【2018春新作コスメ】YSL(イヴ・サンローラン)「マスカラヴィニルクチュール 」や「ラディアント タッチ ブラー プライマー」が登場!

新作やコレクションが発売となるたびに、ワクワクが止まらない大人気ブランド、YSL(イヴ・サンローラン)より、またまた2018春新作コスメの情報が届きました!今回3-4月にかけて新発売となるのは、「マスカラヴィニルクチュール」「ラディアントタッチオールインワングロウファンデーション」など!今日はその内容を一足お先にご紹介していきたいと思います♪

いつでも女性たちをキラキラと輝き、自分自身がヒロインへと変身できるようなコスメを届けてくれるイヴ・サンローラン。

デパコスの中でも、その人気は特に高く、それぞれのアイテムにイヴ・サンローランを象徴するような代表的なヒットコスメが有るほど、多くの女性たちから愛されていますよね。

そんなイヴ・サンローランから2018春新作コスメの情報がまたまた届いてきました♪

さて、今回の新作コスメはどのような魅力が詰まっているのでしょうか?今から楽しみなイヴ・サンローラン2018春新作コスメの内容を早速チェックしていきましょう。

【2018春新作コスメ】3月4日発売!ベースメイクアイテム

【2018春新作コスメ】 イヴ・サンローラン フェイス

【2018春新作コスメ】 イヴ・サンローラン フェイス

なりたい肌へと仕上げてくれる、確かな実力が人気のイヴ・サンローランのベースメイクアイテムから、2018春新作コスメが発売に♡

【2018春新作コスメ】発売アイテムラインナップ

■ラディアントタッチオールインワングロウファンデーション
SPF23・PA+++
全5色 6,300円

■ラディアント タッチ ブラー プライマー
6,300円
写真左に並ぶパステルカラーのアイテムがカラーコントロールベース「ラディアント タッチ ブラー プライマー」

そして、写真右側のアイテムが、新作ファンデーションの「ラディアントタッチオールインワングロウファンデーション」です。

3月2日新発売となる2つのベースメイクアイテムについてもう少し詳しく見ていきましょう!

【2018春新作コスメ】ラディアントタッチオールインワングロウファンデーション

【ラディアント タッチ オールインワン グロウ ファンデーション】は、鏡を見ずに、ミラーフリーでも完璧な仕上がりが叶うらしい、イヴ・サンローラン2018春新作ファンデーションです。

誰でも簡単に、美しい仕上がりを叶えてくれる秘密は、水分量と水滴の大きさに秀でていて、素肌感あるヴェールがお肌の上で弾けるからなんだそうです。

その使い心地は、水ツヤという言葉がぴったり当てはまる、すーっと馴染みツルすべ感が味わえるそうですよ。

全5色から、自分の肌色似合ったカラーを選んで塗れば、一瞬にしてみずみずしいツヤ肌に仕上げてくれる新作ファンデーション「ラディアントタッチオールインワングロウファンデーション 」に注目です♡

【2018春新作コスメ】ラディアント タッチ ブラー プライマー

そして、同日発売になるのが、こちらの【ラディアント タッチ ブラー プライマー】です。

先ほどご紹介した「ラディアント タッチ オールインワン グロウ ファンデーション」と合わせて使えば、より一層美しいお肌に仕上げてくれる、カラーコントロールベースになっています。

肌色のカラーコントロールはもちろんのこと、肌をマットに均一に整える効果と、光と艶を与える効果がある優れたベースメイクアイテムなんですよ♪

毛穴・小じわ・色ムラなどの欠点をきちんとカバーしながらも、ナチュラルなツヤと透明感まで与えてくれるベースメイクアイテムで、オイルインなので、ファンデーションの前に使えば、ツヤを与え、美しい仕上がりを長持ちさせてくれるんです!
3月2日発売のイヴ・サンローラン2018新作ベースメイクアイテムの全体像は、こちらの動画で確認してみてくださいね♪

ちなみに、「ラディアント タッチ ブラー プライマー」は限定アイテムとなっていますので、お見逃しのないように…!

【2018春新作コスメ】4月6日発売♡「マスカラヴィニルクチュール」

そして、ベースメイクアイテムに続いて4月6日に新発売となるのが、こちらの【マスカラヴィニルクチュール 】です。

カラフルで、なんともフォトジェニックな見た目のこちらのアイテム、なんと、マスカラなんです!

イヴ・サンローランならではの美しい発色で睫毛を彩ってくれるんです。
一見、カラフルすぎかな?と思われるかもしれませんが、意外にもニュアンス感が出て、ヌケ感あるメイクが出来ちゃうんですよ。
カラーは全部で8色展開の豊富なバリエーションになっています。

黒とゴールドはトップコートとして使うとさりげなくラメが煌めき、お洒落な仕上がりに!

トレンドカラーのバーガンディや、アクセントとして取り入れたいフューシャピンク、ブルー、ニュアンスメイクが楽しめるダークエメラルドなどなど、気になるカラーばかりが揃っています。

大き目のブラシが睫毛をしっかりとらえ、ボリュームも出しつつ、ブラシの先端はとっても細くなっているので、ワンポイントでちょっとだけ塗りたいときでも使いやすい機能性もGOODです。

美香さん(@mikaamata)がシェアした投稿 -

グロスかな?と見間違えるほどのカラフルで、プレイフルな8色のマスカラは、その見た目もアイディアも、そして機能性や大胆さ、全てにおいてイヴ・サンローランの魅力が詰まっているように思います。

春夏のメイクにちょっぴり大胆さを取り入れてみたくなる、「マスカラヴィニルクチュール 」はそんなアイテムになっています。

全国発売は4月6日ですが、伊勢丹新宿店1F / 2F イヴ・サンローラン カラーショールームでは、1月31日より先行販売を予定しているそうなので、お近くの方は是非覗いてみてはいかがでしょうか。

まだ少し先ですが、今から楽しみなイヴ・サンローラン2018春新作コスメ。
こまめに新たな情報をチェックしておきたいですね!

イヴ・サンローラン2018春新作コスメをお見逃しなく♡

贅沢な気分を味わいながらも、どこかドキドキ、ワクワクさせてくれる【イヴ・サンローラン】のコスメ達。

そんなイヴ・サンローラン2018春新作コスメは、機能性の高いベースメイクアイテム「ラディアントタッチオールインワングロウファンデーション」「ラディアント タッチ ブラー プライマー」そして、遊び心を感じることのできるマスカラ「マスカラヴィニルクチュール」が新発売になります。

2018春新作コスメの情報が多く出ている時期ですので、是非お忘れ、お見逃しのないように気を付けてくださいね!
2017年12月13日 公開

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018春新作】《POLA》から新ベースメイク「ディエム クルール カラーブレンドファンデーション」など3/1発売♡

POLAから20代から30代の高感度の女性たちに向け、新たなベースメイクブランド「ディエム クルール」が誕生!3/1新しくデビューするベースメイクブランドから、「ディエム クルール カラーブレンドファンデーション」「ディエム クルール プライマーL」が新発売になります。今日は気になるその中身をご紹介していきたいと思います♪

10周年の【コフレドール】から“ハンサム・ビューティ”がテーマの新作ベースメイク&メイクアップアイテムが登場♡【2018春新作】

カネボウ化粧品のトータルメイクアップブランド【コフレドール】は2018年でブランド誕生10周年!そんな記念すべき節目の年を飾る新作コスメが登場します。今日は2018年2月16日発売の「ヌーディカバー ロングキープパクトUV」や3月16日発売の「 ヌーディインプレッションアイズ」などをご紹介していきたいと思います♪

【2018春新作コスメ】Dior史上最高のカバー力!【ディオール スキン フォエヴァー アンダーカバー】など優秀ベースメイクが3/2から新発売!

2018春新作コスメの話題が盛り上がりを見せていますが、Diorからは、ピンクが主役のカラーコレクションに続き、ベースメイクアイテムが新発売となります♡【ディオール スキン フォエヴァー アンダーカバー】や【フォエヴァー クッション リミテッド エディション 】は限定パッケージを纏って新発売に!今日はその内容をご紹介していきますね♪

【2018春新作コスメ】BOBBIBROWN(ボビイブラウン)”輝くヌード肌”を叶える「スキン ラディアント グロウ クッション コンパクト」等が新発売♡

個性を生かしながら、最も美しい自分を表現することのできる【BOBBIBROWN(ボビイブラウン)】のコスメたち。そんなボビイブラウンより、『Nude On Nude』を象徴する新たなベースアイテム「スキン ラディアント グロウ クッション コンパクト」等が2018春新作コスメに新登場です! 気になるボビイブラウン2018春新作コスメについてご紹介していきたいと思います。

続報!NARS(ナーズ)「2018春新作コスメ」長時間輝き肌が続く【ナチュラルラディアント ロングウェアファンデーション】が新発売♡

大人気コスメブランドNARS(ナーズ)より、2018年2月16日に登場する「スプリングカラーコレクション」に続いて、2018春新作コスメのNEWファンデーションが3月2日発売となります!長時間輝くツヤ肌をキープする【ナチュラルラディアント ロングウェアファンデーション】がデビュー♡その内容を少しだけご紹介しちゃいます♪

この記事のキーワード

この記事のライター

鈴木あづみ 鈴木あづみ