春メイクは可愛い&キレイが一番♡ピンク・ベージュ系のBBクリームを3つご紹介!

桜の花をはじめ、春は「カワイイ」系が映える季節。コスメコーナーもピンク系が増えて、一気に華やかになりますよね。本記事では、そんな春にピッタリの「ピンク系」BBクリームについて紹介します。

「春」感が可愛い♡ピンクのBBクリーム

クリーム

クリーム

春と言えば「ピンク」な季節。リップやネイルを始めとして、コスメコーナーも桃色系で可愛らしくなってきます。

そんな中、おすすめしたいのが「ピンク系BBクリーム」。

肌になじみやすい色で、しかも春らしい華やかな雰囲気も演出できます。春にピッタリ、可愛くて綺麗なメイクのために活用するのもおすすめです♪

「ピンク」の与える効果

桜

ピンクといえば「ハート」。そんなイメージにもある通り、ピンクは親しみやすい雰囲気を醸し出すのに役立つとされています。

具体的には「可愛らしさ」「甘え上手感」がその代表。キュートな雰囲気を引き出したい時、まさにピッタリな色合いかもしれませんね。

【ピンク系限定】おすすめのBBクリーム3選!

1.トワニー リピッドウェアBB

赤ちゃんのプルンとした肌をもとに設計された成分・ベビーウォーターリピッドと、ボタニカル(=植物由来)の保湿成分を配合したBBクリーム。

肌のうるおいを守りつつ、カバー力もしっかり有り。素肌感あふれる美しい肌の演出に最適です。

2.ちふれ BB クリーム (ピンク オークル系)

保湿クリーム・美容液・乳液・UVカット・下地・ファンデーションの役割を1本で叶える、忙しい朝にも便利なタイプです。

ヒアルロン酸やオウゴン根エキスを配合して保湿力もバツグン。キメ細かで美しい肌を演出しつつ、素肌のうるおいも守ってくれる1品です。

3.ママバター BBクリーム (ピンクベージュ)

妊婦さんや赤ちゃんといった「デリケート」体質の人でも使えるようにと願いをこめられたブランド・ママバター。

シアバターをはじめ、8種の植物成分による保湿。そして、1本でしっかり「紫外線カット」「美容液」「下地」「ファンデ」の役割を果たします。

カバー力が高く、艶めく美肌の演出にもおすすめです。

忙しい朝もしっかり美肌♡3ステップのBBクリーム付け方

クリーム

クリーム

BBクリームを美しく塗るために守るのはこの3ステップ。

1.真珠1粒くらいの大きさを手に取る。
2. 鼻→頬→口→あご→額の順で、内から外へ広げるように塗る。
3.気になる所は、手に残ったBBクリームを重ねて付ける。

BBクリームの量は、あまり使いすぎないのがオススメ。面積の広くない額と鼻に真珠を1粒分、頬とあごには真珠を2粒分、くらいの量が最適です。

中から外へと塗っていくことで、自然なカバー&ツヤの演出がしやすくなります。

ピンクのBBクリームで春っぽメイクを楽しも♡

女性

女性

ピンクのBBクリームは、春の季節にピッタリなタイプ。

桃色ベースの美しい色合いで肌を健康的に見せ、可愛らしい雰囲気も演出してくれます。可愛い系美人メイクをしたい時、ぜひ活用してみてくださいね♪
2017年3月6日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017夏コスメ】スキンケアで定評のあるLISSAGEから美容液BBクリーム「カラーメインテナイザー」が発売!

スキンケアで定評のあるカネボウのブランド「LISSAGE」を知っていますか?その「LISSAGE」から美容液でもあり、ファンデーションでもあるBBクリームが5月16日に新発売されます。発売前にぜひチェックしてください!

【弘前さくらまつり100周年】一度は見たい桜の名所♡ゴールデンウィークは弘前へ!

日本有数のさくらまつり「弘前さくらまつり」は今年で100周年を迎えます。ぜひ一度は見てほしい弘前の桜、さくらまつりはゴールデンウィークの期間中となっているので、ぜひ遠くに住んでいるという人も足を運んでみてはいかがでしょうか。

【雑誌】美的5月号付録は超高級美容クリーム!美脚サンダルもついて豪華に3/23発売♡

大人の女性向けの雑誌「美的」の5月号は、創刊16周年記念号としてとっても豪華な付録がついています。カネボウの高級美容クリームに美脚サンダルなど、美容を意識する人にとってはうれしいアイテムばかり。ぜひチェックしてみてください。

【プチプラ】セザンヌから春の新商品が登場♡色つやリップやアイシャドウなど♪【2017春夏】

3月22日、プチプラで優秀なアイテムがそろう❝セザンヌ❞から、春の新商品がたくさん発売されることがわかりました♪色つやリップやアイシャドウ、コンシーラーやUVファンデまで、全て1000円以下で買えちゃいますよ♪

【2017年最新版】都内在住ライターが選ぶ|都内でゆっくりお花見ができるスポットベスト3!

上野公園や新宿御苑、代々木公園、千鳥ヶ淵など、本数が多いことも有名ですが、何と言っても「人が多くてゆっくり楽しめない!」「場所取りが大変!」という方は、広大な敷地のある公園でのお花見がおすすめ。ベストスポットを教えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

西本朝香 西本朝香