N.(エヌドット)のヘアアイテムが見た目もおしゃれで超優秀!

夏も終わってもうすぐ秋がやってきますが、これからの季節は乾燥が気になるのではないでしょうか?肌だけでなく、髪も乾燥によるダメージを受けますよね… もちろん、乾燥によるダメージだけでなく、コテやアイロンによる熱ダメージも!そんな乾燥、熱ダメージをケアしてくれるN.のヘアケアラインをご紹介したいと思います!

N.の商品が優秀!

9月になって夏が終わって秋の雰囲気が感じられるようになってきましたね!
最近季節の変わり目もあって髪が乾燥しがちなのではないでしょうか?また、毎日のヘアセットに使うコテやアイロンによって熱ダメージを受けて傷んでいませんか?
N.というブランドから発売されているヘアケアアイテムが優秀だと話題なんです!
美容師さんもオススメするほどのアイテムをご紹介したいと思います!

商品紹介

N.のオススメヘアアイテムをご紹介していきたいと思います!
ぜひ参考にしてみてください!

N. ベースヘアスプレー1

毎日髪を巻いたりキレイにセットする時ってコテやアイロンを使わないときれいにセットできないですよね…
そんなコテ、アイロンなどを使用する前に使うベースヘアスプレー。熱によるダメージから守ってくれて、スタイルを維持してくれます!仕上がりもツヤサラに!

N. スタイリングセラム

ウェットな仕上がりが好きな方にオススメなスタイリングセラム。
ベタベタしないので、ウェットな質感特有のベタつきが気になる方にもオススメです!
軽いのにスタイリングを1日しっかりキープしてくれる優れもの!
髪に優しい成分も多く入っていて◎

N. パウダリーヘアスプレー2

外国人のような髪質にあこがれている方にオススメのパウダリーヘアスプレー。
マットな質感と無造作な髪質を演出できて、ボリュームも出ます◎

N. ポリッシュオイル

お風呂上がりのケアにも、外出前や外出中のケアにも使える、優秀と話題のポリッシュオイル。
オイルなのにサラサラな仕上がりで、まとまりのある髪に仕上がります!ボディにも使えるんだとか…!
中身の優秀さだけでなく、見た目のオシャレさ、可愛さも◎
思わずインスタに載せたくなるスタイリッシュで洒落た見た目ですよね!
また、量もたくさんあるので◎

最後に

いかがでしたか?
N.の商品は中身の優秀さだけでなく、見た目もオシャレなのでインスタグラムに投稿している人も多いんです◎
毎日のヘアセットにコテやアイロンを使って髪が傷んでいる方も結構多いのではないかと思います…
また、乾燥が気になる季節がもうすぐやってきますが、肌だけでなく髪の乾燥も気になりますよね!
日々のヘアケアをしっかりして、傷み知らずのうるツヤでサラサラ髪になりましょう!
2017年9月12日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

髪は女の命!思わず触れたくなってしまうヘアを手に入れる方法♡

髪は女の命とよく言われますよね。つやつやでキューティクルいっぱいの髪は男性にとって見ているだけでキュンキュンしてしまう魔法の髪です。そんな思わず触れたくなってしまうヘアを手に入れるためのケア方法を紹介します♡

《簡単ヘアケア》ドライヤー前に使うブローローションとは?髪のうねりやクセまで直すおすすめアイテムをご紹介♡

お風呂上りの濡れた髪に、クリームやオイルなどのアウトバストリートメントを使用する人は多いと思います。ではブローローションはどうでしょう?ブローローションは髪の熱ダメージやクセ・うねりなどのスタイリングに関する悩みも解決してくれる優れものなんですよ。今回はブローローションの特徴や、ブローローションとして使えるおすすめアイテムを紹介します♡

乾燥した髪に欠かせないヘアミルクとヘアオイルを使い分け♡効果的にダメージケアをするには?

乾燥が厳しい冬には、ヘアミルクやヘアオイルなど、ヘアケア商品が欠かせません!しかしヘアミルクとヘアオイルって、一見保湿する役割が同じに見えますが、実は全く同じ使い方をするのはNG!正しい使い分けをマスターして、きびしい冬も美髪をキープしましょう♡

ダメージや色落ちが気になる方におすすめする【ル グラナチュレ】のヘアケアイテム

髪のダメージを補修しつつも、色落ちを防いでくれる、ル グラナチュレから出ているヘアオイル&ヘアミルク♡見た目も可愛く香りも良いので、ぜひ一緒に詳しくチェックしてみて下さい♡

LOCCITANE(ロクシタン)から8/16に登場した本気のヘアオイルがすごすぎる!

女性の命とも言われる髪。毎日念入りにケアをしている、という方も多いと思います。でももっともっときれいなつや髪を手に入れたい!というあなたにおすすめのヘアオイルが、ロクシタンから登場していますよ!早くも話題になっている8月発売の新作を紹介します♪

この記事のキーワード

この記事のライター

門脇 恵 門脇 恵