化粧崩れってなぜ起きるの?プチプラでできる化粧崩れ防止対策

気温が高い時期になると、化粧崩れに悩まされる人は多いですよね。そもそも、化粧崩れはなぜ起きてしまうのでしょうか。その理由と、プチプラでできる対策法についてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

汗をかく季節のお悩み「化粧崩れ」

夏

汗をかく季節になると、化粧崩れに悩むという人も多いのではないでしょうか。
化粧崩れが嫌だから、早めに職場に行って会社でメイクをするという人もいるかもしれません。
けれども、化粧が崩れるのはお仕事の時だけではありません。
お出かけやデートなど、なるべくメイクが崩れないように過ごしたいものですよね。

化粧崩れの原因は皮脂や水分

水滴

水滴

化粧が崩れてしまう原因は、肌から出てくる皮脂や汗などの水分です。
雨など、外部の水分が原因となることもあります。
しかし、外部の水分を避けるのはともかく、汗や皮脂というのは人間の自然な代謝の中で出てくるものなので、ある程度の工夫で抑えることはできてもゼロにするのは不可能です。
メイクが崩れにくくなる工夫をしつつ、ある程度はこまめにメイクを直すことも必要になります。

乾燥が原因のことも

保湿

保湿

皮脂が原因だからといって顔の脂を落とすようなアイテムばかり使っていると、逆に皮脂が多く出てきてしまう場合もあります。
皮脂は肌にとって必要なものですので、皮脂を落としすぎてしまうと体は皮脂が不足していると感じて余計に皮脂を出してしまうことがあるのです。
これを防ぐためには、逆にしっかり保湿をすることが必要になります。

まずは、洗顔の際にこすったりしすぎないことが重要です。
ふんわり泡立てた洗顔料で、優しくなでるように洗ってみてください。
それだけで、不要な汚れは十分に落ちます。

スキンケアの際には、たっぷりと化粧水を使いましょう。
安い物でも良いので、とにかく惜しげなく使うことが大切です。
化粧水を塗っただけでは水分が逃げてしまいますので、乳液やクリームなどでフタをすることもお忘れなく。

汗止め帯を使う

汗止め帯

汗止め帯

顔に汗をかくのを予防するアイテムとして汗止め帯というものがあります。
ワキの下の部分に帯状のひもを巻くことでそれより上の部分に汗をかかなくなるアイテムです。
京都の舞妓さんが使っているのが起源となっているアイテムなのだとか。

顔をはじめとした上半身に汗をかかなくなる分、下半身に汗をかくようになりますので体に悪いということはありません。
顔に汗をかくことに悩んでいる人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

ウォータープルーフのコスメを使う

ウォータープルーフ

ウォータープルーフ

メイク崩れを防ぐには、なるべくウォータープルーフのコスメを使うようにすると良いでしょう。
最近ではプチプラアイテムでもウォータープルーフになっているものがありますから、ぜひドラッグストアなどでチェックしてみてください。

眉ティントは便利

眉ティント

眉ティント

夏の季節には特におすすめしたいアイテムとして、「眉ティント」というものがあります。
これは、塗って乾かしてはがすだけで数日間は落ちない眉が完成するというコスメです。
もちろん、クレンジングなどでこすれば落ちるのですが、夜洗顔後に眉ティントをしておけば朝の時短につながるうえにメイク崩れしにくい眉になります。

いかがでしたか?

夏

メイク崩れは女性にとって非常に大きな問題です。
対策を知ることである程度の予防はできますので、ぜひ万全の対策をして夏を迎えたいですね。
2017年4月20日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ヘアケア】頭皮も肌の一部!夏は丁寧な頭皮ケアで爽快&リフトアップしよう♪

さらさらで美しい髪は女性の憧れですよね!実はきれいな髪には正しい頭皮ケアが欠かせません。ベタつきやフケ、かゆみなどの悩みを解消するおすすめケアグッズをご紹介します♪

唇の乾燥が気になるあなたに♡おすすめのプチプラなリップクリーム3選!

夏なのに唇の乾燥がひどい!いつものリップクリームじゃ全然ダメ・・・そんな時にオススメのプチプラで手に入りやすいリップクリームをご紹介します♡
kap

【2017トレンドメイク】遊び心をお洒落に♡まだまだ熱い《カラーライナー》に注目!

2017年はシーズンを問わずにカラーライナーが大活躍!なりたい印象を叶えてくれる優秀コスメです。カラーライナーを取り入れてメイク上級者に♡注目のカラーライナー&おすすめカラーをご紹介します!

SNS映え間違いなし♡中目黒にオープンしたかき氷ショップ「FUWAGORI」が超気になる!

暑くて冷たい食べ物が欲しくなる季節。中目黒にオープンしたお得で可愛いかき氷ショップがとっても人気になっているんです!

この記事のキーワード

この記事のライター

のぞみん のぞみん