【秋冬メイク】内なる美を自分らしく引き出す♡《資生堂メーキャップ》新作コスメをマーク!

大人気資生堂ブランドのひとつ、《メーキャップ》今年の新作コスメは、内に秘めた自分の魅力を引き出してくれる、そんなラインナップになっています♡発売開始から大きな話題となっている資生堂メーキャップの秋冬新作コスメをご紹介しちゃいます♪

一人ひとり、自分らしく最高の魅力を引き出す《メーキャップ》

全ての女性が内に秘める、一人一人が持つ魅力を最大限魅力的に引き出してくれる、そんなブランドが資生堂《メーキャップ》です♡
アーティスティックな面と、資生堂の最先端の技術がぎゅっと凝縮されたコスメが、2017年秋冬女性たちを更に輝かせてくれることでしょう。

完成された美しさと、この上ない至福の瞬間が、資生堂《メーキャップ》のコスメでなら叶います

《資生堂メーキャップ》新作コスメで魅力UPが叶う♡

鮮烈な色が魅力《ルージュ ルージュ》

資生堂独自の発色とフィット感で、肌と一体感することで、肌色までもを美しく魅せてくれるルージュです♡

リッチかつクリーミーなテクスチャーが、塗った瞬間に高揚感を与えてくれる1本です。
美しいルージュルージュの赤が、すんなりと溶け込み魅力を最大限引き出す口紅です。
多彩な赤でより多くの魅力を引き出してくれる1本。8つの新色を加え、この秋冬メイク魅惑の唇を演出します♡

あなたはどのカラーでどんな魅力的な唇をメイクしますか?
新色8カラーの特徴をチェックしましょう!
OR417 Fire Topaz

OR417 Fire Topaz

■OR417 Fire Topaz
レッドを効かせた燃えるように鮮やかなオレンジが、纏うだけで大胆になれる不思議なカラーです。
RS418 Peruvian Pink

RS418 Peruvian Pink

■RS418 Peruvian Pink
ローズレッドが潜む、魅惑のピンクレッドが、周りにいる人たちを引き込むほどの魅力あふれるカラーです。
BR721 Rose Syrup

BR721 Rose Syrup

■BR721 Rose Syrup
ローズが滴るヌーディカラーで、ありのままに自分の魅力を表現してくれるカラーです。
さりげなく色っぽい、大人の唇をメイクします。
BR322 Amber Afternoon

BR322 Amber Afternoon

■BR322 Amber Afternoon
まどろむ午後のような温かみのある琥珀ブラウンが、夢心地の恋の訪れを感じるようなカラーで女性らしさをアップさせてくれます。
RS419 Primrose Sun

RS419 Primrose Sun

■RS419 Primrose Sun
大胆な赤みがかったピンクが、いつも輝いている太陽のように、ひと塗りするだけでパッと気分が晴れる人気カラーです。
2017年秋冬人気の赤みがかったピンクが、トレンド感溢れる唇を演出します♡
RD620 Curious Cassis

RD620 Curious Cassis

■RD620 Curious Cassis
上質なワインのような、バーガンディ・レッドが、人を惹きつけてやまない魅力あふれるカラーです♡ しっとりとした大人の魅力あふれる唇を作り上げてくれます。
BE323 Dusky Honey

BE323 Dusky Honey

■BE323 Dusky Honey
絹のような上品ななめらかなハニー・ヌードがとろけるはちみつのような甘美な唇をメイクします。
RD124 Desert Quartz

RD124 Desert Quartz

■RD124 Desert Quartz
ピンクとヌーディーカラーのマリアージュが、砂漠の水晶のように美しく、エキゾチックで透明感ある唇を生み出します。
人気のバーガンディー・レッドは、日本人の肌色にもしっくりと馴染み、溶け込むように美しく輝く唇を作ってくれます♡

深みのレッドが落ち着きのあるモードな印象に仕上げてくれるので、秋冬メイクにぴったりです♪

瞬きの印象を大きく変える♡《ペーパーライトクリームアイカラー》

「和紙」からインスパイアを受けて誕生したクリームアイカラーです♡

まるで和紙のようなマットな質感と軽やかな透け感を併せ持つユニークなテクスチャーが特徴です。
発色の濃淡をコントロールし、思い通りの発色が心地よくまぶた全体に広がり、美しい付けたての発色が長時間続きます!
ウォータープルーフ処方で汗や皮脂に強く、まぶたに均一に広がった発色が、付けたての美しさのまま長時間持続します♡

和風美人も叶う美しいカラーバリエーションが魅力!

■PK201 NOBARA PINK
明るくスイート中にもクールな一面も併せ持つ野ばらピンク♡

■GR302 NAMIKI BRIGHT GREEN
フレッシュな目元が叶う、生き生きとした並木グリーン♡

■YE303 YAMABUKI YELLOW
鮮やかなイエローで、高揚感高まる圧倒的なエネルギーが魅力の山吹イエロー♡

■VI304 SHOBU PURPLE
日本画でも強烈な存在感を放つ、凛とした雰囲気に仕上がる菖蒲の花のパープル♡

■GR705 HISUI GREEN
古くから占いなどに使われてきた神秘的な力を宿す、翡翠グリーン♡

■BL706 ASAGI BLUE
控えめで落ち着きある色味が、和風美人に仕上げてくれる、日本の伝統的カラーの浅黄ブルー♡

■OR707 SANGO CORAL
ピンクとオレンジが自然に織りなすナチュらるな色合が、暖かく安心感を与えてくれる珊瑚コーラル♡

■GY908 USUZUMI BEIGE GRAY
水に溶けった柔らかな墨のように、肌に馴染む落ち着きのあるグレージュ♡
ナチュラルに色づく翡翠グリーンを使用♡透明感あるピュアに輝き、奥ゆかしい日本人らしさが香る目元に仕上がります!
2017年秋冬トレンドのオレンジ系カラーは、珊瑚コーラルで、同じく大人気のパープルシャドウを菖蒲パープルで取り入れると、今っぽさ漂う目元を作れます♡

マットなのにシアーな質感が魅力あふれる大人の目元をメイクしてくれます!

ドラマを描く視線をメイク♡《インクストローク アイライナ―》

滑らかで濃厚な墨のイメージに色の楽しさをプラスしたジェルタイプのアイライナーです♡

リッチな発色で、驚くほどなめらかに思い通りのラインが描け、存在感ある目元を作り出します。
滑らかに描かれるラインが、印象的な目元を作り上げてくれるジェルアイライナー。
ウォータープルーフ処方で、付けたての美しさを長時間キープします。
インクストロークアイライナー専用のブラシです。
細部までこだわり抜いた設計により、太く大胆なラインから、繊細なラインまで思い通りのラインを描くことができ、安定感のあるグリップが、ブレを防いでスムーズなストロークをサポートします!

2017年秋冬メイクは《資生堂メーキャップ》で和風美人♡

今日は大人気資生堂ブランド《メーキャップ》の秋冬新作コスメについてお届けしました♡

墨や和紙など「和」のものからインスパイアされて誕生した2017年秋冬コレクション。
今まで知らなかった自分の中にある魅力を最大限引き出してくれる、こだわりの詰まったコレクションです!

2017年秋冬は資生堂《メーキャップ》の新作コスメで、今まで気づいていなかった自分の魅力を開花させ、最高の自分をメイクしてみてはいかがでしょうか♡
2017年9月13日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017年秋冬コスメ】運命の1本を見つけて♡《シャネル、YSL、etc》濃密ツヤ唇を作れる新作リップ♡

各ブランドから秋冬新作コスメが続々と登場していますよね♡そんな中、やっぱり気になるコスメと言えばリップアイテムです♪今日は大人気ブランドから発売中の秋冬新作リップをまとめてご紹介しちゃいます♪

国産ミネラルコスメで人気♡《ETVOS(エトヴォス)》”秋冬新作コスメ”でお肌に優しくトレンドメイク♡

お肌本来の力を呼び覚ます、国産ミネラルコスメとして大人気のコスメブランド《ETVOS》。 今日はETVOSの魅力たっぷりな秋冬新作コスメと、お肌に優しいトレンドメイクを一緒にご紹介しちゃいます♪

【2017秋冬新作コスメ】洗練された大人の女性へ♡《ALBION(アルビオン)》から9.18発売のポイントメイクアイテムをチェック

スキンケアアイテムで有名な【ALBION】ですが、実はコスメアイテムも大人の女性の美を引き立ててくれるアイテムが充実のラインナップで揃っているんです!今日は、そんな【ALBION】から9.18デビューの2017年秋冬新作&新色をご紹介したいとおもいます。

【2017年秋冬新作】発売まであと少し!《ランコム》#ラプソリュグロスのおすすめカラー&HOW TOメイクをチェック♡

人気ブランド《ランコム》の秋冬新作グロスがいよいよ9月15日~発売開始となります!発売前からその濃密なツヤと発色で話題となっている#ラプソリュグロス♡ヒット間違いなしのおすすめカラーやワザありメイク方法を今からチェックしておきましょう♪

今季トレンド”立体小顔メイク”に欠かせない!ベースメイクアイテム【マルチパレット】をマーク♡《シャネル、RMK、etc》

2017年秋冬は、陰影を利用しメリハリの効いた立体小顔メイクがブームとなっていますよね♡そんな立体小顔メイクに欠かすことのできないベースメイクアイテムと言えば、断然【マルチパレット】です!人気ブランドのシャネルやRMKからも新登場しているマルチパレットをご紹介していきます♡

この記事のキーワード

この記事のライター

鈴木あづみ 鈴木あづみ