美肌美人を目指して♡肌質別にオススメ化粧水を紹介!

人によって肌質は違い自分に合った化粧水を探すのは大変ですよね。今回は肌質別にオススメの化粧水をご紹介します。美肌美人になりましょう!

美肌になりたい!

敏感肌、乾燥肌、混合肌、脂性肌…人によってお肌の悩みが変わります。
自分の肌質に合う化粧水を探すのはとっても大変。
 
今回は、肌質別にオススメの化粧水をご紹介します。

オススメ化粧水

敏感肌・乾燥肌の方に

メイクをしたり、化粧水や乳液を付けるときにヒリヒリして赤くなりませんか?
そんなあなたは敏感肌です。
 
敏感肌は刺激に弱く、少しの刺激でかゆみや赤みがでてしまうのが特徴です。
 
そもそも敏感肌になる原因は乾燥から。
そのためお肌のバリア機能を上げてくれる化粧水がオススメです。
こちらはアルージェのモイスチャーリッチローションになります。
 
さっぱりタイプ・しっとりタイプ・とてもしっとりタイプと三種類に分けられており、自分に合うしっとり具合を選べます。
さっぱりタイプとしっとりタイプはミストになっており、とてもしっとりタイプは振り出しタイプになっております。
 
とにかく肌に優しく、パッチテストやアレルギーテスト、コメドテスト済みです。(※個人差はあります)

混合肌の方に

Tゾーンはテカっているのに頬は乾燥している!なんてことはありませんか?
そんなあなたは混合肌です。
 
混合肌は日本人に最も多い肌質だといわれています。
Tゾーンは特に皮脂が出やすく、洗顔やピーリングで皮脂を取りすぎることで、肌が乾燥し余分な皮脂が出てしまい混合肌に繋がってしまいます。
 
混合肌の方にもとにかく保湿が大事です。
混合肌の方にオススメなのが、こちらのアクアフォースローションです。
 
うるおいマグネットAQが配合されており、角層のスキマに密着してうるおってくれるのです。
 
また、浸透させたうるおいと角層をつなぎとめてくれるので水分量が高いまま持続してくれます。
アレルギーテスト済み(※個人差はあります)

脂性肌の方に

最後に、脂性肌についてです。
皮脂の分泌が多くなっていることが原因で脂性肌になります。
 
ストレスや食生活が特に関わっており、まずは内側から対策することをオススメします。
 
肌がべたべただから皮脂をとろう!と洗顔をしすぎたり、ピーリングしてしまうと、また乾燥から余分な皮脂が分泌されてしまい悪循環になります。
脂性肌の方にオススメなのが、こちらのキュレル皮脂トラブルケア化粧水です。
 
皮脂のべたつきを抑制する成分や潤い成分が配合されおり、ノンオイリー処方になります。
消炎剤配合でニキビを防いでくれるので、肌荒れが気になる方にも特にオススメです。

まとめ

以上、肌質別のオススメ化粧水の紹介でした。気になる化粧水は見つかりましたか?
自分のお肌にあったスキンケアをして、美肌美人になりましょう!
2017年8月14日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

乾燥肌や敏感肌の方にも!おすすめの【美白化粧品】をご紹介♡

乾燥肌や敏感肌の方は美白化粧品で荒れてしまうことも多々あると思います。それでも美白したい!という方に!乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめの美白化粧品をご紹介します♡

敏感肌さんが本当に使っているのはこの日焼け止め!SNSで人気のアイテムをチェック♡【キュレル・ミノン etc】

敏感肌さんにとっては、日焼け止めも負担が大きいものですよね。とは言っても、紫外線のダメージも大きいので日焼け止めを塗らないというわけにもいきません。敏感肌の人はどんな日焼け止めを使っているのでしょうか。SNSで人気のアイテムをチェックしました!

皮膚科医と共同開発MIMURAのナイトマスク とトリートメントローション《NOUMITSU》で潤い肌を完成♡

MIMURAのナイトマスクNOUMITSUは、寝ている間に使用する事で、翌朝肌にハリと潤いをもたらしてくれる人気パック♪また、同シリーズのトリートメントローション NOUMITSUも、皮膚科医と共同開発しているので、どんな肌質の方も安心して使用可能☆そんな、ナイトマスクNOUMITSU&トリートメントローションNOUMITSUの口コミをチェック!

肌トラブルのない美肌に近づこう!おすすめの洗顔石鹸の紹介♡

美肌に近づくためには洗顔が大事なポイントになってきます。普段何気なく使っている洗顔料を見直してみませんか?洗顔方法や洗顔料を変えるだけでお肌の状態は変化します!基本の洗顔方法、おすすめの洗顔石鹸をご紹介します♡

【プチプラ】オイルじゃなくてもキレイに落ちる!クレンジングミルク・ジェルを紹介♡

クレンジングオイルはメイクを簡単にスルンと落とせますが、その分肌に負担がかかってしまいます。今回はプチプラで肌に優しいクレンジングミルク・ジェルをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

水鳥ゆな 水鳥ゆな