【美ボディ】エステがダイエットに人気の理由って?その効果とは?

街の情報誌を見ると美容室のほかにネイルサロンも多いのですが同じくらいの割合でエステサロンの紹介も掲載されていますよね。 エステの魅力を徹底追跡してみました。一度体験してみると良さがより一層わかりますよ。

サロンエステ

エステのダイエット効果で一番期待されるのがセルライト除去のコースです。
セルフケアの方法を知らべてみるとわかりますが自分でセルライトをなくすには激痛に耐えながらマッサージしなくてはいけません。
そこで超音波など専用の機械を当ててもらえるエステだと効率も良く早く除去できるのでなんだか痛みにも耐えられる気がしてきちゃいます。
サロンで簡単にサウナに入ることができるのでお手軽に汗を流せてダイエットが出来ます。
普段汗を流さない、運動が苦手な方はサロンに行くことで解決出来ますよ。
汗を流すと身体の中の老配分を出せて健康にもとてもいいのでオススメです。汗を流すとむくみ解消にもなるので運動が苦手な方は月に1回くらいの感覚でサウナに入るとたまっていた老配分もなくなりむくみもなくなりますよ。
アロママッサージなどエステサロンとは多少違うコースではありますが身体のコリやハリを整える効果があるのでダイエットにはオススメです。
直接的に体重が減るという事ではなく、マッサージでリラックスするとストレスで止まらない食欲を抑えたり心の余裕を持てるようになりますよ。

自宅エステ

エステやマッサージの良さは知っていても毎日のようにいけるわけがないというのも現実ですよね。
そこでセルフマッサージです。
セルライトを除去したりサウナに入っても怠けてしまうとすぐに老配分がたまったり、セルライトが固まるので自宅でコロコロしたり長めのお風呂に浸かって汗を流すといいですよ。

ウォーター

身体の半分はお水でできているというのは良く聞きますよね。
水分を取らない事は良くないですが水分を取りすぎるとむくみに繋がると思いますとね。お水よりむくみの原因は塩分の方が強いのでたっぷり水分を取って塩分を控えられればダイエットにも効きますよ。
マッサージやエステで汗を流した後は特に水分を取ることがポイントです。

まとめ

綺麗になるには努力が必要ですよね。運動が苦手な方は多少お金をかけてでもエステやマッサージに頼りたいと思う人も多いのでは。
こんなにもたくさんのいいポイントがあるのでまだエステ未体験の方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ちょっと小さくなっていたパンツや気になっていたボディラインがスッキリなるかもしれませよ。
2016年10月23日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏までの理想の美脚へ♡おうちでエステ気分を味わえるマッサージジェル【KJ STYLE】の《ビキャクジェル》を紹介

マッサージが美脚に良いのは分かっていても、なかなか始められないという方は多いと思います。そこで今回はそんな方におすすめの【KJ STYLE 】の《ビキャクジェル》を紹介。美脚へと導くマッサージ専用のジェルなので、マッサージをするきっかけになるはずですよ♡

「え?エステ行ってきた?」と言われるようなお肌になれる【フェイスマスク】が登場

エステに行けば、ツヤっと輝くような美肌が手に入ります。しかし、定期的に通うのはお財布にもかなりの負担。そんな時、自宅で簡単にエステ後のお肌が手に入っちゃう「エステ品質のフェイスマスク」が登場しました。

発汗と美肌効果を促す♪見た目もキュートな【フルプル】の《バスソルトしばんばん》を紹介

だんだん寒くなってきますと、バスタイムがとても楽しみになりますよね。そこで今回は発汗と美肌効果を促してくれるバスソルトを紹介。一度使うとやみつきになる魅力的なバスソルトなので、ぜひ参考にしてみて下さい♪

期間限定ショップ「よーじや」美粧品コレクション!9/13〜19 新宿 京王百貨店に初登場!

京都の女子向けお土産といえば「よーじや」のあぶらとり紙ですが、実はよーじやにはスキンケアやファンデーション、メンズ向け製品、なんとエステまであるってご存知でしたか!?9/13(木)~19(水)新宿の京王百貨店ではよーじやの知られざる魅力をしれちゃいます!関東在住の方、3連休は新宿へ行くしかない!

きれいな人は始めてる!「セルフエステ」で気軽に本格エステ《ナリス ビューティスタジオ デ・アイム》の「スリーD スフィア」でハリツヤUP♡

「セルフエステ」ってご存知ですか?美容機器やスキンケア製品をセルフで自由に使ってお手入れができ、低価格・短時間で気軽に通えることで注目され始めているんです。プロによるカウンセリングも受けられて、コスメも好きなだけ試せる《ナリス ビューティスタジオ デ・アイム》より、6月21日から開始される「スリーD スフィア」を今回はご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

ay ay