【ビューティー】フレグランスより爽やか。香りのボディミストで癒されよう♡

香水は匂いがきつくて苦手という方も多いのではないでしょうか。そんな方に大人気なのがボディミスト! 長時間の効果はありませんか2〜3時間程度なら香りが持続しほのかに香るのでオフィスでもオッケー!ボディミストにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

フィアンセのシャンプーシリーズは本当にシャンプーの香りに近いのでひとふりするだけでお風呂あがりのような香りに包まれますよ。
好き嫌いが少ないので男性うけもよくどんな方にもおすすめのミストです。
汗が気になった時や仕事帰りのデートの時にもこれさえあればいつでもお風呂あがりの気分になれますよ。
販売価格1296円
日本には直営店はありませんが下着、水着など爆発的な人気を誇るビクトリアシークレットのボディミストは独特なフラワーフレグランスの香り。
ふわっと香る外資系なのにきつさを感じさせないボディミストです。
他にはない珍しい香りの虜になる人は日本にも多く、ほかにもボディクリームやボディソープも同じ香りで登場していて全種類集める人も多いようです。
オープン価格
香水はいい香りだけどつけすぎると香りがきつくて気になると感じる方に人気のミスト。
乾燥する時期にしっかり潤いを与えてくれるので保湿効果もありますよ。
べたつかないのでオイルがニガテな人にはボディケアとして愛用してされています。
販売価格 6000円
ジルスチュアートのボディミスト。
リフレッシュしたい時に使いやすいフレッシュな香りです。
お風呂あがりに人気。冷やして使うとさらに香りが引きたちより一層爽やかになるので夏のリフレッシュタイムや疲た時にアロマ感覚で使うと効果的です。香りに充満させるより、自分で楽しむボディミストです。
販売価格3000円
瞬間的にはっきりした香りを出したい時におすすめ。
ムクスの香りは癖が強いと思っている人の固定概念を覆すほど癖がない柔らかな香りのミストです。
石鹸のように漂う香りなので好みがわからない人へのプレゼントにも最適です。香水より贈り物として人気のあるボディミストですよ。
販売価格2200円

まとめ

いい香りだけど強すぎるかもしれないと思う香りやチャレンジしたいけどどうかな。と悩んだ時にまずボディミストで試してみるのも一つの方法ではないでしょうか。
持続性が短い分相性チェックにもぴったりで、多少つけすぎても香りがきつくなることもないのでフレグランスの初心者にもおすすめですよ。
ボディミストは洋服や髪につけてもさりげなく香るので食事の時にも気兼ねなくつけることができます。
“香水フレグランス特集"

2016年10月11日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

プチプラ【フレグランスボディミスト】で女子力アップを目指そう♪見た目も香りもこだわったおすすめアイテムをご紹介!

【フレグランスボディミスト】はいつも持ち歩きたいという方も多いので、見た目も可愛いものが欲しいという方は多いはず。そこで今回はそんな方におすすめのプチプラで手に入る【フレグランスボディミスト】を紹介します♡

春にぴったり!VENUS SPAの花の香りが爽やかなボディミスト♡

春の爽やかな季節がやってきました!新しいシーズンのスタートに、春らしい花の華やぐ香りにチェンジしてみませんか?ショップでは色んなボディミストが勢ぞろいしていますが、ヴィーナススパのボディミストをご紹介します♪

プチプラなのにいい香り♡ 人気のお手頃な香水をご紹介します!

香水は高いイメージがありますが、今は並行輸入品などで、プチプラなのにちゃんといい香りのものもたくさん出てるんですよ。その中からとくに人気のある香水をいくつかご紹介します♪

【ハワイブランド】バス&ボディワークス Bath & Body Worksで全身良い香りになろう♡【日本未上陸】

アメリカ・ハワイで大人気のバス&フレグランスブランド【Bath & Body Works(バス&ボディワークス )】ってご存知ですか?とっても良い香りのする見た目も可愛いアイテムがたくさんそろっているですよ✨今日はそんな全身良い香りで女子力も上がるバス&ボディワークス のオススメ商品をたっぷりご紹介します!

フェアリーテイル×ポプテピピック《ポプテピピック 1%デビル オードパルファム》《ポプテピピック フレグランスボディミスト》10/4〜発売中!

フェアリーテイル株式会社と人気テレビアニメ「ポプテピピック」がコラボした香水《ポプテピピック 1%デビル オードパルファム》と《ポプテピピック フレグランスボディミスト》が、2019年10月4日(金)より発売されています。これまでにない斬新な演出やシュールな世界観が人気の「ポプテピピック」の魅力を、日常生活の中で香りで楽しめます。

この記事のキーワード

この記事のライター

ay ay