濡れ感赤みアイメイクで色気をプラス。【2017冬おすすめ】赤みシャドウ5選♡

ブラウンのアイシャドウはもう飽きた…そんなあなたにおすすめなのが、濡れ感のある赤みシャドウ。しっとりとしてアクセントの効いている目元は、色気をプラスします。2017年冬におすすめの赤みシャドウ5選をご紹介します。

しっとりと、色っぽく。

赤みシャドウ

赤みシャドウ

2017年冬のメイクは、なんといってもリップとアイシャドウが鍵を握っています。
赤みシャドウを指でさっとまぶたに塗ると、より自然に肌に馴染みます。
マットな赤だと奇抜な印象になりますが、濡れたようなしっとりとした赤は、ほのかな色気を漂わせます♡

深みのある赤を指でさっと塗るだけで、今っぽいメイクが完成。奥深い色だけど抜け感も忘れない。この冬はブラウンシャドウを卒業して、赤みシャドウで女性らしさをアップさせましょう♡

おすすめ赤みシャドウ5選

ヴィセ アヴァンシングルアイカラー【コーセー】

ヒアルロン酸配合の潤い重視のアイシャドウ。なんといってもヴィセはプチプラでコスパが高いのが魅力。

シングルアイカラー018は、ブラウン寄りの赤みなので、赤みシャドウメイクの初心者の方も安心して使えます。

クラシック フィルムアイズ【RMK】

女性らしくキュートな目元を実現。フェミニンな印象で、デートメイクにぴったりです。パールも配合されているので涙袋メイクとして下まぶたにつけるのもアリです◎
フィルムのようにぴったりフィットするアイシャドウで、潤いも持続します。

ザ アイシャドウ【アディクション】

インターネットの口コミサイトでも一位を獲得する実力派シャドウで、カラーのバリエーションも豊富です。
深みのある赤に繊細なラメの輝きが上品に光ります♪アディクションらしい繊細なカラーが際立ちます。

セレクトアイカラー【エスプリーク】

限定カラーRD400は、今のトレンドカラーをばっちり抑えているおすすめのアイシャドウです♡
プチプラだけど、発色は抜群。ひとつ持っているだけでメイクの幅が広がります。

ロイヤルヴィンテージ アイズ 【リンメル】

この秋発売された009は、ヴィンテージ感溢れる赤みシャドウ。
奥深い目元を演出してくれます。いつもより少し大人っぽいメイクが完成するはず。こっくりメイクアイテムとして重宝します。

赤みシャドウで女を上げよう♡

赤みシャドウ

赤みシャドウ

おすすめの5つの赤みシャドウをご紹介しました。今年ならではのメイクは赤色で決めちゃいましょう。

ディープな差し色で大人っぽい冬メイクに挑戦♡ピンクと違い、甘くなりすぎないので大人で落ち着いた印象を与えます。
赤みシャドウ

赤みシャドウ

潤いと深みの両方を兼ね備えた5つの赤みシャドウですが、お気に入りのアイテムは見つかりましたか?
赤リップとも相性が良いので、血色を意識したメイクで女性らしさをアップさせましょう。クリスマスデートの勝負メイクとして取り入れてみてはいかがでしょうか?
2016年12月18日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ふぉーちゅん超大物イケメンYouTuber【はじめしゃちょー】がふぉーちゅんに登場♡メイク企画の動画も好評配信中!

「はじめしゃちょー」×「アバンティーズ」とふぉーちゅんのタイアップ動画が実現!! 任天堂スイッチ、iPad Pro、miumiu財布など超豪華100万円相当のプレゼントが当たるキャンペーンも開催中♡

【2017秋メイク】結局どれがいいの?!この秋おすすめの《アイシャドウ》をチェック♡

たくさんある秋コスメですが、結局はどのコスメがいいの?!となりませんか?そんな読者の皆様ために、この秋使えるアイシャドウをまとめてご紹介します♡

パンダ目防止法!アイメイクを崩れにくくする方法とオススメコスメを紹介♡

アイメイクは、メイクの中でも一番気合の入る部分なのではないでしょうか。でも、気合を入れれば入れるほど崩れやすくなり、逆に汚くなっちゃいますよね。今回はそんなお悩みを解決しちゃいます☆

【dodo(ドド)】1本で3色のカラーが楽しめる♡ウォータープルーフのダブルクレヨンアイシャドウが優秀!

個性的なアイテムを販売することで知られているドドから、ウォータープルーフでクレヨンタイプのアイシャドウが販売されています。1本で3色のカラーが作れるすぐれもので、さまざまなタイプのメイクを作ることができます。持っていると、とっても便利に使えるはずですよ♡

【プチプラコスメ】パッと明るい目元に♡ハイライトにも使える単色アイシャドウ8選

アイシャドウに、ハイライトに一石二鳥♡今回ご紹介したいのは、ホワイトやホワイトピンクなどの"ハイライト"としても使える単色アイシャドウたち。プチプラからデパコスまで、便利な使い方ができる単色アイシャドウをピックアップしてまとめてみました◎

この記事のキーワード

この記事のライター

Megumi Megumi