首都圏で人気の低価格美容室【チョキペタ】が京都でオープン!人気の秘密とは?

首都圏の各地に複数の店舗を展開し、安定した人気を集めている低価格美容室の、チョキペタが、10月29日に京都でオープンしました。 関西初出店となる、チョキペタが徐々に知名度を上げてきています。その人気の秘密に迫ります。

チョキペタ関西1号店は京都の商店街に!

京都の伏見桃山駅から歩いて二分の距離にある、
大手前商店街の中に、関西初出店の店舗を構えているチョキペタ。

定休日もなく、年中無休でオープンしているので、
忙しい人でも、思い立った時にすぐ利用できますね。

チョキペタは細かいニーズにこたえてくれます

ガールズドロップ

チョキペタは、毛先だけをカットしてほしいとか、白髪が目立ってきたのでここだけをなんとかしてほしい、などのお客さんの細かい要望にピンポイントで応えてくれます。

来店すると、自動発券機で要望に合わせたメニューを選ぶという、流れになります。

チョキペタはカット料金が安い

ガールズドロップ

作業を簡略化することによって低価格を実現している、
チョキペタのカットはなんと1200円です。
前髪のカットのみなら500円で済みます。

一般的な美容室のヘアカットの料金と比較してみても、
かなりの低価格であることがわかりますね。

カットの後はオートシャンプー

ガールズドロップ

カットが終わると、機械による自動ヘア洗浄が行われます。
しっかりと頭皮の汚れを落とすような感じで、
マッサージもしてくれます。

終わった後で気になるところがあれば、
美容師が改めて洗い流してくれます。

自分でスタイリングをさせてくれるところがチョキペタの魅力

ガールズドロップ

チョキペタでは、ドライまで完了した後、
スタイリングを自分でできるようにセットを用意してくれています。

家に帰って、髪を洗った翌朝でも、
自分でスタイリングできれば、美容室で整えてもらったような髪型をキープできますね。

会計は最初に済ませているので流れに無駄がない

ガールズドロップ

会計は、最初に自動発券機でメニューを選んだ時に済ませてあるので、
帰る時に待機する必要もありません。
入店から帰るまでの間の流れがスムーズで、
極力無駄を抑え、低コストとお客さんの満足度を向上させることを実現している美容室が、
チョキペタなのです。

チョキペタなら思い立った時にすぐおしゃれができる まとめ

チョキペタは関東圏ではかなり話題になっている、人気の美容室です。
いずれの店舗も駅からほど近くにあり、
営業は年中無休というスタイルは、忙しい現代人のニーズにぴったり合いますね。

2016年の10月に、
関西の京都に初出店を果たしたチョキペタが、
関西の人々にも快適でスムーズなヘアカットを提供してくれます。
2016年11月5日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

珈琲や抹茶、チョコレートを使用♥「京さんぽ りっぷくりーむ」が甘くて優しい♥

今年の5月に発売されて以来、様々なメディアで取り上げられた「京さんぽ りっぷくりーむ」。発売から半年以上たった今も、生産が追いつかないほど大人気!!今回はそんな、甘くて優しいリップクリームの魅力をご紹介します♥

肌コンディション別に選べる!一度は使ってみたい大人気【オルフェス】のおすすめマスクを紹介

お肌はその時のコンディションや季節などによって悩みは変わってきますよね。そこで今回はそんな時におすすめの肌コンディション別に選べる【オルフェス】のマスクを紹介。使い心地も良いと評判の人気マスクなので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

春夏のトレンド【デカピン】を取り入れてみよう♪美容師さんもおすすめの今すぐマネできる簡単ヘアアレンジを一挙紹介

春夏にぴったりのトレンドヘアスタイルを取り入れよう!「ヘアアレンジがマンネリ化している」「簡単にトレンド感をプラスしたい」という方は今回必見。今回はトレンドの【デカピン】を使った簡単ヘアアレンジを紹介するので、ぜひ毎日のヘアアレンジの参考にしてみて下さい♡

京都土産に【かづら清老舗】の和風コスメはいかが?つばき油を使ったおすすめコスメピックアップ♡

かづら清老舗は、つばき油を使った和風のコスメや和小物を販売しているブランドです。かわいらしいアイテムばかりでお土産にもピッタリ!おすすめのコスメをピックアップしたので、京都に旅行する予定があるという人はぜひチェックしてみてくださいね!

【かづら清老舗】≪特製つばき油≫でツヤツヤ髪に!全身保湿に櫛のお手入れまでできる◎

つばき油と言えば、昔からヘアケアに使われていたアイテムですよね。ヘアケアだけではなく全身の保湿や櫛のお手入れまでできるものとなっています。京都のお土産としてもすてきなアイテムとなっていますので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のライター

miyuki miyuki