崩れにくい!お人形さんのようなまつげに♡おすすめマスカラをご紹介!【プチプラも】

つけまやまつエクは手間がかかる上にお金もかかり維持費が大変。でもボリュームたっぷりお人形さんのようなまつげにしたいあなたにおすすめのマスカラをご紹介します♡

おすすめマスカラ♡

まつげにボリュームがあると
目がぱっちり♡
 
つけまつげの場合かぶれてしまったり、
汗でとれたりの心配も。
 
まつエクの場合維持費がとっても大変!
でも自まつげだけじゃ過ごせない・・・
そんなあなたにおすすめ!
バサバサまつげになれる、おすすめマスカラをご紹介します♡

CANMAKE

こちらはキャンメイクのクイックラッシュカーラーです。
 
キャンメイクといえばプチプラ!
こちらのマスカラもとっても安く手に入れやすいお値段となっております♪
 
こちらは普段使っているマスカラの上に使う
トップコートの役目を果たしてくれます。
塗り重ねることでパッチリと上向きまつげに!
 
イソステアロイル加水分解シルクという保湿成分が配合されており
保湿もばっちりです。
 
今回紹介しているカラーはブラックとなりますが、
透明タイプもあるのでナチュラルメイクをしたい時は
透明タイプを使うのもおすすめです◎
 
ウォータープルーフ&スマッジプルーフタイプなので
水や涙、汗や皮脂に強くこの夏に大活躍!
 
お人形さんのようなまつげになれますよ♡

ヒロインメイク

こちらはヒロインメイクのロング&カールマスカラ スーパーWPです。
 
税込1080円のプチプラマスカラです。
 
形状記憶ポリマーが配合されているので
湿気やこすれに強くカールが長時間続きます♪
 
汗や涙、水や皮脂に強いスーパーガードポリマーも新配合。
しっかりとまつ毛をコートしてくれるのです。
 
また、ツバキオイル・ローヤルゼリーエキス・アルガンオイル
野バラオイルとまつ毛美容液成分も配合しているので
まつげにとっても優しい作りになっています◎

クリニーク

こちらはクリニークの
ラッシュ パワー マスカラロング ウェアリング フォーミュラです。
 
汗や涙、皮脂にとっても強いマスカラです◎
 
マスカラ初心者の方にも使いやすく、
パンダ目になることはまずありません!
 
マスカラといえばクレンジングでも落としくく
メイクを落とすときに苦戦している方はいらっしゃるとおもいます。
ですがこちらのラッシュ パワーマスカラロング ウェアリング フォーミュラは
なんとぬるま湯で簡単に落とせるマスカラなんです。
 
カラーはつややかで深みのあるブラックになっております。

まとめ

以上、崩れにくい、お人形さんまつげになれるマスカラの紹介でした!
 
この夏、暑さにより
メイクがドロドロでパンダ目になってしまうこともありますよね。
メイクが落ちるのがいやでマスカラを避けてる方もいらっしゃると思います。 
今回ご紹介したマスカラは
汗や皮脂に強いので、この夏大活躍するはずです!
 
つけまやまつエクいらずの、バサバサまつげを作りましょう♪

@sourire.365がシェアした投稿 -

2017年8月18日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

焼けた健康的な肌の方にオススメのオレンジチークをご紹介♡

焼けた肌はとっても健康的で素敵ですよね♡ピンクやレッドチークももちろん似合いますが、魅力的に見せるのはやはりオレンジチークです。今回は色黒さんにおすすめのオレンジチークをご紹介します!

【プチプラ】クレンジングは不要!簡単に落とせるおすすめのマスカラをご紹介♡

クレンジングはとっても面倒臭いですよね。特にマスカラは落としにくくクレンジングが大変。実はクレンジングなしで落とせるマスカラがあるのです。簡単に落とせるおすすめのマスカラをご紹介します♡

【プチプラコスメ】柔らかい雰囲気になれる♡おすすめブラウン系アイライナーの紹介!

普段何色のアイライナーを使っていますか?ブラックの方が多いのではないでしょうか。ブラウンのアイライナーはとっても柔らかい雰囲気になれるのでおすすめです♡プチプラでおすすめのブラウン系アイライナーをご紹介します!

【2017夏新作コスメ】7/1発売!キャンメイク新作アイシャドウをふぉーちゅん編集部で試してみました♡

大人気プチプラコスメ、キャンメイクから新作アイシャドウが登場♡発売前の商品をふぉーちゅん編集部でチェック!

ピンクブラウンをプチプラコスメで作る!2017秋のロマンティックな艶アイメイクアイテム♡

ピンクはカラーメイクとしても取り入れやすく、ふんわりとした印象になるので女性人気はもちろん、男性からもピンクメイクを施した女性はカワイイという声が。そこに秋らしくブラウンをプラスすればロマンティックなピンクブラウンの艶アイメイクが出来ますよ♡

この記事のキーワード

この記事のライター

水鳥ゆな 水鳥ゆな