韓国好き女子へ!【テヨンネイル】で可愛くてスタイリッシュなデザインをセルフで楽しもう

テヨンネイルは指先にチョコンと三角の形がデザインされたネイルです。スタイリッシュで可愛いネイルデザインをセルフでたくさん楽しむことができます。ラインも簡単にセルフで引くことができ、ネイル初心者でも楽しめますよ。

韓国好き女子に人気のテヨンネイル!

韓国のアイドルがきっかけで人気になったテヨンネイル。
爪の先に逆三角形がチョコンとのっている可愛いデザインです。
フレンチネイルとはまた別の魅力があります。

テヨンネイルはセルフネイルで簡単に仕上げることができ、ネイル初心者でも挑戦しやすいデザインです。

テヨンネイルを初めて試してみようと思っている方に、おすすめのデザインをご紹介していきます。

▼テヨンネイルのおすすめデザインはこれ!

テヨンネイルは少女時代のテヨンちゃんが始めたのがきっかけです。韓国のおしゃれが好きな方はぜひ取り入れてほしいネイルデザインです。

フリーハンドで逆三角形を描き、塗っていくのも一つの方法ですが、マスキングテープを「X」に貼ってその上からマニキュアを塗るときれいな逆三角形を作ることができます。

あとはお好みでラメやスタッズを取り入れて、あなたお好みにアレンジしてみてください。
テヨンネイルを春に楽しむならグレー系にすると大人っぽくまとめることができます。淡いカラーなので春先にぴったり。

何本かベースをクリアにしてネイルシールを貼ってアレンジするのもおしゃれです。ゴールドのスタッズやネイルシールを取り入れると、大人上品にまとめることができます。

ネイルシールならネイル初心者でも取り入れやすいですよね。まずは100均に行ってテヨンネイルに必要な材料を集めてみましょう。
テヨンネイルは、ダブルラインにすると他の人に差をつけたおしゃれなデザインに仕上げることができます。

2色のカラーを使うことで、逆三角形の存在感もさらに増し、バイカラーネイルのように楽しむことができますよ。

あとは、ラメでラインを引いたり、スタッズを取り入れるなど、あなたお好みのテヨンネイルにアレンジしてみましょう。
くすみパープルは近年人気のカラーです。単色で楽しむなら発色のいいマニキュアを選んでくださいね。

ゴールドやイエローと組み合わせて、指先にアクセントをつけるのもおすすめ。デザインが素敵ですから、わざわざスタッズなどを取り入れなくてもおしゃれにまとめることができます。

くすみパープルは肌の色をきれいに見せてくれる効果がありますので、ぜひネイルに取り入れて楽しんでみてください。
夏を意識して少し派手なネイルデザインを楽しみたい方におすすめです。テヨンネイルは発色のいいマニキュアを使えば、ストーンに負けず存在感のあるネイルに仕上げることができます。

あとはお好みのパーツでテヨンネイルを仕上げてみてください。これで、あなたも韓国で人気のテヨンネイルをマスターすることができますよ。
2019年4月10日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

縦ラインネイルはショートネイルさんの爪をきれいに見せてくれるデザイン♡

学校や職場によっては長い爪はNGですよね。ショートネイルさんでも、オシャレなデザインを楽しみたいって方も多いと思います。縦ラインネイルには自爪を長く見せる効果があり、デザインもオシャレなものがたくさんあるためおすすめです。セルフで簡単に楽しむことができますよ。

セルフで楽しめる【てんとう虫ネイル】でおすすめのデザインを公開!

セルフでネイルデザインに悩んだ時、てんとう虫ネイルを楽しんでみませんか?指先にとまっているてんとう虫モチーフがなんとも可愛らしいですよ。簡単に楽しめるセルフネイルでおすすめのデザインをまとめてみました。

セルフで楽しめる結婚式のお呼ばれネイルのおすすめデザインとマナーをご紹介♡

結婚式の時のお呼ばれネイルはセルフでも簡単に楽しむことができます。TPOを考えたマナーを守りつつ、おしゃれで素敵なデザインのお呼ばれネイルをまとめてみましたので、チャレンジしてみてください。

韓国発のブリンブリンネイルのおすすめキラキラド派手デザインを一挙公開♡

韓国でブリンブリンネイルが流行しています。ブリンブリンネイルは、10本の指にキラキラしたド派手のストーンを敷き詰めたデザインが特徴。誰よりもネイルで目立ちたい方は、2019年は韓国発のブリンブリンネイルに挑戦してみてください!

【2018年版】ベルベットネイルでふわふわモコモコの秋冬ネイル♡意外と簡単で初心者さんも安心◎

ふわふわモコモコなネイルを作れるベルベットネイルを知っていますか?温かみのある雰囲気で秋冬にはピッタリ♡一見難しそうに見えるかもしれませんが、実は意外と簡単に作ることができるんです。おすすめのデザインをご紹介します!

この記事のキーワード

この記事のライター

成美 舞乙 成美 舞乙