SUQQU(スック) 【ピュアカラーブラッシュ】は美発色の人気チーク♡使い方&定番カラー紹介

SUQQU(スック)のピュアカラーブラッシュは、上品な発色の良さに定評がある人気チークです。幅広い年代に指示されているスックのピュアカラーブラッシュやその使い方、定番カラーの特徴などについて紹介していきます☆

SUQQU(スック)のピュアカラーブラッシュは、上品&美しい発色で人気を集めるチークです。デイリーからオフィスシーンまで似合う、幅広いカラーラインアップも魅力となっています。そこで、ピュアカラーブラッシュの魅力や使い方、定番カラーの特徴などを紹介していきます☆

ピュアカラーブラッシュの魅力

ピュアカラーブラッシュは、美しい発色が長く続く点が魅力です。また、チークカラーとコントロールカラーが一緒に内蔵されているので、単色使いだけでなく2色を混ぜて使用する事で自分好みのチークカラーに調整できる点も魅力☆さらに、ケースや内臓ブラシが薄いので、場所を取らず持ち運びに便利な点も魅力と言えます。

ピュアカラーブラッシュの使い方

ピュアカラーブラッシュの使い方は、付属ブラシで2色を混ぜ合わせ、頬骨から耳方向に向けてさっとブラシを走らせます。気分やメイクに合わせて、単色カラー使いも可能です。向かって右側のコントロールカラーはハイライトとしても使用可能で、頬にのせたチークカラーの境目にのせるとより立体的に仕上がります。

01~07の定番色の特徴

ピュアカラーブラッシュはカラー展開も豊富で、定番7色以外にも限定色がラインアップしていますが、01~07の定番色について紹介していきます。

01蕾咲

01蕾咲はフレッシュピンクとイノセントコーラルの組み合わせで、赤ちゃんの様な血色の良いカラーが魅力です。

02花茶織

02花茶織はティーブラウンとブロッサムピンクの組み合わせで、落ち着きのある優しい印象に仕上がります。

03純朝焼

03純朝焼はインテンスレッドとグロウコーラルの組み合わせとなっており、明るくみずみずしい血色の良さを表現できます。

04漆陽

04漆陽はグレースレッド&ジェントルピンクで、柔らかで温かみのある明るさを演出してくれます。

05柔光輝

05柔光輝はヌードオレンジとソフトシャンパンの2色で、落ち着きのあるツヤ肌を完成してくれます☆

06春菫

06春菫は淡いピンク&淡いパープルの組み合わせで、どんなシャドウカラーとも合わせやすいツヤ感のあるカラーです。

07艶皐月

07艶皐月は上品な鮮やかピンクと淡いピンクカラーがセットとなっており、大人っぽいツヤ感のある血色の良さを演出してくれます。

オン・オフ両方にスックのピュアカラーブラッシュをプラス

@guu_cchiがシェアした投稿 -

スックのピュアカラーブラッシュの魅力や使い方、定番カラー紹介は、いかがでしたでしょうか?工夫次第で様々なアレンジが可能なピュアカラーブラッシュは、オン・オフどちらのシーンでも大活躍してくれます。定番色だけでなく限定色などもあるので、気に入るカラーが見つかりやすいです。ぜひ、いつものメイクにピュアカラーブラッシュをプラスしてくださいね♪
2017年10月2日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

CHANEL(シャネル)の美発色チーク【ジュ コントゥラスト】愛される理由&使い方♡

CHANELシャネルの人気チーク「ジュ コントゥラスト」は、美しい発色や細かなパウダーがフィットする使いやすさが魅力です。そこで、ジュ コントゥラストやジュ コントゥラストの使い方などについて紹介していきます♡

結局どれがいいの?【SUQQU(スック)】人気コスメベスト5まとめ♡

アイシャドウやチークが優秀で今大人気の【SUQQU(スック)】人気なのは知っているけど、結局何のどこがいいの?気になるけどどれを買えばいいかわからない!なんて方はまだまだいるはず。そこでSUQQU(スック)の売れ筋NO.1~5を口コミとともに調査!実力派コスメをゲットしてみませんか?♡

【チーク】はパウダーとクリームのW使いで立体感のある頬に♡

チークはクリーム派?パウダー派?皆さんはどんな風にチークを付けていますか?今回はパウダーチークとクリームチークのW使いの方法をご紹介します!

プチプラリップ&チーク セットで楽チンコスメがいっぱい♡

コーセーとキャンメイクからお得なセットが定番人気。キャンメイクからは発売してからも話題になり続けているリップグロスをご紹介!

リップ使い?チーク使い?ランコムの【マット シェイカー】で簡単に旬メイク♡

ランコムのマットシェイカーは、リップだけでなくチークとしても使える優秀コスメです。美しい発色やキュートな見た目も人気☆そこで、ランコムのマットシェイカーの魅力や使い方、人気カラーを紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事のライター

田中 愛 田中 愛