2016年最初に注目しておきたいヘアカラーはホワイトアッシュ!


3732cec5209a1520c2f94cfbae7d79ec
2016年、年が明けて心機一転! ヘアカラーも新年とともにチェンジしませんか? 外国人風ヘアになれるアッシュ系カラーの中でも、ホワイトアッシュは髪の毛の赤みを完全に無くすカラー。ハイトーンで天使のような真っ白ヘアーも素敵ですが、 ダークトーンカラーでホワイトアッシュにすることも可能です。 秋冬ファッションにも映えますが、ホワイトアッシュは春夏にも流行の予感。 今年注目しておきたいヘアカラーです。

大人女子におススメなダークトーンのホワイトアッシュ

3732cec5209a1520c2f94cfbae7d79ec livingu omotesando/岩川 和生さん
挑戦しやすい、ミディアム×ダークトーンカラーのヘアスタイル。 トップも後ろも適度にふんわり感があり、メリハリのあるシルエット。 上品でモードなダークトーンカラーのホワイトアッシュヘアは、あまり派手なヘアスタイルにできない人にもおススメ。 パーマをかけない場合は髪の毛を乾かした後コテで外ハネメインで毛先をミックス巻きに。 ウェットヘアにしてもお洒落。  

クールなハイトーンホワイトアッシュ

04f9d9257733f2323ca2b0b2874b713b AArtirior/市川 絵美子さん
頭の形を綺麗に見せてくれる、コンパクトなフォルムに仕上げたショートヘア。頬に少しだけかかる前髪がクールな印象。ヘアカラーはほんのりパープルの色味を感じるハイトーンのホワイトアッシュ。 スタイリングはオイルをつけて乾かしたあと、もう一度オイルかスプレーを使ってツヤを出して  

カジュアル&セクシーなラフロングヘア

2b023220c882642f0ff3cd2482b58aa3 hair SUNDY/今井 昂也さん
ブリーチ後ホワイトアッシュで赤みを消してカジュアルに。 全体に自然な毛束感が出るようにカットし、前髪は目より下で長めに残して流しバングやかきあげバングにできるようにしたラフなロングヘア。無造作感がカジュアルなスタイルにもセクシーなスタイルにもマッチ。

ナチュラルガーリーなホワイトアッシュボブ

cb44c7400f04983f2a36529fe7c47d64 Hip's deco 大宮店/桑原 憲明さん
明るめ12トーンのホワイトアッシュベージュのショートボブ。 カラー&カットで透明感と柔らかさを演出したピュアでイノセントなガーリーヘアです。 スタイリングはソフトワックスを表面と毛先に少しつけて。 ナチュラル系のホワイトアッシュカラーヘア

おわりに

今から春夏までおススメなヘアカラーのホワイトアッシュ。 新年一発目、イメージチェンジや気分転換のヘアカラーチェンジにホワイトアッシュはいかがでしょうか?
2016年1月6日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

外国人風カラーで人気の「THROW(スロウ)」から初のヘアケアライン誕生!カラーのダメージを防ぐサロン専売ヘアケアをレビュー♡

外国人風のヘアカラーで人気の「THROW(スロウ)」は、赤みの多い日本人の髪の毛でも、透明感のある綺麗なアッシュ系カラーやグレー系カラーを実現してくれるヘアカラー剤で、あの「イルミナカラー」を超えるとも言われているほど。そんな「THROW(スロウ)」から、カラーの「色持ち」「ダメージ抑制」「質感」にこだわったヘアケアラインが誕生!高品質なサロン専売ヘアケア「THROW HAIR COLOR CARE(スロウ ヘア カラー ケア)」をレビューします♡

【イルミナカラー】春にぴったり♡透明感抜群のヘアカラーでイメチェン♪

イルミナカラーとは、外国人のような透明感やツヤ、やわらかさを引き出すことのできるヘアカラーのこと。そんなイルミナカラーはこれから来る春にぴったり!今回は2017春ヘアースタイルに合わせたいファッションを紹介します♪

今年の秋冬はアッシュ系《ハイトーン》がトレンド!明るい髪でテンションも上がる♪

秋冬シーズンは落ち着きのあるダークトーンの髪色が定番!そう思ってはいませんか?でも、2017秋冬今年は違います!秋冬でも色々なカラーを積極的に取り入れるのが流行しており、髪色も《ハイトーン》がトレンドなんです♡今年はぜひ、ハイトーンの髪色にチャレンジしてみては?

【2017トレンドヘアカラー】THROWカラーで大人の抜け感♡

【THROWカラー】というカラー剤をご存知ですか?アッシュ・マット系に特化したカラー剤で、今美容院ではこのカラー剤を使うことが主となってきています♪ 色味や明るさの種類もたくさんあり、混ぜて使うことで自分のなりたいヘアカラーにかならずなれるはずです♡今回は【THROWカラー】について紹介します!

この記事のキーワード

この記事のライター

EDDY EDDY