春メイクに欠かせない♡プチプラ【ピンクアイシャドウ】を一挙紹介♡

春が近づくにつれ、メイクも春らしくしたくなりますよね♡そこで欠かせないのは、ピンクアイシャドウです。今回は、そんな春メイクにぴったりな、プチプラで買えるピンクアイシャドウを紹介します!ぜひ、参考にお気に入りのピンクアイシャドウをゲットしてみて下さいね♡

ピンクアイシャドウを取り入れて♡

ピンク

ピンク

春メイクに欠かせないピンクアイシャドウは、いろいろなブランドから出ています。そこで今回は、プチプラで買えるピンクアイシャドウを紹介します♡

同じピンクでも、淡いピンクや濃いピンクなど様々です!ぜひ、ここで紹介したものを参考に、理想のピンクアイシャドウを手に入れて下さいね♡

ジューシーピュアアイズ

こちらは、濡れたようなツヤを出してくれるピンクアイシャドウになります。1つで立体的な目元になれるアイシャドウで、品があるキラキラ感がとても人気です♡

口コミでは、見たままの発色でとても使いやすいピンク!などピンクが似合わないと感じる方なども、挑戦しやすいピンクのアイシャドウになっています♡

見ためもとても可愛いですよね!ぜひ、ピンクアイシャドウをあまり使わない!という方も、まずはこちらのアイシャドウから始めてみませんか?♡

マジョリカ マジョルカ ジュエリングアイズ

こちらは、伸びがよくとても使い心地が良いピンクアイシャドウになります。4色とも使いやすい色で、これ1つでアイメイクが完成しちゃいます♡

とくに右上の薄ピンクは、まぶたに馴染みやすく控えめなラメと色が人気です。見ための可愛さにも定評があり、捨て色がないので他の色も欲しくなる!とこのアイシャドウシリーズを集めたくなる方もいるようです。

ぜひ、気になる方はチェックしてみて下さいね♡

セザンヌ エアリータッチシャドウ03

こちらは、落ち着いたピンクが楽しめるモーヴピンクのアイシャドウになります。こちらは、軽い付け心地のアイシャドウで、マットな仕上がりになるのが特徴です。

キラキラ感は少ししかありませんので、職場などでも活躍するアイシャドウだと思います。大人な雰囲気の落ち着いたピンクは、とても新鮮で可愛らしい目元に仕上げてくれます。

コスパも最高です♡

エクセル シャイニーシャドウN

こちらは、肌に馴染みやすいヌードピンクのアイシャドウになります。ひと塗りで、華やかなキラキラ感を演出できるアイシャドウです♡

キラキラ感だけではなく、品のあるツヤもまぶたに出してくれるので表情がパッと明るく見えます。口コミでは、発色が良く持ちも良い!顔のくすみが消える気がする!などの声が上がっていました。

まぶただけではなく、中には涙袋にも愛用している方もいるようです。ぜひ、キラキラのピンクアイシャドウで、明るい目元を手に入れて下さい♡

ピンクでキュートな目元に♡

ピンク

ピンク

プチプラのピンクアイシャドウは、いかがだったでしょうか?今までアイシャドウにピンクはあまり使っていなかった...という方も、挑戦してみたくなったと思います。

ぜひ、ここで紹介したピンクアイシャドウを参考に、お気に入りのピンクアイシャドウを見つけて下さいね♡
2017年2月20日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

透明感のある上品なツヤ肌を作る♡プチプラ【ピンクハイライト】4選♡

ハイライトによって、肌のきれいさや印象は変わるもの。そこで今回は、肌に透明感を出して上品なツヤをプラスしてくれる、ピンクハイライトを紹介します!ぜひ参考にしてみて下さいね♡

【2017秋コスメ】キャンメイク・セザンヌの新作コスメでプチプラ《パープル》メイク♡

プチプラコスメの代表、キャンメイクとセザンヌの秋の新作に《パープル》が使われています!今年の秋冬メイクは、パープルが来る予感♡この記事では、キャンメイクとセザンヌのパープルコスメとメイク方法をご紹介していきます!

永遠のど定番・ブラウンアイシャドウパレット♡ 買い換えるなら、コレ!

普段使いにもってこい、定番のブラウンのアイシャドウ。買い換えるならコレ!というおすすめパレット、集めました♡

泣いても落ちません♡崩れないアイメイクを叶える「プチプラ神コスメ」特集

毎日のメイクの中でも特に力が入るアイメイク。でも、時間が経つと共に色が落ちてきたり滲んできたり…そんなことってありますよね。今回はそんな悩みを解決すべく、キープ力抜群のアイメイクコスメをカテゴリ別に一挙ご紹介します。

秋のメイクはボルドーが主役♡プチプラで購入できるアイシャドウまとめ♪

ボルドーと言えば、秋の主役色ですよね。ファッションや小物に取り入れてみるのも良いですが、メイクに取り入れてみるのもとっても可愛いですよ♡まずは、ボルドーメイクができるプチプラアイシャドウからチェックしてみましょう!

この記事のキーワード

この記事のライター

YUKO YUKO