今がまさに美髪を育てる期間♪手持ちアイテムでここまで変われるリバースケアとは?


img_main http://www.rasysa.com もうすぐ年度の入れかわりでもある春が近づいてきますね。 新スタートを切る際はやっぱり一番キレイな状態でいたいもの。 洋服やメイクなどに気を取られすぎてヘアケアが疎かになっていたりしませんか? 今日は自宅で簡単にさらツヤヘアが作れちゃうリバースケアの方法をご紹介したいと思いますよ。

リバースケアとは?

img_style_main http://www.rasysa.com 一般的な毎日のヘアケアはシャンプーをしてコンディショナーやトリートメントと考えられがちですが、今注目されているリバースケアはその逆の手順のヘアケアのことを言います。 ざっくり言うとシャンプーをする前にある程度の油分を与えるトリートメントをしておくということ。 こうすることで傷んで絡まりがちな毛先などにしっかり潤いを与える事ができるそうですよ♪  

リバースケアの手順♪

1408287top (1) まず絡んだ髪や汚れを簡単に取り除くためにブラッシングをします。 きちんとブラッシングしておく事でこの後のステップがスムーズに行う事ができますよ。 次に毛先を中心にオイルをつけて10分くらいおきます。 指どおり良い状態をつくり、オイルがしっかり馴染んだら、その上からトリートメント。 塗るつきが残る程度に一度軽く洗い流したらシャンプーをしましょう。 下から上へ指をつかってマッサージしながら頭皮にベタベタ感が残らないよう、しっかりすすぐ事が大切ですよ♪ シャンプーの後にもう一度トリートメント。 先程使ったものでOK!あえて変える必要はありませんよ♪ しっかりつけたら5分時間を置いてぬるま湯で流しましょう♪ ここまでがリバースケアの簡単な手順♪ ブローにもこだわりたい人はこちらの方法もおススメですよ↓↓↓ ふぉーちゅん:もったいない髪になってない?触りたくなる『さらツヤ』ヘアを作るブローのコツ♪  

おすすめアイテム

o_01 大島椿 40mL:1,188円
椿の種子から採った100%天然のオイル。 髪のうるおいを保ち、すこやかにし、美しく輝く髪へと導きます。 毎日のお手入れからスペシャルケアまで、幅広く使用できますよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか? 何よりもいつも使っている手持ちのアイテムでできるのが魅力的なリバースケア。 これまでの発想で毎日ケアしていた人もちょっと考え方を変えて新しい方法にチャレンジしてみませんか?
2016年2月21日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ヘアケアブランド《PROMASTER COLOR CARE(プロマスター カラー ケア)》2/14フルリニューアル!ヘアカラーダメージを“高補修ケア”

ヘアサロン専売ヘアケアブランド『PROMASTER COLOR CARE(プロマスター カラー ケア)』が、2020年2月14日(金)にフルリニューアルされました。指通りが悪く絡まりやすい髪をケアする「スタイリッシュ」、乾燥・パサつきをケアする「リッチ」、扱いにくく硬い髪を柔らかくする「スウィーティア」、クセ・うねりを抑える「カーミー」の4シリーズが展開され、悩み・髪質に合ったヘアケアを実現してくれます。

髪を早く伸ばしたい方必見♡憧れのロングヘアへと導く【ELENCE(エレンス)】のヘアアイテムを紹介

ロングヘアになるためにはけっこうな時間がかかるので、諦めているという方も多いと思います。そこで今回はそんな方にもおすすめの【ELENCE(エレンス)】のヘアアイテムを紹介。早く髪を伸ばすことが期待できるアイテムなので、ぜひ参考にしてみて下さい。

【LINNA(リンナ)】香水のようにかおる≪アウトバストリートメント≫で女性らしさアップ!透明感のある髪に♡

お肌に透明感を与えるときれいに見えるように、髪にとっても透明感は重要な要素です。LINNAのアウトバストリートメントは、コメ発酵液の力で髪に透明感を与えてくれるアイテムとなっています。気になる口コミをチェックしてみましょう!

【ニッピコラーゲン】トリートメントインシャンプーで頭皮を鍛えコシのある髪に♡

トリートメントインシャンプーは毎日のヘアケアがとても楽ですよね。でも、トリートメントしないと髪がきしむのでは?老舗コラーゲン会社が販売しているニッピコラーゲンなら大丈夫♡これで冬でも頭皮を元気にしてコシのある髪が手に入る!

【アースハート】理想のツヤ髪を作れる≪シルクワン ハイドロチャージヘアパック≫に注目!気になる口コミをチェック◎

アースハートのシルクワン ハイドロチャージヘアパックは、ツヤがあり広がらない髪を作ってくれるヘアパックとなっています。サロン専売品なだけにその実力も抜群!ダメージが気になる人はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のライター

Haduki Haduki