肌に溶け込む♡大人女子は、さりげない血色チーク♡

ナチュラルメイクが流行っている今、アイメイクよりも、生き生きした表情に見せるのがチークです♡立体感を出してリフトアップする効果もあるので、メイクの中でも重要な役目を持ちます。 さりげない血色になりすまたチークカラーで、大人女子メイクを楽しみましょう♡

ニュアンスコーラルなカラーチーク♡

 (109083)

パウダーチーク

ブラシにチークを適量とったら、手の甲で払って、量を調整しましょう。鏡を見て笑顔を作り、頬骨の高い部分にブラシを置きます。黒目の下あたりからスタートしましょう。

リフトアップ効果のため、外側へ引き上げるようにブラシを動かしていくと◎こめかみまで入れずに♪

左右交互に色をのせていくと両頬の色の濃淡が同じになり、失敗なく仕上がります。
シルクのようになめらかで、テクチャーが軽いのが特徴です。
肌に乗せても、ふんわりと馴染んでくれて、生き生きとした表情を作り上げてくれます。
パールの配合されていないタイプで、肌に溶け込むように馴染んでくれます。ナチュラルなのにメリハリをつける大人メイク必須のチークです。

クリームチーク

チークを指先に少量通り、にっこりと笑って一番高い頬の部分に、ポンとおきます。黒目の下あたりと目尻の下あたりに二箇所のせましょう。
そして、中指を使って軽く叩き広げながら馴染ませていきます。左右のバランスを見ながら交互に馴染ませましょう。
変に肌浮きせずに、初心者でも簡単に上品なメイクが出来ます。光沢感とみずみずしさが特徴♡クリームタイプはさらに血色の良さが際立ちます。

ハイライトも加えて、艶やかな印象に♡

 (109084)

チークを入れて終わりでも問題はありませんが、ハイライトを入れるとさらに◎
頬の高い部分からスタート。ブラシをねかせてチークと肌の境目をチークを囲むようになぞっていきます。
頬骨の上にラメ入りのハイライトを入れるとさらに華やかさアップ♡

顔のメリハリを重視するなら、ハイライトも忘れずに。
光のマジックで立体感のある印象になります。ワンランク上の仕上がりを期待できます♡

血色チークを最大限に生かすなら、シェーディングにトライ♡

 (109085)

シェーディングアイテムも、もちろん使えますが、自分の肌色より2トーン程暗めのパウダーファンデを使えば、自然に陰影を作れます。
頬をすぼめて窪んだ位置からシェーディングしていきます。チークの下付近のわずかに重なる場所にサッと馴染ませましょう。
自然にキュッと引き締まった頬になり、小顔効果も期待できます。

いかがでしたか?

血色チークで、ほんのり女子力をアップさせてみませんか?
さらに、ハイライトやシェーディングの一手間で印象もぐっと変わります♡
是非チャレンジしてみてくださいね。
2017年8月7日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2017年!春の新作コスメ特集!【YSL・シャネル・RMK・THREE・アディクション・ルナソル】

【2017年!春の新作コスメ特集!】2017年春に発売される、人気ブランドの春の新作コスメや限定コスメ情報をまとめました♡ブランドごとの発売日や注目のアイテムは、ぜひここからチェックしてみてください!

口コミでも高評価!SNSでも話題の【THREE】シマリング グローデュオが万能コスメで話題♡

本来の血色のあるツヤ感のある肌は、女性なら誰でも憧れます♡そんなツヤ肌を手に入れられるコスメがTHREEの『シマリング グローデュオ』なんです!口コミでは高評価、SNSでも話題のアイテムは、ハイライトやシェーディングだけでなく、チークやアイシャドウとしても使える部分用ファンデーション!とっても万能なシマリング グローデュオをご紹介します★

《2017年夏新作ネイル特集!!》【シャネル・RMK・THREE・アナスイ他】夏は新しいネイルカラーで♡

2017年の夏新作コスメが続々と発売になります!そんな新作コスメのネイルカラーも素敵なものばかり♡今回は、そんな新作ネイルカラーをまとめて紹介しちゃいます♪

【2017秋冬メイク】トレンドカラーを下まぶたにさりげなく入れるテクニックをご紹介♡

秋冬もオレンジやバーガンディなど、シックでありながらもこなれ感あるカラーがトレンド入りしていますよね。でもなんとなくカラーコスメを取り入れるには勇気がいる、というかたは、下まぶたで取り入れるのがおすすめです♡

いい女は小さなバッグを持っている。小さなバッグに収まるミニマムなコスメポーチの中身を紹介♡

仕事の時はA4サイズのファイルが入る大きなバッグが便利だけど、休日は小さなバッグでお出かけしませんか?けれど小さなバックだと荷物があまり入りませんよね。今回は小さなバッグで外出するときに便利な厳選コスメを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

Megumi Megumi