ぐっすり寝ると気分もスッキリ♡眠れない夜を作らないために安眠出来るスリーピング法

睡眠不足が続くとストレスになり、イライラしたり、人にも優しく出来なくなったり。毎日ぐっすり寝て、毎日スッキリ起きたい方のために、安眠効果のあるアイテムをピックアップ!眠れない時は試してみて下さいね♡

寒い夜でもぐっすり眠れるアイテム♡

安眠

寝たいのに眠れない。布団に入ってから1時間以上起きている。なんて悩んでいる方はいませんか?ちょっとした方法でぐっすり安眠出来る方法があるのを知っていますか?毎日ぐっすり寝ると、美容にもとっても良いので毎日快適な睡眠時間を作って美しくなっちゃいましょう♡

湯たんぽ

寒いと寝付きが悪くなりますよね。お布団が冷たいとせっかくお風呂で温まった身体も冷えてしまいます。そこで冬は湯たんぽが大活躍!普通の湯たんぽでも寝付くまで充分暖かいですが、蓄熱式湯たんぽなら8時間ずっと暖かい♡寝ている間も足元を温めていてくれるので安眠効果はバッチリです。

アイマスク

目元を温めると眠気が増してくるのですぐに寝付くことが出来ますよ♡
パナソニックの目元エステならホットパックしながら加湿も出来るので、しっとりハリのある目元になれる美容効果もあります。
温度も選べるて、さらにアロマタブレットをつけることが出来るので、好みの温度とアロマの香りに癒されると自然と眠気が来ますよ。

BGM

シーンとして無音な環境は眠れない時、余計に敏感になってしまい、小さな物音が気になって逆に眠れない原因を作る可能性があります。さりげなく聞こえてくるくらいのBGMで余計なことを考えず深い眠りに入れますよ。
好きな音楽もいいですが、オススメはディズニーの睡眠用オルゴールセレクション。優しい音色が身体や頭をリラックスさせてくれます。

寝室の照明

寝る寸前に電気を真っ暗にするのではなく、布団に入る1時間前くらいから間接照明や、オレンジ系の暖色系の光に変えて目の疲れを癒しましょう。
寝る前の携帯チェックは、余計に眠れなくさせるので避けた方がいいですよ。
スポット的に光るライトで眠気を誘い、時間をおいて布団に入ると寝付きやすいです。

最後に

冬の寒さでなかなか寝付けない日が続いたり、考えごとが多すぎて布団に入っても頭が冴えて眠れない。毎日の安眠を確保するためにトライ出来ることから始めてみて下さいね。
最低でも6時間はしっかり寝ることで頭も冴えて、気持ちにも余裕が出来ますよ。
特に女性は24時からの美容タイムに熟睡していると肌も再生して肌荒れ予防にもなるので早めに寝るといい事ばかり♡ゆっくり寝てストレスのない1日を過ごしましょう!
2017年1月24日 公開