定番コスメでいつも同じ顔…マンネリになりがちな毎日のメイクあるある

お気に入りの定番コスメでメイクするのは良いけれど、気づけば毎日同じメイク?!変えたい気もするけれど一新するのも難しい…マンネリになりがちな毎日のメイクあるあるをご紹介します。

定番ばかりでマンネリメイク

 (672635)

メイクしていると必ず出てくるお気に入りのコスメや定番コスメ。
誰しも鉄板!といえるほどリピートしている愛用品を1つはお持ちなのではないでしょうか。

限られる手持ちのコスメや、自分に似合うコスメでメイクしていると、どうしても似たような組み合わせでメイクがマンネリになりがち。
質感や色味を少し変えたり、変化をつけたいと思って新作コスメを買っても、結局いつもの定番に戻ってる?!

手持ちにプラスしてちょっとでも変化をつけたい、青グロスや紫グロス、黄グロスに黒グロスなど、異色コスメが流行ったのもそんなみんなの思いや経緯があってのこと。

何年もメイクをしてきた大人女子の方々の中には、今さら買い足さなくても、大体の欲しい色は持ってるよ!という方も多いのではないでしょうか。

メイク歴の長い人ほど、つい陥りがちなマンネリメイクあるあるをご紹介します。

無難なブラウン、ベージュシャドウ

定番中の定番のブラウンや、ベージュのアイシャドウ。

オフィスや学校でも浮かない無難な色だし、まず間違いないブラウンや、ベージュのアイシャドウ。
人気のアイシャドウの色展開には大抵ありますし、口コミ上位を見れば簡単に人気色が分かるので、選びやすいのもこの系統のカラーです。

ツヤやラメ感のある単色はそれだけでキマったり、決まった手順で使えば簡単にグラデーションができるブラウン・ベージュ系のパレットも本当に便利です。
気づけばすっかり自分の定番アイメイクに…
これさえつけていればアイメイクはバッチリ。
なんて、そのメイク、いつからしていますか?!

がっつり多層グラデーションが流行ったのも今は昔、いつの間にか世の中のメイクパターンは変化していたりします。
色物コスメはなかなか減らないので、気づけば長年愛用してきたアイシャドウがとっくの昔に廃盤色になっていることも…!
そんないつの間に?!これいつから売ってないの?!と驚くこともあります。


一番活用するメイクボックスやポーチに入っているから、眠い朝はほぼオートのような動きで毎日決まったアイシャドウを使っていた…なんてこともありませんか?

定番だから、無難だから、それだけで毎日同じ目元で機械的にアイメイク…
何だか朝のメイクが面倒になってくるのも、マンネリ化しているからかも。


ブラウン・ベージュ系からあまり冒険できないという人は、オレンジカラーを使ってみたり、
春は肌馴染みの良いピンク色も豊作なので、時には違う色味も取り入れてみると、
毎日のメイクが少し楽しくなりますよ。

毎日同じリップカラー

色物コスメの中でも手に取りやすく、新作コスメや新色を取り入れやすいのがリップカラー。
プチプラでもデパコスでも新作が毎月たくさん発売されますよね。

だけど似合う似合わないが一番はっきりしているのもリップカラー。
ぱっと見て可愛い!と飛びついて買ったラメ感の強いリップや高発色のリップ、
見た目の色はとっても可愛いのに、実際に塗るとどこか派手だったり、実際に塗るのはしっかりメイクの時でないと気合いがいる…
なんて、いつの間にか放置していることありませんか?

手持ちでも塗り心地がよくないと、手が伸びにくかったり、
荒れないし色も合うものが1本あれば、つい同じリップばかり手に取りがちなことも。。

新しいリップをたくさん買っていても、結局発色は同じような色ばかり持っていたり…
今回の色味はいつもと違うんだよ!と本人は思っていても、
周りから見ればいつも同じ色のリップカラーなんてことも。

新作や新色など多彩過ぎて選ぶのも一苦労ですが、今は自分に合うカラーを見つけやすいようにパーソナルカラー別に解説されていたり、実際の使用感の写真などもたくさん紹介されています。

挑戦しにくいと思っていたカラーも、普段とは違う質感や、シアーな発色のものを選べば想像以上に似合ったり、ガラッと印象が変わることもありますよ!

たまには一味違う色や質感のリップカラーを試してみてはいかがでしょうか?

ファンデを変えるのは難関?!

一番、自分の定番コスメを変えにくいところといえば、やはりベースメイクではないでしょうか…
特に色合わせが最重要なファンデは慎重になってしまうところ。

パウダーファンデにリキッドファンデ、クリームファンデにクッションファンデ、ついにはバーム状のファンデまで?!
色だけでなく、次々と新しい形態のファンデーションが出ていてどれを選べば良いのやら、迷ってしまいますよね。

コスメ業界の中で、技術の進化が目覚ましいのもファンデーション。
崩れにくさや皮脂カット、シミやくすみを飛ばす効果はもちろん、ハリツヤを出したり、保湿感抜群だったり、果ては美容液効果まで。
絶対にこれじゃないとだめ!と思っていても、新しい形態のファンデを試すと、
その塗り心地の進化や使い勝手の良さに、どうして今まで変えてこなかったんだろう??と開眼することも。

絶対にこれじゃないと私の肌には合わない、、結構思い込みで使い続けていることも多いものです。

もちろん何年も売れ続けているロングセラーのファンデは優秀ですが、最新のファンデは質感にこだわっていることも多く、一気に今っぽい肌にしてくれるので、垢抜けやすいアイテムでもあります。
何となく若返ったような肌になれることも!

シーズンごとに新作ファンデを出すブランドも多いので、今使っているものと同じブランドから出ている新作ファンデなら、色展開も同じところが多く、新しいものに挑戦しやすいですよ。

何年もリピート買いしていると新しいものを探すのが億劫になってくるものですが、
最新技術がふんだんに使われたファンデーション。
新しいものに挑戦していかないと損です!

まずは1つ新しい物を取り入れてマンネリ打破を!

メイクアイテムを全て変えるのは難しくても、何か1つでも新しいものを取り入れると、それだけで楽しくなれるのがコスメ。
一気に今っぽい顔になれる最新アイテムが続々発売されています。

ガラっと印象を変えたい訳ではなくても、違う色や質感を取り入れれば、さりげなくイメチェンできるのが良いところ。

まずは1つ、新しいコスメを取り入れてみてください。
マンネリ打破して楽しいメイク生活を!
2018年3月17日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お願い、イライラしないで!(涙)女子達がわかってほしい「用意に時間かかりすぎ」問題

男性からすると、どうしてこんなに用意に時間がかかるのか理解ができないかもしれない。でも、理解してほしい。 「ごめん、あと10分待って…!」女には、男性には見えないところで、こんなにも面倒臭いことをしないといけなかったり、努力しているところがあったりするんです…!

自己満足?自分への投資?「プチプラVSデパコス」マウントを取り合う女の仁義なき戦い

化粧品にいくらまでかけられますか?新しいコスメブランドもどんどん増えていく中、コスメ好きの中でも、 外資系のブランドが立ち並ぶデパートのコスメカウンターで美容部員さんと対面しながら購入する、ハイプライスな「デパートコスメ」を選ぶ人と、ドラッグストアなどで気軽に買える比較的ロープライスな、所謂「プチプラコスメ」を選ぶ人の住み分けが進んでいるみたいです。

実録!顔修正アプリの恐怖…!本当の自分が受け入れられない修正アプリ依存女子の実態

画像加工アプリの爆発的な流行により、当たり前のようになった修正。芸能人の体型修正なんかも度々話題にあがりますよね。誰でも気軽にアプリで修正ができるようになり、現実から目を背ける修正アプリ依存女子が増えているんだとか。。

「眉毛が二本!?」「涙袋こわっ!!」思わず二度見する、やりすぎ流行メイク女子

最近は一般人でも化粧が上手な人が増えましたよね。モノマネメイクや、整形メイクなど今や整形いらずで可愛くなれる時代。そんなメイクも、やりすぎるとかえって悲惨なことに…。思わず二度見してしまう、やりすぎメイク女子たまに見かけませんか?

避けて通れない!初めてのお泊まりや同棲を始めるカップルの「スッピンどうする問題」

スッピンに自信ありますか?彼氏が出来た時、どうしても避けては通れない「初めてスッピンを見せるときどうしよう」問題。どうしてもスッピンを見せるのに抵抗がある乙女心をなんとかすべく、スッピン問題の対処法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム