【2017春コスメ】"チークでメイクのバカ度”が決まる??CHICCA (キッカ)の新作コスメ『体温チーク』を見逃すな♡

CHICCA(キッカ)からも、2017年1月に発売される春コレクションの情報が発表されました!他のコスメとは違うオススメアイテムが♡要チェックです!

CHICCAの春コレクション発表♡

chicca2017春コレクション発表

chicca2017春コレクション発表

CHICCA (キッカ)からも、2017年の春コレクションが発表になりました。

そう、春コスメ!新作です。
chicca2017春コレクション発表

chicca2017春コレクション発表

もちろん、キーパーソンはキッカに欠かせないこの方!
chicca 吉川康雄

chicca 吉川康雄

キッカのコスメを作り出すクリエーターの「吉川康雄」さんです。
世界的なファッション雑誌「VOGUE」の表紙も担当している、世界で活躍中のメイクアップアーティスト。

今回の春コレクション発表会では、吉川さんの「熱い思い」を参加された方が感じていたようですよ♪ さあ、新作コスメと一緒にその吉川さんの熱い思いをみなさんにもお伝えします!!

日本人のメイクにストップ!

chicca 2017 春新作

chicca 2017 春新作

え???

となるこの言葉。
日本人なら誰もが「ハッ!!」となる言葉なのではないでしょうか?
チークは最も"メイクのバカ度”が出る部分
日本人形 チーク

日本人形 チーク

世界的に見ても、日本人のメイクはチークが濃いめ。
アラサー女子になって、少しはチークが薄くなった方も多いでしょう。
でも年齢に合わせてメイクを変えるのも難しく・・・
私も時々、日差しを浴びた自分の顔を見て「チークが濃い!」となる日も。笑

そういう日本のメイクに「まった!」を吉川さんがかけたというわけです。

体温チーク♡

CHICCA 2017 春コレクション チーク

CHICCA 2017 春コレクション チーク

そこで吉川さんが作り出したものが、こちら!!
「体温チーク」なんです。

chicca 2017 春 体温チーク

新作発表会で吉川さんのお話を直接聞いた、プレスの方や美容のプロの方も大絶賛!!
CHICCA 2017 春 体温チーク

CHICCA 2017 春 体温チーク

吉川さん曰く・・・
チークの失敗はメイクの中で最悪です。
何故なら、遠くから見ても失敗だと分かるから。
付けすぎているチークではキレイになれない。
キッカ 2017 コレクション 体温チーク

キッカ 2017 コレクション 体温チーク

コスメってズラリ並べて見てるだけで幸せ❤
そしてモデルさんの透明感✨✨✨✨同じ人間とは思えない。
「ビューティー系の人はチークが濃すぎる。」
「ファッション系の人はメイクが雑すぎる。」
ま・さ・に
私はもちろんチーク(というかメイク)が濃いタイプ。
血色でもなく、チークで体温を感じさせる。

きっと世界中の女性を見てきた吉川さんだからこそ、女性にぴったりのチークというものがよく分かるのでしょうね。

CHICCA (キッカ)、クリエーターの吉川さんの思いが分かったところで・・・

それでは今度こそ!
新作コスメを紹介しちゃいます♡

2017年1月18日発売開始!!

CHICCA 2017 春コレクション

CHICCA 2017 春コレクション

もちろんチークだけじゃありませんよ♪

どんな素敵アイテムがあるのか要チェックです!
(情報がまだ少なく値段がはっきりしないものは、従来品のお値段を載せておきます)

まずはやっぱり「チーク」から♡

フローレスブロウ フラッシュブラッシュ ¥3,000

chicca 2017 春 体温チーク

chicca 2017 春 体温チーク

キッカの中でも「最も綺麗な素肌感」を実現できることで人気のファンデーション、『フローレスブロウ ソリッドファンデーション』。
そのファンデーションと同じ方法で出来た、このチーク。

まさに、チークはファンデーションの一部。
クリームタイプなので専用スポンジ (2個入り ¥1,000)でポンポンお肌にのせるだけ。

フローレスブロウ フラッシュブラッシュ パウダー ¥3,000

chicca 2017 春 体温チーク

chicca 2017 春 体温チーク

パウダータイプにはブラシ (¥2,000) を使って♪
いつもチークを塗る場所だけではなく、頬の広い範囲にポンポンするだけ。
薄づきなのに、体温を感じるようにしっかりと顔を明るく綺麗に見せてくれます♪
メイクしているのに、本当に元の綺麗さを引き立たせてくれているメイク術。
それが簡単にセルフで出来ちゃうんだから、これは絶対にゲットしておきたいアイテム♡

パウダーアイシャドウ  ¥5,500

chicca 2017 春 アイシャドウ

chicca 2017 春 アイシャドウ

春コレクションのテーマともなっている、「ハートバタフライ」。
蝶々のようなハートが見た目にも可愛いアイパレットです。
chicca 2017 春 アイシャドウ

chicca 2017 春 アイシャドウ

寒色系のカラーでも、まぶたにのせるとしっかり馴染んでくれるのがキッカのすごいところ♪
全体的にほんわかした大人パステルカラーですが、さりげなく目元を綺麗にしてくれそう。

ニュアンスカラーリッド  ¥2,800

chicca 2017 春 アイカラー

chicca 2017 春 アイカラー

吉川さんが「不思議ちゃん」と呼ぶアイカラーは、ターコイズオーシャン。
まぶたにのせるとさり気ないカラーで、ツヤまぶたに♡
単色でも、ベースとしても使えちゃう優れものです。
chicca 2017 春 アイカラー

chicca 2017 春 アイカラー

アラサー女子にはありがたい、くすみも飛ばしてくれちゃいます!
2017年はラメというより、パール感が流行の予感だそうです♪

リップスティック (従来品 ¥3,800)

chicca 2017 春 リップスティック

chicca 2017 春 リップスティック

ナチュラルメイクにも、しっくり馴染むと評判のリップスティック。
自然な発色で塗りやすく、リピ買いする人も多いんです♪
chicca 2017 春 リップスティック

chicca 2017 春 リップスティック

お試し塗りで分かりますよね。
このナチュラルさ♡

春にはぴったりなカラーで、うるツヤの唇になれちゃいそう!

ウェットリップオイル (従来品 ¥3,200)

グロスオン (従来品 ¥2,800)

chicca 2017 春 リップ

chicca 2017 春 リップ

そして、同じく人気アイテムのリップオイルとグロスも春らしい新色が発売になりますよ♪

お手本は「日本画」♡

chicca 2017  春コレクション

chicca 2017 春コレクション

いかがでしたか??

CHICCA (キッカ)の、日本人による日本人女性のためのコスメ達。
日本人の骨格に合わせたメイクがやっぱり一番!
chicca 2017 春 体温チーク

chicca 2017 春 体温チーク

チークをポイントメイクと考えず、ベースメイクと考える吉川さん。

流行のメイクを楽しむのもいいけれど、やっぱり自分に合ったベースメイクがあってこそ♡
チークまでがベースメイクという新しい方法で、さらに綺麗になりましょう♪
chicca 2017 春コレクション

chicca 2017 春コレクション

CHICCA (キッカ)からのスペシャルなコレクションは、《2017年1月18日発売》ですよ。
体温チーク、爆売れの予感です!
忘れないようにチェックしておきましょうね。

5月10日には夏コスメを発売♡
今からチェックしておきましょう。
もちろん、他の新作コスメもお忘れなく♡ ↓↓
2017年春の新作コスメ特集!!

2017年3月14日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017夏コスメ】オシャレなコンパクトが限定発売の『CHICCA (キッカ)』!!即完売の予感♡

『CHICCA (キッカ)』からこの夏限定発売の、「Kerrie Hess」とのコラボアイテムがオシャレなんです!特別なアイテムを詳しく紹介しちゃいます♪

【THREE】3月3日、カラーメイクキットが登場!"ピーチセレブレーション"で春の甘かわフェイス♡

大人気アイテムの多い『THREE』から、3月3日のひな祭りに限定スペシャルセットが発売されます!注目のセットの中身を紹介しちゃいます♡

”ラデュレ”の【2017クリスマスコフレ】情報♡ 扇子型に足型の限定コスメや、人気チークもスペシャルになって登場です!

パッケージに一目惚れしちゃう「ラデュレ」から、2017年クリスマスコフレの速報です!ラデュレの世界観から今年も目が離せません♪

【2017】ルナソルから”秋の木漏れ日”を感じる新作コスメ「シャイン フォール アイズ 」発売!秋はどんな浄化メイク?

夏新作のアイシャドウも大人気の『ルナソル』から、2017年秋新作コレクションの情報が盛りだくさん!発売されるアイテムを紹介しちゃいます♪

あえての【くすみ色】が新鮮♡マキアージュで2017春のくすみ色リップ&コーデにトライ

甘いレースや花柄がトレンドの春。そんな春のフェミニンアイテムに合わせて、選ぶリップにはこだわりたいところ。少し大人っぽさをプラスするなら【くすみ色】がおすすめです!マキアージュの新色リップを参考にして、さっそく春コーデにトライしてみましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

廣瀬一菜 廣瀬一菜