【春のトレンドメイク】この春取り入れたいメイク術をご紹介♡

新作コスメも出そろいはじめ、3月にも突入しそろそろ春本番といったところですね。 そこで新作コスメも使用したこの春のトレンドメイクをご提案させて頂きます。

レディの品格『赤リップ』

赤リップ

赤リップ

シャネル

シャネル

まるで女優さんのような雰囲気を漂わせる真紅のリップ。
赤リップのような口元をメインにする場合は目元はちゃんと引き算することがポイントです。
そうすることで、赤い口元もクラシカルになり過ぎず軽やかさと気品を兼ね備えた女性になれますよ。リップを塗る時は上唇を山をなだらかにして下唇の船底をオーバーにすることでボリュームたっぷりのセクシーな仕上がりになります。

洗練された大人の目元に

スモーキ―

スモーキ―

ケイト

ケイト

定番ブラウンアイシャドウも、この春は少しくすみがかったニュアンスが旬です。
締め色シャドウで目のキワを引き締めることを忘れずに!!
スモーキーな目元に仕上げた時はチークやリップはベージュ系を選ぶとモードになりすぎるのでオレンジ系をチョイスすると女の子らしいフェミニンさも残すことができます♡

ネイビーのシャドウラインで旬を意識

ネイビー

ネイビー

この春ブレイクの兆しを見せている色のひとつが『ネイビー』です。
あえて、アイシャドウに取り入れることで人と被らないこなれ感をだすことげ出来ます。
アイホールにはネイビーのアイシャドウを上品に引きたててくれるシャンパンゴールドなどがオススメです。
このネイビーシャドウは他の締め色シャドウと同様の使い方で大丈夫ですが、2回なぞるなどして少し太めの線がオススメです。目尻は長めに跳ね上げるといつもと違った雰囲気にもなりますよ。

ラベンダーアイ

ラベンダー

ラベンダー

凛とした印象や知的な印象を与えるラベンダーカラーをメインにした春メイクはいかがでしょうか。伏し目にしたときにもラベンダーが感じられるように目を開けた状態ででも見える部分にも指などを使って色を足してあげることがポイントです。
ラベンダーは膨張しやすいカラ―でもあるので、まつ毛はしっかりと上にあげてマスカラも丁寧にすると腫れぼったい印象になるのを避けることができます。

カラーメイク時の小技

カーキ

カーキ

ポップな印象になるカーキを使ったメイク。
カラーシャドウを使う時、目元はアイラインだけではなくきらめきをプラスするとよりインパクトがでてオススメです。
まずアイホールにベースとなる色を入れてからラインをいれます。シャドウをチップで取りラインの上に重ねるようにのせます。この時ラインの上から重ねるシャドウはより煌めきのあるものを♡

おわりに

おわりに

おわりに

今春はキラキラとした質感のものが復活の傾向にあります。
光感が繊細に進化しているのでグレイッシュ系を選んでも春らしい綺麗な発色のものが多くなっているのでメイクを大いに楽しむことが出来ます。

なにより大切なのは丁寧に仕上げることです。
店頭に並んでいる優れたメイク道具を使っても雑に仕上げてしまったりすると台無しです。
色をしっかりと馴染ませたり、マスカラも丁寧に仕上げたりと細かな部分こそこだわりをもってみてください♡
2017年3月5日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2017夏新作コスメ!シャネルから単色パウダリー&クリームアイシャドウが登場♡

この夏、人気ブランド「シャネル」より新作コスメが発売されることがわかりました!登場するのは「オンブルプルミエールアイコレクション」。豊富なカラーのシングルアイシャドウです。今回はこの新作コスメ情報をいち早くお届けします!

本当にモテる女子が実践している♡~メイク術や習慣とは?!~

モテる女子が実践しているメイクや美容法って気になりませんか? 今回はそんなモテる女子がやっている秘密をご紹介しちゃいます!!

【2017春夏新作】日本からイメージを得た"CHANEL (シャネル)"の新作コスメがもうすぐ発売♡

CHANEL (シャネル)から、和紙や日本庭園のインスピレーションを受けたアイテムが発売になります。アイシャドウやフェイスパウダーなどを紹介します♪

【2017年】シャネル春夏の新作コスメはエレガントな「#コココード」コレクション♡

2017年春夏、シャネルの新作コスメコレクション情報が発表されました!今回のコレクション名は #コココード。赤を始めとしたシャネルの象徴的な5つのカラーコードがテーマです!発売日や価格など、最新の情報をご紹介していきます♡

【メイク】シャネル レ キャトル オンブルで作る秋顔♡

シャネルのコスメはいつだって女性を綺麗にしますよね♡ 今回はシャネルのレ キャトル オンブル268を使った秋メイクをご紹介します♡

この記事のキーワード

この記事のライター

Ya-na Ya-na