おフェロなチークネイルをセルフジェルネイルでやってみよう!


元の爪の色に近いピンク系のベースカラーを塗り、 さらにその上から爪の中央や指先などポイントに色をのせて、内側から色が滲みでているような、頬にのせるチークをネイルにも施したようなチークネイルおフェロなチークネイルはセルフでも簡単にできちゃいます! 今回はジェルネイルでのやり方をご紹介。

HOW TO チークネイル


簡単に出来るチークネイルの方法を紹介! ①ベースコートを塗る ②クリアジェルとピンクのカラージェルを混ぜでベースの色を作り、 オーバル筆で大きく丸く真ん中に大きく円を描くように塗る※キワやサイドは塗らない ③最初に塗った時より一回り小さな円を描くように重ね塗り ④最初にネイルカラーを塗ったときより広く、 1回目と2回目に塗った時の段差を無くすように全体に大きく薄くコートするように重ね塗り。 ⑤ネイルが乾く前に、カラージェルをやや濃い目に足して爪の先端辺りに乗せる ⑥トップコートで仕上げ  

クリアジェルで色味を調節して

d5a7ea2b261f6248373cde78227470fb Naility! ビルダージェル 15mL:2,468円
真ん中を濃い目ピンクにするチークネイルの絶妙な色のグラデーションを作るには、 カラージェルの濃さをクリアジェルで調節。 クリアジェルでベースカラーの濃さを自分の好みに調節し、 メインとなるカラージェルネイルをオン。 色味の調節やストーンなどアート用パーツの接着にも使うことができるので、 セルフジェルネイルに色々と活躍します。  

おフェロチークネイルにはピンクを

622bdb9caa9b15b2231039dc6427f934 Naility! ジェルネイルカラー ホットピンク 3mL:699円
内側から滲み出るような血色感の、 おフェロなチークネイルを作るならピンク色のカラージェルを。 濃い目のピンクをすでに持っているなら、 クリアジェルで調節して薄いほんのりピンクにすればOK。 定番カラーのマットなピンクはアートネイルの下地のカラーとしても使えます。 ピンク系のジェルネイルカラーも鮮やかなビビッドカラーからペールピンクや くすんだスモーキーな色など様々な色味があるのでお好みで選んで。

ピンク以外のチークネイルも素敵なんです


チークネイルはおフェロなピンクだけでなく、 ブルーやパープル、オレンジ、グリーン、イエローなど、他のカラーでも応用できます。 ほんのりとパステルカラーに色づく可愛いネイルデザイン♪ ラメやストーンなどをアクセントにのせても素敵です。 夏はブルーにミント、秋はバーガンディーやボルドーなど、 季節によってメインカラーを変えてチークネイルを楽しむのはいかがでしょう♪

おわりに

ほんのり色づいたようなネイルカラーが優しげで可愛いチークネイル。 内側から血色が滲むようなピンクをのせればおフェロなネイルができます。 ピンク以外の色でバリエーションも楽しめるので、気分でメインにする色を変えても♪ 今回はセルフでのチークネイルの作り方でしたが、 もちろんネイルサロンで施してもらうこともできるので、ぜひチークネイルを楽しんでみてください。
2015年9月3日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【デボラリップマン】のジェルラボプロシリーズで秋冬《スターパワー》コレクションが新登場!

レディガガやミランダカーなどの海外セレブも愛用する『デボラリップマン』。そのシリーズに秋コレクションが登場します。お得な先行販売も含めてイベントも開催されるので気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

ブーツみたいな《編み上げネイル》で秋冬ネイルを作ろう!ダークカラーもパステルカラーも♡

編み上げブーツが好きだという人も多いですよね。そんな人は、ネイルにも編み上げを取り入れてみるのはいかがでしょうか。ダークカラーでもパステルカラーでもおしゃれに仕上がる編み上げネイルのデザインをご紹介します。

ネイルにもアクセサリーを乗せちゃう!《指輪ネイル》でお気に入りも憧れも使えちゃう♡

お気に入りの指輪を持っているという人も多いですよね。そんなお気に入りの指輪はネイルに乗せてみてもおしゃれに使えちゃうんです。実際に自分で持っている指輪だけでなく、欲しいけど買えない憧れの指輪をネイルにデザインできちゃうのも素敵なポイント。おしゃれな指輪ネイルをチェックしてみましょう。

ぴょこんと飛び出す立体感!《動物の耳ネイル》で差をつけよう♡

人とはちょっと違ったネイルをしたいときってありますよね。動物の耳をモチーフにすると、そんなネイルを作りやすくなります。立体感のあるネイルは存在感も抜群なので、ぜひ試してみてくださいね!そんな動物の耳ネイルのおしゃれなデザインをピックアップしました。

この記事のキーワード

この記事のライター

EDDY EDDY