何を贈るのが正解?プレゼントにもらって嬉しいコスメともらって困っちゃうコスメ

女の子に贈るプレゼントの定番、化粧品。男性から女性に贈るプレゼントはもちろん、女性同士のプレゼントにもコスメは定番。普段自分では少し手を出しにくいデパートコスメや、パッケージが可愛いコスメはまさにプレゼントとしてぴったり!ですが、いくらプレゼントは気持ちと言えど、もらって困るものもあるんです…。

絶対NG!はファンデーション

 (793329)

他人からすればわからないほんの違いでも、少しの色の違いや、ツヤ感・マット感・カバー力など
ファンデーションは人によってこだわりがあったりするもの。

また、パウダー派・リキッド派・クッション派・BBクリーム派などファンデーションの形状も好みは全然違います。
直接肌にのせるファンデーションは、肌に合わないと肌トラブルにも繋がり兼ねません!

ファンデーションは、贈る相手の好みをよっぽど熟知していない限りプレゼントとして贈るのは避けたほうが良さそうです…。

肌に合わないスキンケア用品全般

スキンケア用品は、いくら高級なものであっても、いくらネットやSNSで高評価であっても、その人の肌に合わないと意味がありません!

スキンケア用品ばかりは合わないとどうすることも出来ないので、万が一肌にあえばラッキーですが合わないと使いどころに困ってしまうかも…。

使いどころのわからないド派手なアイシャドウ

 (793330)

よほどメイクが上手な人でない限り、がっつり色付きのアイシャドウを使うのは難易度が高め。
せっかくもらっても使わずに引き出しの奥底へ…なんてこともありがちな話です。

外資系ブランドのものは特に高発色なものが多いので、下手すると昔のバブリーメイクになりかねません!

アイシャドウを贈る場合は、無難な色を選んで贈るのがベストです。

匂いのキツイもの

匂いは好き嫌いがはっきりわかれがち!

化粧品類は独特の香りつきのものがあったりするのでコスメに限らず、香水やボディクリームなども匂いのキツすぎるものは避けたほうが良さそう。

逆にもらって嬉しいコスメは?!

プレゼントコスメはやっぱり定番!リップ

リップは自分で買うと、どうしても無難な色や自分の見慣れた色を買ってしまいがち。

プレゼントでもらえると、こんな色自分では試したことなかったけど意外と似合うかも!?と、思いがけない発見ができたりすることも!

リップは毎日使うものですから、普段自分では買わないような高級ブランドのリップは使うたびにテンションも上がります♡
また、ブランドによってはイニシャルや好きな文字や数字を刻印してもらえるサービスもあるのでプレゼントにはぴったりです。

とにかく見た目が可愛いコスメ♡

 (793331)

パッケージが可愛いコスメは見ているだけで嬉しくなってしまうものです♡

いくら使い勝手が悪かったり、少し好みじゃないなぁって相手が感じてしまっても、飾っているだけでうっとりしちゃうようなコスメは、まさにプレゼント向きですね。


プレゼントに困ったときは是非参考にしてみてください♪
2018年10月31日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

どうしてこうなった…?こんなはずじゃなかったメイク・コスメの理想と現実あるある

女性の皆さん、新しい化粧品を買うときってなんだかウキウキしませんか?新しいコスメを買うと、いつもはめちゃくちゃ面倒な朝のメイクの時間も不思議と楽しくなるものですよね。ですが、きっと誰もが感じたことがあるであろう、メイク&コスメに関する理想と現実あるあるをまとめてみました。

男性諸君。女子が喜ぶと思ってやっているその行動、今すぐ止めてください!

女性が好きなものに代表されるものの一つ、少女漫画や恋愛ドラマ。胸がきゅんっとするシチュエーションや言動は、女性なら皆一度は憧れを持ってしまうものです。で、す、が!男性諸君。インターネット上でよく見る「ただしイケメンに限る」の言葉の通り、イヤイヤあなたじゃお断りですってことや、そもそも好きな人にされるのも嫌なんじゃー!ってこともあるんです。

そのコスメ本当に大丈夫?意外と知らない『コスメの使用期限』をチェック!!貴方のポーチ、雑菌だらけかも…

メイクをするとき、カラーやテクスチャーにこだわっている方は多いと思います。でも、そのコスメが清潔かどうか意識している方はどれくらいいるでしょうか?実はコスメには使用期限があり、古いコスメは雑菌の温床になっている可能性が…そのまま使い続けたら大変!こちらの記事では、意外と知らないコスメの使用期限について詳しくご紹介していきます。

実録!映えのためなら子供だって利用してしまうインスタ命な女子の闇とは…。

インスタ映えという言葉が当たり前のように浸透した昨今!飲食店がインスタ映えを狙ったメニューを出していたり、観光地がインスタ映えスポットを作ったり、インスタグラマーという職業もすっかり根付いたくらいに、Instagramによる経済効果は計り知れません…。「いいね」がたくさんつくともちろん嬉しいものですが、そんなInstagramに取り憑かれてしまったばかりに、度を超えたインスタ映えを狙う女子の闇が…。実際にいたインスタ命女子をご紹介します。

どこまでOK?電車内でのメイク!OK派とNG派それぞれの主張とは!?

あなたは電車に乗っているときに、電車の中でメイクをしている女性を見かけたことありますか?ささっとメイク直し程度にチークやリップを塗るくらいのメイクから、最初はすっぴんだったのが電車を降りる頃にはフルメイクが完成しているレベルのメイクまで、電車の中でメイクをする人の差はあるものの電車内でのメイクというものは以前から賛否両論の意見がある問題です…。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム