であっても、その人の肌に合わないと意味がありません!

スキンケア用品ばかりは合わないとどうすることも出来ないので、万が一肌にあえばラッキーですが合わないと使いどころに困ってしまうかも…。

使いどころのわからないド派手なアイシャドウ

 (793330)

よほどメイクが上手な人でない限り、がっつり色付きのアイシャドウを使うのは難易度が高め。
せっかくもらっても使わずに引き出しの奥底へ…なんてこともありがちな話です。

外資系ブランドのものは特に高発色なものが多いので、下手すると昔のバブリーメイクになりかねません!

アイシャドウを贈る場合は、無難な色を選んで贈るのがベストです。

匂いのキツイもの

匂いは好き嫌いがはっきりわかれがち!

化粧品類は独特の香りつきのものがあったりするのでコスメに限らず、香水やボディクリームなども匂いのキツすぎるものは避けたほうが良さそう。

逆にもらって嬉しいコスメは?!

プレゼントコスメはやっぱり定番!リップ

リップは自分で買うと、どうしても無難な色や自分の見慣れた色を買ってしまいがち。

プレゼントでもらえると、こんな色自分では試したことなかったけど意外と似合うかも!?と、思いがけない発見ができたりすることも!

リップは毎日使うものですから、普段自分では買わないような高級ブランドのリップは使うたびにテンションも上がります♡
また、ブランドによってはイニシャルや好きな文字や数字を刻印してもらえるサービスもあるのでプレゼントにはぴったりです。

とにかく見た目が可愛いコスメ♡

 (793331)

パッケージが可愛いコスメは見ているだけで嬉しくなってしまうものです♡

いくら使い勝手が悪かったり、少し好みじゃないなぁって相手が感じてしまっても、飾っているだけでうっとりしちゃうようなコスメは、まさにプレゼント向きですね。


プレゼントに困ったときは是非参考にしてみてください♪
2018年10月31日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

巷に流れるモテテクとは都市伝説だった?!モテテクを試した女子の失敗談

巷に溢れるモテるためのテクニック。モテたい!好かれたい!と強く思うばかりに、わざとらしいモテテクがついつい裏目に出てしまうことも…。今思えば恥ずかしいモテテク失敗談とは。

実録!男性が思う「女子の家にあった嫌なもの」とは!?

女性はムダ毛なんてないもの、女性は良い匂いがするもの、女性は料理が上手なもの、女性の部屋は綺麗なもの、女性のウエストは58cm……など男性は女性に対して勝手な幻想を抱いているものですが、男性が女性の家にいったときに「これはないな」と感じたあるものとは。

GW 連休中の《美肌キープアイテム》とは?屋外の紫外線・乾燥ケアはオルフェスの「フェイスマスク」で乗り切れる!

もうすぐゴールデンウィーク!本格的なレジャーシーズンの幕開けとなり、イベントや旅行の予定をたくさん立てている方も多いのではないでしょうか。でも屋外で過ごすことも多くなり、いつもと違う環境ではお肌へのダメージも倍増!今回はそんな時に使いたい救世主アイテム【オルフェス】のフェイスマスク2種をご紹介します。

残念眉は卒業!実際に使って良かった『眉ナシ子さん』向けオススメの眉コスメ♡

自眉毛の少ない『眉ナシ子』さんならではの眉メイクのお悩みと、それを解消する優秀な眉コスメを、自他共に認める『眉ナシ子さん』な筆者がご紹介。目指せ!眉美人♡

美容系ユーチューバーにありがちなことをアラサーの一般人の筆者がツッコんでみた

今や「小学生がなりたい職業ランキング」の上位にもランクインするほど、職業として認知されてきているユーチューバー。普段あまりYouTubeを見ないアラサー筆者が、美容系YouTubeをいくつか見て感じた美容系ユーチューバーあるあるを書き連ねてみました。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム