人気急上昇中の無印良品【ブルー下地】に注目♡おすすめの使い方も紹介!

透明感溢れる白い肌は、誰もが憧れますよね。そんな透明感のある白肌に近づけるのが、今回注目した無印良品のブルー下地♡口コミでも評判になっていますので、ぜひ一緒にチェックしてみて下さい♡

無印良品のブルー下地が大人気♡

カラー下地は、ピンクやパープルなどが人気ですよね!しかし、今話題なのはブルー下地♡ブルー下地は、透明感が出て肌をワントーン明るく見せてくれる効果があるので、白肌になれると人気を集めています。

とくにプチプラで優秀と人気を集めているのが、無印良品のブルー下地。お店によっては、欠品が出るほどの人気ぶりです♡
無印良品のブルー下地は、なんと嬉しいSPF50+・PA+++というUVカットが付いています。ですから、これ1つでしっかりと紫外線対策できる優れもの。紫外線吸収剤フリーなので、肌にも優しいところもさすが無印良品です♡

植物性うるおい成分も配合されているので、潤い効果もちゃんとある下地!今までカラー下地を使ったことがない!という方にも手に取り入れやすいお値段も嬉しいポイントです。
無印良品のブルー下地は、やはり白肌になれるところが魅力的。しかし、塗りすぎると変に白くなりすぎたり、気分が悪そうに見えるので使う量がとても重要です♡肌を白く見せれる以外にも、黄くすみを飛ばしてくれたり、茶グマをカバーしてくれる嬉しい効果が盛りだくさん。

顔全体に使っても良いですし、ハイライトのように部分だけ使うなど使い方も様々です。伸びの良い下地なので、とても塗りやすく使い心地も◎いつもより肌を白く見せることによって、チークなどの色が栄える効果も期待できます。

おすすめの使い方を紹介!

無印のブルー下地を単品で使うのも、もちろんOKですが、セザンヌの皮脂テカリ防止下地と混ぜて使うのがおすすめ♡ブルー下地のみで使いますと、白くなりすぎて白浮きしてしまう可能性がありますのでそれを予防できます。

また、セザンヌの皮脂テカリ防止下地は、メイク崩れを予防してサラサラとした肌へ導いてくれるので汗をかいてもよれにくい最強下地に!ブルー下地の透明感もプラスされ、肌が驚くほど綺麗に見えます。
無印良品のブルー下地とセザンヌの皮脂テカリ防止下地の混ぜる割合は、人それぞれです。透明感や白さを強く出したい人は、ブルー下地を多めに!血色感を大事にしつつ、透明感を少しプラスしたい人はセザンヌの皮脂テカリ防止下地を多めに混ぜてみましょう。
セザンヌの皮脂テカリ防止下地は、648円という嬉しいリーズナブルな価格で手に入ります。セザンヌの中でも、大ヒット商品でプチプラなのに使えると有名の下地です。ぜひ、上手く無印良品のブルー下地と組み合わせて、より最強な下地を作ってみて下さいね♡

ブルー下地を上手く使って白肌美人へ♡

もいさん(@moi__43)がシェアした投稿 -

無印のブルー下地は、いかがだったでしょうか?ぜひ、ブルー下地を上手く使って透明感溢れる肌を手に入れて下さいね♡
2017年9月27日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【セザンヌ】のプチプラ【ブルー下地】でワントーン明るい透明感溢れる肌へ♡

最近流行りのブルー下地♡その中でも今回は、プチプラで買いやすいセザンヌのブルー下地に注目してみました。ぜひまだ使ったことがない!という方は、注目して見てみて下さいね♡

【2017夏】プチプラなのに優秀!崩れないオススメ下地をご紹介♡

化粧崩れが恐ろしいこの季節・・・メイクが汗でドロドロに崩れてしう、なんてこともありますよね。今回はプチプラで崩れにくいオススメの化粧下地をご紹介します♡

ナチュラルメイクはベースが命♡【トレンド】オススメカラー下地!

ナチュラルメイクをしてもベースメイクが厚塗りだったり、色味が合っていなかったりすると浮いてしまいますよね。今回は一番最初に塗る下地、トレンドのカラータイプのものを紹介します♪ 自分のお肌に合った色味が見つかると透明感のあるスッピン肌に生まれ変われるはずです♡

毎日のアイメイクが劇的に変わる?プチプラで優秀な【アイシャドウベース】4選♡

せっかく綺麗なアイメイクが完成しても、時間がたつとヨレてしまったり、パンダ目になってしまったりするととても残念ですよね!そこで今回は、アイメイクの持ちや仕上がりを良くするアイシャドウベースを紹介します♡

【隠れた名品】優秀なのは下地だけじゃない!CEZANNE(セザンヌ)のファンデーションに注目

プチプラコスメで有名な「CEZANNE」(セザンヌ)の人気商品と言えば、ピンクのパッケージの化粧下地。でも、セザンヌのベースコスメの優秀アイテムはそれだけじゃないんです。今回は1000円以内で購入できるのにとっても優秀なセザンヌの「UVファンデーション」をご紹介!

この記事のキーワード

この記事のライター

さくら ゆうこ さくら ゆうこ