【2017最新】このネイルがやばい!超絶カッコイイ&セクシーネイル11選

一度見たらやってみたくなっちゃう素敵なネイルを集めました。気になる物があったら是非試してみて♡

重くしすぎないホワイト×琥珀ネイル

Instagram (253251)

全体的に琥珀をいれると強めなので、ホワイトと組み合わせています。先端部分のみにプリオンやブラックとの境目にゴールドのラインテープを用いて引き締めてる感じがお洒落です。

マット系×大理石ネイル

Instagram (253279)

高級感のある大理石ネイルにマットのグリーンもしくはカーキやボルドー、ネイビーなどを合わせると引き締まって見える大人カッコイイネイル。

マットピンク×ミラーネイル

Instagram (253325)

かわいい印象を与えがちなピンクの春色ネイルに根元にミラーネイルをプラスすることで一気にセクシーさが増すネイル。数本だけパステルのパープルやブルーに変えるのもおすすめ。

ブラック&レッド系セクシーネイル

Instagram (253162)

黒と赤は鉄板のカッコイイ系。この繊細なアートにプリオンをプラスしてゴージャス感アップ。目を引くインパクトネイルです。

ブラックフレンチ×シースルーハートネイル

Instagram (253134)

ハートのブラックがとてもキュートかつセクシー。指先を細く、長く見せてくれるブラックネイル。シースルーのハート柄が色気をプラスしてくれます。

ボルドー×マーブルピンクネイル

Instagram (253228)

重たくなりすぎないようボルドーに淡いピンクマーブルを組み合わせることで女性らしい指先に。さりげないストーンも女子力高め。

薔薇が色気を加える。パープル×ホワイトネイル

Instagram (253169)

全部パープルにするときつめの印象になりがちなので、ホワイトを入れる上品に仕上がります。
さらに薔薇のアートが特徴的。パールホワイトのベースにあえて白でペイントするところが魅力的。

ブラックネイル×ゼブラの組み合わせネイル

Instagram (253141)

アニマル系の中でもセクシー感が強めのゼブラ柄。配色は黒と白でスタッズでインパクトを与えて。ファッションにも合わせやすい色合いなのでおすすめ度高め。

春先おすすめチークネイル

Instagram (253192)

ナチュラルでキュートな印象のあるチークネイルですが、ピンクを薄めにすれば可愛い女子、ビビット系のピンクにすればセクシー女子ネイルの完成です。

派手目の冬カラーネイル

Instagram (253309)

全体的には派手な印象ですが、人と被らないお洒落なデザインが素敵。色味、デザイン共にカッコイイとセクシーを兼ね備えたネイルです。

大理石×ブルーネイル

d

ホワイト系はフレンチやグラデーションにするだけでもキレイ系女子に慣れちゃう便利な色。すりガラスや3Dアートも素敵ですが、カッコイイ要素をプラスするなら、ブルー系のアートがおすすめ。花だけはキュートな印象になるのでマーブルにしてみたり工夫してみて。

思い切ってカッコイイ&セクシーネイルに挑戦してみて♡

 (253392)

派手すぎるデザインは女子ウケはしても男子には不評だったり、シンプルなフレンチは男子ウケは良くとも、すぐ飽きちゃったり。でも大切なのは自分が納得するデザインになってるかどうか。カワイイ系をしてみたら、次回はカッコイイとかセクシー系のネイルを試してみたり。色んなデザインを楽しんでくださいね。
2017年3月15日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この冬1番気になる!大理石ネイル♡オススメデザインやセルフネイルの方法も♡

この冬1番気になる天然石デザイン大理石ネイル♡ お店でオーダーできるオススメデザインや自分でも簡単に作れるセルフネイルの方法をご紹介しちゃいます

秋冬はやっぱり、マットな質感のネイルに夢中♡

秋冬にぴったりなネイルの質感と言えば、マットですよね♪ 秋冬にチャレンジしたいマットネイルのデザインを集めてみました♡ あなたもマットな質感に夢中になっちゃうかも!?

最新☆2016年秋流行ネイル!可愛いネイルが続々♡

秋はすぐそこ!最新秋ネイルを先取り♪!

コンガンネイルで真夏のオシャレガ-ル💕

韓国で大流行中のコンガンネイルを紹介します。

女性の憧れ♡ティファ二ーブルーネイルで透け感◎上品な指先に♡

女性の憧れ、TIFFANY&Co.(ティファニー)のブランドカラー。 ブランドイメージはもちろん、このブランドカラーも女性を魅了しています。 今年の夏はティファニーカラーのブルーネイルが大人気! 上品で爽やかなネイルカラーで夏らしいので、ぜひチェックしてください♡

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泣き虫ぱんだ 泣き虫ぱんだ