春こそさくらネイル♡セルフで楽しめるおすすめデザインを一挙公開!

春と言えば桜!ネイルにも桜を取り入れて指先をおしゃれにしてみませんか?セルフネイルでも簡単に楽しめるデザインがたくさんあります。春のイベントに合わせて、ぜひさくらネイルにチャレンジしてみてくださいね。

春はセルフでさくらネイルを楽しんでみよう♡

春と言えばさくらですよね。桜をモチーフにしたネイルデザインを思いっきり楽しみたいと思ってる方も多いのではないでしょうか。さくらネイルは、セルフネイルで簡単に仕上げることができるのでおすすめのデザインです。

春の陽気に誘われて、ネイルも思いっきり桜の雰囲気を出してみましょう!

ここからは、セルフでも簡単に楽しめるさくらネイルデザインをまとめてみました。

▼春におすすめのさくらネイルデザインはこれ!

さくらネイルと言えばやっぱりピンク系ですよね。セルフで桜の模様は簡単に描くことができますし、難しいと感じたらネイルシールを使うと簡単にできます。

ホロやスタッズなどをプラスするだけで、さくらネイルを華やかに。ベースのピンク系はグラデーションにすると、よりおしゃれに仕上げることができますので試してみてください。
大人上品にさくらネイルを楽しみたい方におすすめのネイルデザインです。くすみカラーで落ち着いた雰囲気を出すことができます。

指1本だけ桜を散りばめてあなたらしいさくらネイルに仕上げて、春のおしゃれを楽しんでみましょう。
さくらネイルを楽しむとき、ベースはヌーディーピンクを取り入れてみましょう。シンプル過ぎるのであれば、ラメをプラスして華やかにアレンジしてみてくださいね。

あとはお好みで桜のネイルシールを取り入れれば、ネイルのアクセントになります。ストーンやパールも相性がいいので、オリジナルネイルに仕上げてみましょう。
ピンク系のベースは色々ありますが、濃い目にしたら桜はホワイトに近いカラーを使用してみましょう。

セルフでも桜を大きめに描けば、失敗も少なくなりますよ。指全体に桜を描くよりもポイントで桜を取り入れた方が大人っぽさを出すことができ、オシャレなネイルに仕上げることができるので調整してみてくださいね。
100均のネイルシールは立体的なものが販売しています。ネイルのベースをワンカラーで仕上げてしまえば、あとはお好みのネイルシールを貼りつけるだけ!時短で簡単にさくらネイルを楽しむことができます。

くすみカラーをベースに取り入れると、トレンド感を出す事ができます。明るめのピンク系なら可愛らしさを存分に引き出すことができますので自分好みのベースカラーを見つけて挑戦してみてくださいね。
さくらネイルはベースをすべてピンクにするよりもホワイトと組み合わせてアレンジんするのがおすすめです。

ホワイトをベースにすれば、ピンクの桜が映えて綺麗に見せることができます。また、ピンクベースはパールやストーンなどお好みのパーツをどんどんネイルに取り入れることができます。

おすすめのネイルデザインを参考に、あなたがやってみたいと思うさくらネイルを完成させてみましょう。
2019年3月10日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年版】今覚えれば春まで使える!定番≪アーガイルネイル≫のおしゃれなデザインをチェック♡

アーガイルネイルというと、秋冬の定番というイメージが強いですよね。実は、カラーによって印象を変えやすいネイルでもあるんです。今覚えると、カラー違いで春まで使えるネイルになりますよ!おしゃれなデザインをピックアップしました♡

2018春ネイルはモーヴピンクを楽しもう♡おすすめデザイン5選をご紹介!

2018春ファッションでは、まだまだピンクがトレンドです!メイクでもモーヴピンクが人気となっていますので、ネイルにもモーヴピンクを取り入れるがおすすめ!そこで、おすすめネイルデザインをまとめてみました。

お疲れモードを癒してくれる♪大人女子に似合うラベンダーネイル♡

4月から新しい生活が始まったり、新しい出会いがあったりとバタバタしていて、少しお疲れモードな大人女子も多いのでは?そんな大人女子には癒しのラベンダーカラーのネイルがオススメですよ♪

カラフルな縞々模様でウキウキしよう♡ストライプ&ボーダーネイル

春になるとシャツやカットソーでも、ストライプやボーダーが目に入りますよね♪流行に左右されない鉄板オシャレ模様のストライプやボーダーを、カラフルなネイルにしてキュートに、フェミニンに決めましょう♡

【おすすめトレンドデザイン】春のデートにしていきたい♡お嬢様タイダイネイル♪

心地よい季節になりましたね♪外に出るのが嬉しい春は、デートもやっぱり彼とお散歩気分で行きたいですよね♡そんな、うららかな季節のデートにしていきたいのが、ふんわり優しいタイダイネイル。マニキュアでも簡単にセルフで出来るのでオススメですよ♡

この記事のキーワード

この記事のライター

成美 舞乙 成美 舞乙