レッドカーペットを歩くヴィーナスが愛用する3000円以下の超優れものコスメ♪今【MAYBELLYNE】から目が離せない

カンヌ国際映画賞、グラミー賞などセレブが集まる授賞式は美のお手本が目白押しです。レッドカーペットの上をさっそうと歩くヴィーナスたちの輝きは必ずしも高級なコスメを使用しているわけではありません。ハリウッド女優や世界のトップモデルを手がけるメイクアップアーティストたちがこぞって選ぶMAYBELLYNEの優秀なコスメの数々。世界の表舞台で活躍するプロが選ぶにはそれなりの理由があったのです。

高級ブランドに負けない知名度と最先端を走るMAYBELLYNE

 (207827)

いまやメイベリンの顔となったGigi hadid(ジジ・ハディッド)。「ずっと憧れていたブランドの顔になれるなんて光栄だわ」と語っているように、モード雑誌の表紙を次々と飾るトップモデルのジジも愛してやまないメイベリンコスメの数々。女性のなりたいに必ずこたえてくれるのがMAYBELLYNEコスメの人気の理由です。

一線を画す優秀ファンデーション

メイベリンの代表格といえばミネラル成分で作られたお肌に優しい化粧水生まれのファンデーション。余計な油分を吸着する成分が配合されているので油浮きが悩みという方にはお勧めです。TVで活躍中のメークアップアーティストたちが勧めるスポンジタイプのファンデーションはリキッドタイプのように厚塗りの心配もなく、パウダーファンデーションのように白浮きすることもなくいいとこどりなのです。
メイクに慣れていない女子にもお手軽に使用できるファンデーション。
毛穴レスになりたいなら下地やパテを駆使して毛穴の凹凸を埋めるのが常識だったはずなのにMAYBELLYNE「ドリームホイップスムースリキッド」は、なんと毛穴レスと肌呼吸を同時に可能にしたのです。泡立てたばかりのホイップのようなファンデを肌に優しくのせれば毛穴レスで美しいベースが出来上がります。手に取った人にしかわからない極上の肌触りをぜひ試してみてください。

今年のアイメイクは艶のある目元

つける人を選ばない自然な配色でロングセラーのアイシャドウ。パレットの配色がグラデーションになっているのでヘルシーな目元にも奥深い演出も自由自在。今季注目のピンクアイや、オレンジアイにも対応する配色で最先端のアイメイクも楽しめます。どんな装いも目元は艶っぽく男性の視線を釘づけにしてください。
マスカラ史上最高傑作といえるメイベリンのボリュームマスカラ。マスカラの売り上げは堂々の世界一位を誇ります。根本は濃密に目元の印象をより強く、先端へいくほど花開くように美しく毛先を立ち上げます。言わずと知れた間違いない1本です。
メイベリン×リトルツインスターのコラボレーション商品は今だけ限定のキキとララのデザイン。これを逃したら二度と手に入らないかも。ポーチからさりげなく取り出した時に目をひきそうです。

最後に

 (207865)

いつ見ても、どのシーンでも魅力を放つジジ。存在自体がセレブリティですが、その仕上がりはMAYBELLYNEの超優秀なコスメにありました。クールな気分の時も愛される可愛い少女のようになりたいときも工夫次第で夢をかなえてくれる魔法のようなMAYBELLYNEコスメの数々。レッドカーペットや数々のイベントで妖艶に七変化するヴィーナスの秘密がMAYBELLYNEにありました。
2017年2月4日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017夏新作コスメ】7/1発売!キャンメイク新作アイシャドウをふぉーちゅん編集部で試してみました♡

大人気プチプラコスメ、キャンメイクから新作アイシャドウが登場♡発売前の商品をふぉーちゅん編集部でチェック!

プチプラでも使える!デザインもオシャレなメイクブラシをご紹介♡

みなさんメイクブラシは使っていますか?今はいろんなブランドのアイテムがあってどれが良いのかわかりません。今回はプチプラの使えるアイテムを集めてみました♡

【2017夏メイク】トレンドメイクは「ネイビー」で決まる♡人気&新作コスメ5選

2017年夏のトレンドメイク【ネイビー】を使ったメイク&コスメをご紹介します。プチプラコスメから定番人気アイテムまで今年のトレンドにぴったりのものばかりですよ♡

あや猫が教える、新しくなったJILLSTUART(ジルスチュアート)のジェリーアイカラーでガーリーメイク。

JILLSTUARTの大人気アイシャドウ「ジェリーアイカラー」がリニューアル!今回はこちらから4色と限定1色を使用してメイクいていきたいと思います♡

すっぴん風メイクの極意とは?元美容部員のメイク方法♡

「すっぴん風メイク」とは?あなたはこの問いに答えることができますか?すっぴんとすっぴん風メイクの違いは何かみていきましょう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bambina bambina