デパコス以上?!【プチプラコスメ】の単色ラメシャドウが優秀すぎる♡

キラキラなメイクに欠かせないラメの入ったアイシャドウ。実は、プチプラでもデパコス以上に使える商品がたくさん発売されているって知っていましたか?今回は、プチプラで買えるおすすめのラメシャドウをご紹介致します♡

単色ラメシャドウと言えば、ADDICTION!

ADDICTION アディクション

ADDICTION アディクション

単色ラメシャドウといれば、アディクションの『マリアージュ』が鉄板ですよね。しかし、人気すぎて手に入らなかったり、デパコスの単色シャドウは中々手が出せないという方。

実は、プチプラコスメでも、マリアージュの様なキラキララメの単色シャドウが手に入るんです!実際に、口コミなどを見ても、マリアージュと仕上がりが似ているという情報もたくさん♡

キラキラメイクが好きな方にはもちろん、普段はナチュラルメイクでたまにしかキラキラメイクはしないという方にも、プチプラコスメなら試しやすいですよね♪

それでは、早速プチプラでゲットできる単色ラメシャドウをチェックしてみましょう!

CANMAKE

カラー

カラー

プチプラコスメといえば、はじめに思い浮かべるのがキャンメイクではないでしょうか。もちろん、キャンメイクにも単色ラメシャドウがあります。

定番のゴールドはもちろん、可愛らしいピンクやグリーンなど、可愛らしいカラーも豊富♪ジュエリーのようなパッケージも気分が上がりますね♡

ESPRIQUE

アイカラー

アイカラー

SNSなどでも人気沸騰中の、エスプリークのセレクトアイカラー♡

こちらは、ざくざくラメというよりも、大人っぽい艶のあるラメ感なので、デイリー使いもしやすくてオススメ!なんと、全色にダイヤモンドを砕いたパウダーが入っていて、くすみがちな目元も明るく保ってくれるそう♡

ダイヤモンドをイメージさせるような見た目もとっても素敵ですよね。

上品な目元が作れるので、プチプラコスメの中でも大人にも使いやすいおすすめの単色ラメシャドウです。

RIMMEL

リンメル

リンメル

こちらは、アディクションのマリアージュと似ていると評判のリンメルプリズムパウダーアイカラー♡

004のカラーが、マリアージュとほぼ同じに見えます。お値段も、約半分くらいで買えちゃうので、気になっている方は、ぜひ試してみてください♪どのカラーも発色抜群なので、全部欲しくなっちゃいますね!

MAJOLICA MAJORCA

プチプラコスメの先駆け、マジョリカマジョルカ♡

単色シャドウのカラバリも豊富で、パッケージも可愛すぎますよね。しかも、シャドーカスタマイズは、ひとつワンコインで買えちゃうのもびっくり!!繊細なラメなので、目頭などにも使いやすいですよ♡

集めたくなっちゃう可愛さ♡

いかがでしたか??

どのカラーも可愛すぎて、見てるだけで欲しくなっちゃう単色ラメシャドウ♡好きな組み合わせでメイクが楽しめるのも単色ラメシャドウのいいところですよね。

今回紹介した商品は、どれも人気の物ばかり。それぞれ、ラメや質感も違うので、ぜひ好みの単色ラメシャドウを見つけてゲットしてみてくださいね♡
2017年6月7日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ラメなしのマットな【ブラウンアイシャドウ】で自然なデカ目を手に入れよう♡

ラメのあるアイシャドウはとても華やかで魅力的ですが、ラメの入っていないマットなアイシャドウもとてもキュート♡マットアイシャドウは、自然なデカ目に近づけてくれる嬉しい効果もあるので、ぜひ一緒にチェックしていきましょう。

【プチプラ】激安!?500円で買えるマジョマジョのシャドーカスタマイズが大人気♡

マジョリカマジョルカの「シャドーカスタマイズ」が人気なのはもう知ってる?マジョマジョの愛称で愛されてるマジョリカマジョルカはデザインが可愛いことで有名ですよね♡今回はプチプラで低価格のマジョリカマジョルカのシャドーカスタマイズを紹介♡

【2017夏 新作コスメ】7/1発売!キャンメイクから新作アイシャドウが登場♡

キャンメイクで人気のアイシャドウ「パーフェクトスタイリストアイズ」に2色の新色が登場します。さらに、ラメが輝く新作のアイシャドウ「ジュエリーシャドウベール」も発売となります。ユーザーの声を受けて作られた商品とのことですから、これを待っていたという人も多いのではないでしょうか。

【2017夏コスメ】美容ライターrinaがRIMMEL(リンメル)新作アイシャドウ使ってメイク♡

クオリティの高さで人気のプチプラコスメブランド「RIMMEL(リンメル)」。そんなRIMMELから、新色アイシャドウが発売されました!夏に大活躍間違いナシ!のRIMMELキラキラアイシャドウをご紹介いたします☆

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nori nori