肌にとってもやさしい「ベビーパウダー」活用術をご紹介♡

女性なら誰しも、もっときれいになりたい!という気持ちを持っていますよね。でもキレイへの道のりってとっても遠いもの。今回はキレイを少しでも引き寄せられるかもしれないベビーパウダーの活用術を紹介します♡

肌、もっときれいにならないかな…。

「キレイになりたい」という女性の永遠のテーマ。色々試してはみるものの、自分の目指す「キレイ」って結構遠くにあったりしますね。でも少しずつでも憧れに近づきたい!今回はそんなあなたの「キレイ」を一歩引き寄せられるかもしれないベビーパウダーの活用法を紹介していきます。

そもそもベビーパウダーって赤ちゃん用じゃないの?

赤ちゃんの肌を保護するために使うベビーパウダー。もちろん用途としては赤ちゃん用として販売されていますが、活用次第では女性のきれいを作ってくれる大切な役割をしてくれるんです。次からはそんなベビーパウダーをどう使えばいいのかを説明していきます♪

ニキビケア

ベビーパウダーには皮膚軟化作用があるので、スクラブ効果が期待できます。スクラブをするのはちょっと抵抗がある、という方でも、ベビー用のパウダーなので肌にやさしく、安心して使用できます。使用方法としてはいつもの洗顔料に少量混ぜるだけ。余分な肌の皮脂や汚れを取り除き、ニキビを予防してくれます♪

化粧崩れ防止

ベビーパウダーには皮脂を抑える効果もあるので、下地、ファンデーションを塗った後にベビーパウダーを乗せれば化粧崩れを防止してくれます。また薄く付いてくれるので肌への負担も少なくカバーできるという夢のような効果があるんです♡肌もさらさらに仕上がるのでさわり心地も抜群になりますよ♡

リップにも♡

ファンデーションの化粧崩れ防止以外でもリップの後にベビーパウダーを塗って、その後に口紅を塗れば、口紅も長持ちさせてくれるんです。塗っても塗ってもすぐに落ちてしまうという悩みも、ベビーパウダーがあれば解消されるかもしれませんよ♡

乾燥対策にも

普通のボディクリームでは乾燥を防ぎきれないというあなたには、ニベアとベビーパウダーの組み合わせがとってもおススメ♡もともと保湿能力が高いことで知られているニベアの青缶ですが、塗った後にベビーパウダーを乗せればべたつきの防止やクリームの浸透を助けてくれる効果が得られるんです!顔にも肌にも使えて、塗って寝るだけで赤ちゃんのような肌にしてくれるとSNSで話題になっています♡

赤ちゃんのような夢の肌に♡

いかがだったでしょうか。今までのスキンケアプラスアルファでベビーパウダーを使うだけで、今までの悩みがうそだったかのような肌が手に入れられるかもしれません♡様々な活用法があるだけでなく、プチプラなこともとっても嬉しいポイントですよね♡あなたも今までのスキンケアやメイクにベビーパウダーをプラスして、「キレイ」をもっと身近にしてみませんか?
2017年2月24日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【スキンケア】化粧水・美容液・乳液が1つで完了!オールインワンゲルをご紹介♡

オールインワンゲルとは、化粧水や美容液、乳液などが一つになったものです。なにかと毎日が忙しい女の子には便利な商品ですよね。今回は、オールインワンゲルについて紹介していきます。

持っていたら女子力高い♡ポーチに入れたいコスメ6選【ジル,エクセル,エチュードetc】

女の子のコスメポーチの中って、何が入っているか気になりますよね。このページでご紹介したいのは、ポーチに入れたいコスメ♡持っていたら女子力が高い、人気のアイテムを厳選してご紹介していきます。見えないところこそ、こだわってコスメ選びをしてみませんか?☆

やっぱりキャンメイクが超使える♡《2018年春メイク》が作れるコスメはこれだ!

2018年春のメイクをそろそろ研究し始めているというあなた。春も引き続きプチプラ優秀なキャンメイクのコスメが活躍してくれること間違いなしですよ!春最旬のトレンドメイクが作れるコスメを紹介していきます♡

【マジョリカマジョルカ】ハニーポンプリップエッセンスでふっくら唇♡甘い香りで女子力アップ!

この時期になると、リップケアに悩む人も多いのではないでしょうか。唇が乾燥しやすい人におすすめしたいのが、マジョリカマジョルカのハニーポンプリップエッセンスです。どんなアイテムなのか、さっそく口コミをチェックしてみましょう♡

売り切れ注意!?ブルーミングブランから、大人気限定アイテムが販売中♡

あの、『ブルーミングブラン』から『フレグランスボディパウダー』が限定登場!ジュールベルニのスピンオフ『ブルーミングブラン』は香りはもちろん、華やかさと機能性もUPした人気コスメです。今回発売されている限定アイテムはラメ入りボディパウダー!気分を変えたい時などに使ってみるのもいいですね。

この記事のキーワード

この記事のライター

木戸みほ 木戸みほ