湯船に浸かれない日は足湯で冷え解消&血流促進!


体が冷えるこの季節、一日の終わりにはお風呂に使ってゆっくり体を温めたいですよね。 しかし、様々な事情から毎日お風呂にゆっくり浸かることができない人もいるかと思います。そんな人には、手軽でたくさんの美容効果がある足湯がおススメ!

むくみ解消、冷えとり、代謝アップ・・・足湯のメリット

足湯には様々なメリットがあります
1.冷え性の改善 体の末端である足先を温めることで血流が促進され、体の冷えが改善されます。 2.むくみ解消 血流が良くなり、冷え性が改善されることで足の浮腫みも解消されます。 3.ダイエット効果 冷え性が改善されることで体温が上がり、代謝アップに。デトックス効果もあります。 4.リラックス効果 足湯は半身浴と同等のリラックス効果があります。 全身の血流が促進され、上半身の凝りも痛みが和らぎます。 5.光熱費の節約になる 浴槽にお湯を張る必要がないので、ガス代・水道代の節約になります。
足湯は手軽で短時間でできますが、体の冷えに効果的。 服を着たままできるので、風邪をひいた時にも温まることができます
 

足湯のやり方

用意するものはこちら。 ・42℃~43℃くらいのお湯 ・ポットかやかん ・足が入る大きさのバケツかたらい(出来るだけ深めだと◎) ・あれば湯温計 ・バスタオル
バケツかたらいに42℃~43℃くらいの少し熱めのお湯を入れます。 ポットかやかんに、同じく少し熱めのお湯を入れて用意しておきます。 足をお湯を張った容器に入れて浸かります。出来るだけ深めに、ふくらはぎ近くまで浸かれるくらいだと理想的です。 そのまま、15分から20分間足湯を楽しみます。 途中でお湯が冷めてきたら、ポットに用意しておいたお湯を差し湯して、お湯の温度を保ちます。 足湯の最中も入浴中と同じように、適度な水分補給を。 足湯を終えたら、バスタオルで足を拭いて、靴下を履き湯冷えを防止します。
 

忙しい大人女子も時間を効率的に活用できる!

足湯はお風呂の中ではなくリビングや寝室でもできるので、時間を有効に活用することができます。 お風呂の中ではないのでTVやDVDを見たり、パソコンやスマホなど電子機器も使えますし、読書も可能。 好きな動画を見たり本を読んだり、友人と通話してもいいですし、シートマスクやリンパマッサージなど、足湯の時間をスキンケア・ボディケアの時間に当てたりしてもいいですね。 疲れて帰ってきた日など、どうしても欠かしたくない日課を足湯と同時進行もできますよ。

おわりに

ゆっくり湯船に浸かる時間のない大人女子でも、効率的に時間を活用しながら、体を温めてリラックスすることのできる足湯。 できるだけシャワーだけで済ませるのは避けたい時、足湯とシャワーを併用してもいいでしょう。 お風呂に浸かることができない日は、足湯だけでも浸かるようにしてみてはいかがでしょうか
2015年12月6日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【アルポカ】鉄分たっぷりで体ポカポカ!《ヒートスムージー》でおいしく温活♡

これから、冷え性さんには辛い季節がやってきますよね。そんなときに使っておきたいのがアルポカのヒートスムージーです。レモンジンジャーの味わいでおいしく温活ができるというヒートスムージーの口コミをまとめました。

この記事のキーワード

この記事のライター

EDDY EDDY