お願い、イライラしないで!(涙)女子達がわかってほしい「用意に時間かかりすぎ」問題

男性からすると、どうしてこんなに用意に時間がかかるのか理解ができないかもしれない。でも、理解してほしい。 「ごめん、あと10分待って…!」女には、男性には見えないところで、こんなにも面倒臭いことをしないといけなかったり、努力しているところがあったりするんです…!

彼とのデートの日。

いつもより気合が入るそんな日は、メイクも髪の毛も完璧にして行きたいですよね。
余裕を持って早起きしたはずが

「えっ!もうこんな時間!?」

なんてことも女子にはよくある話で…。

朝シャンの時間は男性の3倍はかかる。

男性って、朝にシャワーを浴びたい人って結構多いみたいですね。

女性も一緒で、朝にシャワーを浴びたい派の人って多いのですが、男性と違い女性は髪の毛が長い分、髪の毛を洗うのに時間がかかるのはもちろんのこと、乾かすのにもすごく時間がかかるんです!

エクステをつけていれば更に時間がかかるし、髪の毛を濡らした後はケアもしっかりしないといけない。

男性の3倍はかかるってことを知って頂きたい…!

女にもヒゲは生える。

 (777375)

声を大にして言いたい。

男性のみなさーん!女だってヒゲは生えるんですよーーー!
「毎朝カミソリで口周りと眉毛の間は剃らないと夕方には気まずいレベルになる…」(編集部T)
「そろそろ面倒だし脱毛しようかと迷ってます。」(編集部A)
「人より色白なので口周りのヒゲが目立ちやすくて本当に辛い!」(編集部M)
ヒゲと言っても、口周りの産毛のことですが、人によっては産毛レベルじゃなく濃かったり、生えるスピードが速かったり、色白だと目立ちやすかったり、肌が弱いとカミソリ負けしやすかったり…。

男性が毎日ヒゲ剃るの面倒臭いなぁって感じるのと同じくらい、女子も同じ悩みを抱えてたりするんです…。

スキンケアの種類は無限大。

 (777376)

男性からすると、洗顔・化粧水・乳液だけだと思いがちなスキンケア。
それだけで済むならどれだけ楽なことか…!

女性が洗顔後につけるものは、導入液・美容液・クリーム・オイルなどなどたっくさんあることを男性は知らない!

最近では男性も化粧水などを使う人は増えていますが、女性はその何倍もスキンケアに時間がかかるんです。

化粧の仕上りでその日の気分が左右されると言っても過言じゃない。

他人から見ればいつもと変わらなくても、自分では「今日は盛れた!」とか「今日はあんまり良くない」って日ありますよね。

「メイクのノリが良いとそれだけでその日の機嫌が良くなる」(編集部S)
「眉毛が今日は上手く描けなかったって日は出来る限り人と顔を合わせたくない!」(編集部T)

女性にとってはそれくらいメイクの仕上りはその日1日のコンディションに関わることなんです。
楽しい1日にするためにも、デートの日くらいは完璧にさせてほしい…!

最近の服はややこしいのが多い!

女性の服って、なんかややこしいのが多いんですよね。

編み上げだったり、リボンがついてたり、ファスナーが「これ、自分で上げれる!?」ってくらい手が届きづらい位置にあったり、謎の付属品があったり、よく分かんないところにボタンがついてたり。

なので着替えにも時間がかかるんです!
1度着てみた服が、鏡で見てみると「うーん、やっぱりこれじゃない」なんてことになると着替えるのも一苦労。

男性には見えない女性ならではの苦労。

 (777378)

なんでもっと早く用意できないの?ってイライラする気持ちもわかるけど、
それも全ては可愛いと思ってもらいたいが為なんです!

わかってほしい…!!女性の苦労。
2018年10月2日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

COCODEAL(ココディール)×オルフェスのハロウィン特別パッケージが2018年9月3日(月)より期間限定発売!

10周年を迎え、イメージモデルに吉岡里帆さんを起用し注目が集まるアパレルブランド【COCODEAL(ココディール)】と、肌コンディションに合わせて選べる高浸透フェイスマスクが大人気の『ALFACE+(オルフェス)』の人気NO.1「ピュアブラック」がコラボした、ハロウィン限定パッケージが2018年9月3日〜発売開始!

美人の秘訣は「メイク前後のアレコレ」♡日頃のケアに加えたい“ひと手間”とは?

メイクもファッションも気合いを入れて頑張っているけど、なかなか代わり映えしないというあなた。「これ以上何を頑張ったら良いんだろう」と悩んではいませんか?今回はそんなあなた提案したい「メイク前後のアレコレ」をご紹介。美人への道のりはちょっとした“ひと手間”にあったんです!

目立ってなんぼ!?ハロウィンに気合を入れすぎた女子達の悲惨な事件簿

今や一大イベントとなったハロウィン。仮装をしたり、ゾンビに追いかけられたりと本来の目的とはかけ離れた(!?)イベントと化していますが、大人が堂々と楽しめる日も年に1度くらいあっても良いですよね♡しかしそんなハロウィンに気合を入れすぎてやらかしてしまった失敗談もあるようで…。

自己満足?自分への投資?「プチプラVSデパコス」マウントを取り合う女の仁義なき戦い

化粧品にいくらまでかけられますか?新しいコスメブランドもどんどん増えていく中、コスメ好きの中でも、 外資系のブランドが立ち並ぶデパートのコスメカウンターで美容部員さんと対面しながら購入する、ハイプライスな「デパートコスメ」を選ぶ人と、ドラッグストアなどで気軽に買える比較的ロープライスな、所謂「プチプラコスメ」を選ぶ人の住み分けが進んでいるみたいです。

実録!顔修正アプリの恐怖…!本当の自分が受け入れられない修正アプリ依存女子の実態

画像加工アプリの爆発的な流行により、当たり前のようになった修正。芸能人の体型修正なんかも度々話題にあがりますよね。誰でも気軽にアプリで修正ができるようになり、現実から目を背ける修正アプリ依存女子が増えているんだとか。。

この記事のキーワード

この記事のライター

FORTUNE コラム FORTUNE コラム