【メイク】シャネル レ キャトル オンブルで作る秋顔♡

シャネルのコスメはいつだって女性を綺麗にしますよね♡ 今回はシャネルのレ キャトル オンブル268を使った秋メイクをご紹介します♡

レ キャトル オンブル

レ キャトル オンブル

シャネルのレ キャトル オンブルシリーズ。
カラーバリエーションも豊富で「どれを買おうか?」「どのカラーが自分に合うのか?」
が迷ってしまいますよね?
今回はシャネルのレ キャトル オンブル「268」を使った秋メイクをご紹介します♡
この優秀シャネルコスメで秋を取り入れちゃいましょう♡

レッド寄りのブラウンがトレンド♡

シャネル レ キャトル オンブル268

シャネル レ キャトル オンブル268

今年のトレンドは「赤」です。
特にシャネルは「赤」を多く取り入れたカラーを発売しています。
4色のアイシャドウパレットです♡
ブラウン色が配色されていますね。
その中でも、ひと際目立つのが赤色です。
今年のトレンドをしっかりと抑えた赤です♡
さすが、シャネルといったところですね♡

このパレットを使ったメイク方法は??

シャネル レ キャトル オンブル268

シャネル レ キャトル オンブル268

シャネル レ キャトル オンブル268

シャネル レ キャトル オンブル268

①をアイホール全体に塗ります。
②を目を開けた時に見える範囲まで塗ります。
④を②と重なるように塗ります。
③を目の際に塗ります。
パッと明るくなりますね♡
パレットの見た目ほど強すぎず発色していますね。
赤も他のブラウンカラーと馴染み、浮くこともなくマッチしています。
ブラウンカラーなので、自然に奥深い立体的な目元を演出できます。
大人っぽい落ちついた雰囲気の中にも、女らしさが残るメイクです♡

下まぶたにON!で色っぽさをだして♡

アイメイク

アイメイク

パレットの右下にあるブラウンを目尻側だけにON♡
全部は付けずに、目尻だけというのがポイントです。

赤がインパクトのあるメイクが完成しました♡
すごく大人っぽく、色っぽいですね♡
全体に、赤をベタっとつけつのでなくポイントメイクとして使用するのがポイントのようです。
あまり、「赤系統が似合わない・・・。」「チャレンジしたいけど難しそう・・・。」
という方にも向いているかもしれません♡

赤系統のアイシャドウ、チークはオレンジorベージュで♡

赤系統のアイシャドウはどうしてもインパクトが強くなりすぎに・・・。
そんな時にいつものチークだと、バランスが悪くなってしまいます。
そんな時は薄くオレンジチークやベージュチークをつくるといいようです♡
ベージュチーク

ベージュチーク

ふんわりと薄く発色するようです。
このチークは、「元気」「活発」に見せるオレンジチークというより肌を健康的に見せる効果があるようです♡
オフィスやパブリックなシーンでも使えると好評です。
コーラルとオレンジのあいまいな色味が、肌を輝かせてくれるようです。

最後に

今回はシャネルレ キャトル オンブル268を使った秋メイクをご紹介しました♡
トレンドの「赤」で最旬メイクを手に入れちゃいましょう♡
2016年10月17日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《2017年夏新作コスメ特集!》 夏らしいポイントメイクを♡【THREE・ポール&ジョー・シャネル・ジルスチュアート・アナスイ他】

2017年4月から、続々と発売される夏の新作コスメたち♡ 人気ブランドの新作コスメはもちろん、限定コスメまでをまとめてチェック!

【2016年】シャネル秋の新作コスメコレクションは「赤」がテーマ!

秋メイクは、やはりボルドー!カラーをたくさんいれてフェイスに彩りを♡ 王道の赤リップはどこのブランドも最注目のカラーに!

『CHANEL (シャネル)』からまだまだ続く♡【2017夏新作コスメ】のアイシャドウパレットなど発売!

長年人気の『シャネル』から2017年夏新作コスメの新たな情報が♡ アイシャドウパレットやチークなど、気になる新作アイテムを紹介しちゃいます♪

2017夏新作コスメ!シャネルから単色パウダリー&クリームアイシャドウが登場♡

この夏、人気ブランド「シャネル」より新作コスメが発売されることがわかりました!登場するのは「オンブルプルミエールアイコレクション」。豊富なカラーのシングルアイシャドウです。今回はこの新作コスメ情報をいち早くお届けします!

シャネル ルージュココがリニューアル♡グロス&ネイルも新色登場✨【2017春夏コスメ】

シャネルの大人気リップ❝ルージュココ❞がリニューアルして3月17日から続々発売されることがわかりました♡グロスやネイルも春の新色が登場✨見逃せないアイテムを詳しくご紹介していきます✨

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

zabi zabi