新ダイエットは“時間”がキーワード!?『時間栄養学』で美BODYをゲットしよう


4d1d9a9ab55689d4646aaebcb6a991f3 出典:http://complex7.com 運動ばかりがダイエットに効果的だと勘違いしてはいませんか? どんなに運動しても痩せられない大きな要因はやっぱり食生活での見直しも大切です。 今回はそんな人におススメの今注目されている『時間栄養学』についてご紹介したいと思います。

「時間栄養学」とは?!

美BODYを手に入れたい、健康的でいつまでも若々しくいたい。 そんな女性に是非知ってほしいのが、身体のリズムを見て考えた栄養学での「時間栄養学」。 キレイでいるためには、「いつ」「何を」食べるべきなのか大切。 人間の内臓は、時間帯によって活動する箇所が異なるんだとか! このリズムを上手く利用する事で、代謝をあげ、効果的な身体に変身する事ができますよ。  

おすすめの時間帯&食事

時間栄養学に従い、最も良い食事の時間と内容をご紹介していきましょう!ここでは、体内時計を正しく機能させるために7時に起きるのを前提としています。
  • 朝7:30は朝食をしっかり食べよう!
午前は肝臓がとても活発に活動する時間帯! 脂肪の分解や消化など有毒物を解毒などにかかわる肝臓がたくさん働いてくれます。 糖質やたんぱく質もこの時間であれば多少多めにとっても、身体の負担にはなりません。 逆に朝食を抜くとエネルギー源がなく、危険な状態だと脳が勘違いしてしまい、脂肪を溜め込んでしまう原因に。 バランスの良い和食がおすすめですよ。
  • 昼食は12:00~14:00の間に。たんぱく質をたくさんとろう
午後は胃が活発で12時頃から14時頃はピークになります。 胃が動いている間は、たんぱく質の消化もとてもスムーズに行われるので。 たんぱく質はあえてこの時間帯に摂るのがおススメですよ。 肉や魚の満足感のあるおかずを主に、ご飯や野菜を取り入れるようにしましょう。
  • おやつもOK!15:00~17:00までにちょっぴり楽しもう
インスリン分泌中! 15:00~は糖質の吸収に影響するインスリンの分泌が増加。 甘いものをどうしても食べたいときはこの時間がおススメです。 上手にダイエットをできる人は、おやつを意外と上手に取り入れていますよ。 ナッツ類やヨーグルト、ドライフルーツなど健康にも良いおやつを選ぶことがポイントです。
  • 19:00夕食は21時までに。なるべく控えめにしましょう。
内臓が休息モードの夜。 夕方から夜にかけては、消化吸収に関わる肝臓や胃などがオフモードに。 老廃物を排出するため、腎臓の働きが活発になります。 水分をしっかり野菜を中心としたヘルシーメニューを取り入れましょう。  

時間栄養学―時計遺伝子と食事のリズム

コチラは栄養大学副学長を始めとする専門家たちが、研究を重ねた結果がつづられた専門書。 時間と食事のメカニズムについて詳しく書かれていますよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか? 自分の生活をまずは見つめなおして見ましょう。 少しずつ改善する事で、やせ難かった体も少しずつ変化していくかもしれませんよ。
2015年11月10日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のライター

Haduki Haduki