冷えと疲れはその日のうちに解消♪体にやさしいアロマエッセンスの取り入れ方


寒くなってくると指先まで冷え切って肩こりや腰痛などといった体のトラブルが起こりがち。 そんな冷えや疲れはできればそのうちに解消したいものですよね。 そんな時はいつもと一味違った『アロマバス』で体の芯からリラックスしてみませんか?

アロマバスで取り入れたいアロマオイルの選び方

アロマバスといっても選ぶオイルによって、その効果は全く違うということを覚えておきましょう。 きちんとした効果を知ることで、今の自分にふさわしいオイルはどれか、チョイスできるのもアロマバスの魅力♪ ここでは体の状態に合わせたオイルの選び方をご紹介したいと思います。
【ぐっすりと眠りたい】ラベンダー、カモミール・ローマン、ゼラニウム



【身体の芯から温まりたい】ローズマリー、スイートマジョラム



【リフレッシュしたい】ジュニパーベリー、グレープフルーツ、オレンジ・スイート



 

全身浴または半身浴で楽しむ方法

少しぬるめの38度で湯船の半分くらいお湯をはりましょう。 湯はりできたら5滴程の精油を入れて、よくかき混ぜます。 全身浴は肩まで、半身浴はみぞおちぐらいまで浸かるのがポイントですよ、 深い呼吸しながら入浴することでアロマの香りを感じながら心身ともにリラックスすることができます。 半身浴の場合は30分以上お湯に浸かるなど、しっかり身体を温めることを心がけましょう。 またエッセンシャルオイルはお湯に溶けにくいため、予め5ml程度のキャリアオイルで希釈すると使いやすくなります。香りに癒されながら、血行促進が期待できますよ。  

無印良品でも

みんなが良く利用する無印良品でもアロマオイルをたくさん取り扱っているのは御存知でしょうか? 無印良品のエッセンシャルオイルは純度100%で英国の精油取扱業者から輸入しているものが多いんだとか♪ 使用する際は必ずパッチテストを行ってしようするようにしましょう☆ オンラインショップでも購入可能♪

おわりに

いかがでしたでしょうか? 湯船に溜めたお湯にたらすだけで様々な症状に効果が期待できるのは嬉しいですよね。 アロマバスだけでなく様々な方法で活用もできるエッセンシャルオイル。 是非、いろいろ揃えて、気分に合わせたアロマバスを作ってみてくださいね。
2015年11月15日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

最近疲れたまってない?睡眠不足にならないための寝る前の1時間のスケジュール☆

疲れているのに眠れない。。。 布団に入った後、寝付けなくて1時間以上苦労する人も多いのでは? 布団に入る前の1時間をちょっと変えてみませんか? ぐっすり眠るためのリラックスタイムを作ってノンストレスの安眠を手に入れましょう♡
ay

【無印良品にいくならコレを買え】敏感肌用「高保湿」タイプの化粧水の保湿力が神すぎた!

今回は、無印良品の化粧水から1番人気の「化粧水・敏感肌用・高保湿」タイプの化粧水の保湿力の検証を行いました!現役スキンケア研究員のことみさんによる成分解説と化学分析の結果も必見です。ぜひ、最後までご覧ください。

【#FORTUNE推しコスメ】メイクの仕上がりはこれで決まる!編集部の<一押しメイクツール>をご紹介♡ダイソー・無印良品・ロージーローザetc.

過去1万5,000点以上のコスメを試してきたFORTUNE編集部が、メイクの仕上がりがグッと高まる“一押しメイクツール”をセレクト。30個入りのお得なDAISO(ダイソー)のメイクアップスポンジや、これからの季節に使いたい無印良品の紙おしろい、持ち運びに便利な貝印のアイラッシュカーラーなど、編集部の推しポイントとともにレビューします。

この一手間で肌が変わる♡美容オタクおすすめ《導入液・ブースター》3選をレビュー。無印良品・ソフィーナ iPなど

洗顔後、化粧水の前に使用する「導入液(ブースター)」。みなさんは普段取り入れていますか?今回は、様々なタイプの導入液・ブースターがある中で、FORTUNE編集部おすすめアイテムを【無印良品・ソフィーナ iP・エリクシール シュペリエル】から厳選してご紹介!魅力や使用感を詳しくお伝えしていきます。

《無印良品》繊細パールが輝く「ルースパウダー」ルーセントホワイトをレビュー!話題の「メイクパレット」にセットしてオリジナルパレットを作ってみました♪

昨年末リニューアルされた無印良品のメイクアップ第2弾から、繊細なパールが輝く「ルースパウダープレストタイプ」ルーセントホワイトをFORTUNE編集部がお試し。色とりどりのパウダーが、透明感のある艶肌へと導く、仕上げ用パウダーです。さらに、無印良品から登場した話題の「メイクパレット」にセットして、FORTUNE編集部のオリジナルパレットを作成。2パターンの組み合わせをご紹介しているので、是非参考にしてみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

Haduki Haduki