お風呂の中で一手間、炭酸を使って美容する、シンプルに綺麗になる!

今では炭酸エステは美容院やエステサロン、様々なところで目にする機会も多いはず。通う時間がない、面倒くさい、料金が高いなど障害は様々ですが、実は自宅でも簡単に出来ちゃうってホント?

夏でも湯船につかって一日の疲れをとることはとても大切、まさかシャワーだけで終わらせていませんか? 美肌成分の入った入浴を使えばボディケアも同時に行えて一石二鳥。入浴剤といえどもその種類はかなり豊富ですが、今回は炭酸をつかった美容法を伝授します。シンプルな一手間だけでオーケー。面倒なことは一切なしで簡単に出来てしまうのが魅力的です。

まるで天然炭酸泉! 角質や汚れを落とします

ビタミンCが塩素を瞬時に取り除き、肌ストレスを軽減。湯船につかるだけで古い角質や毛穴のミネラル汚れを除去してくれて美しい肌に。
ホットアルバム炭酸泉タブレット 
30錠 ¥2,500

カモミールの美肌効果が凝縮

保湿効果が高く、肌荒れや乾燥を静める作用があるカモミール。そんなカモミールの有用成分を最大に引き出したカミツレエキスがそのまま入浴剤になりました! 冷えを改善してくれる効果もあり嬉しい限り。
カミツレ研究所 華密恋薬用入浴剤(医薬部外品)
400ml ¥2,200

自宅で炭酸エステ

手軽なエステができる炭酸の素。これ一本あればフリフリするだけで自宅で簡単にエステが可能に。いつものスキンケア、シャンプーの時に振りかけるだけで炭酸洗顔や炭酸ヘッドスパがなどのエステが手軽にできるのがいい所。値段がチープなのも魅力的。まずは安いものから試してみるのもいいかも知れませんね。フェイス、ヘアー、ボディすべての箇所で使用可能。
洗面器にお湯を入れてフリフリするのもよし、タオルに振りかけてから肌に馴染ませるのもオッケー。
CAパウダー
70g ¥1,026
ジャパンギャルズ

炭酸シャワーで美髪に

髪にスタイリング剤が残ったりしていると、ケア成分の浸透の邪魔になっているのをご存知でしたか? 炭酸を使う事でその汚れを浮かし、素髪にリセットすることが可能。炭酸パワーで汚れを一掃して美髪に! 髪をキレイにするだけではなく、頭皮の血流をよくして髪の毛に栄養を行き渡らせる効果があるところにも注目です。
使い方はとっても簡単、炭酸の錠剤をシャワーヘッドにセットすれば浴びるだけで汚れが激落ちします。
重炭酸イオンシャワー
100錠 ¥9,800 

お手軽に自宅で炭酸エステ♥

いかがでしたでしょうか? 炭酸は思っている以上に様々な効果があるようです。毛穴を綺麗にしてくれたり、血流をよくしてくれたり、普段の生活にちょっと、手を加えるだけで簡単に始められるのがいいですね!
2016年8月21日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【花王のバブ】はやっぱり温活にもってこい♡新作含めオススメアイテムを紹介します♪

花王から発売されている【バブ】。テレビCMでも見かけるので、入浴剤といえばバブをイメージする方も多いのではないでしょうか。そんな有名なバブですが、年々進化していることは、皆さんご存知ですか?今回は新作を含めて花王のバブを紹介していきます。

【自宅でエステ!】高濃度炭酸エステまで可能にする人気美容家電をチェック♡

自宅でエステができれば、お財布にも優しく、細切れの時間を有効活用して、より美しさを追求していくことができます。 時代の先を行く女子に話題の、自宅エステ家電の新作発売情報と従来の人気美容家電についてまとめます♡

『秋バテ』って知ってる?過ごしやすい時期こそしっかりとした美容ケアを◎

『秋バテ』という言葉をご存知ですか?夏が過ぎてやっと過ごしやすくなってきた今『秋バテ』に要注意です!またこの時期はお肌の調子も下降気味に、、、。そんなあなたにぜひチェックして欲しい◎『秋バテ』対策とこの時期の美容法をご紹介致します♡

芯まで温まってつるんとボディに♡【ライフトリム】の《アロマ エプソムソルト》を詳しく紹介!

様々なブランドから色々なバスソルトが出ていますが、今回紹介するのはライフトリムのアロマ エプソムソルト♡シンプルなエプソムソルト、エッセンシャルオイル、ケイ酸カルシウムのみで作られた洗練されたバスソルトなので、ぜひ一緒にチェックしてみて下さい♡

【VECUA Honey(ベキュアハニー)】≪とろとろふんわりクリームバス≫で化粧水入浴!?じっくり体を温めてつるつるすべすべお肌♡

お風呂に入るとき、毎日違う入浴剤を使ってバスタイムを楽しんでいるという人も多いのではないでしょうか。そんな方にぜひおすすめしたいのがベキュアハニーの「とろとろふんわりクリームバス」。こちらの商品は、まるで化粧水につかっているような贅沢な使用感の入浴剤なのだとか。お肌がすべすべになるという入浴剤をさっそくチェックしましょう!

この記事のキーワード

この記事のライター

えみこ えみこ