【ETUDE HOUSE(エチュードハウス)】の新作下地でくすみのない輝く美肌メイクが実現!

大人気の韓国コスメの中でも特に人気のたかいブランド・エチュードハウスから発売されている新作化粧下地がとっても優秀なんです♡

とっても優秀な韓国コスメ♡

とっても優秀なことで、今や日本でも大人気となっている韓国コスメ。すでに愛用しているという方も多いと思います。そんなコスメの中でも、特に日本でも地位を得ているのが「エチュードハウス」ですよね。そんな大人気のエチュードハウスから発売された新作の下地が、とっても優秀だと早くも話題になっているって知っていましたか?

メイクのノリを高める化粧下地

エチュードハウス 新作

エチュードハウス 新作

今回発売された新作は、お肌のトーンアップを自然にしてくれるという化粧下地。ファンデーションを厚塗りすることなく、透明感のある肌にみせてくれるので、ナチュラルな美肌メイクをすることができるんです♪トレンド感あふれるツヤ肌メイクをする手助けもしてくれますよ♡

お悩み別にカラーを紹介♪

ではここからは、自分はどのカラーを使えばいいのか、そのお悩み別にカラーを紹介していきます♡

ローズ

お肌に色味がないということが悩みのあなたには、色白肌にナチュラルな血色感をプラスしてくれるローズのカラーがおすすめ♡トレンドのおフェロメイクを作るのにも活躍してくれるカラーですよ♡明るくいきいきした印象にしあげてくれるので、夏メイクにぴったりのカラーです♪

ミント

肌の赤みをおさえてくれるグリーンのカラー。実は日本人の肌の色にぴったりのカラーなんです。ニキビやニキビあとの赤みもナチュラルにおさえてくれる効果があるので、あなたの悩みも一瞬で解決してくれるかもしれませんよ♪素肌のようにクリアな質感に整えたいあなたにおすすめです◎

ラベンダー

肌の黄色いくすみが気になるあなたにおすすめのラベンダー。くすみをおさえてくれるので、透明感のある肌が手に入ります♪さらにピンク味もはいっているカラーなので、肌の血色感も同時に得られる優れもの◎エレガントな印象に仕上げることができますよ♡

そんな下地に合わせたいファンデーションも♪

そんな新作の化粧下地に合わせたいファンデーションも登場以来大人気となっています♪汗をかいてファンデーションが崩れやすくなるこれからの季節にも、細かいパウダーが肌の凹凸にしっかりフィットすることで、メイクを最大限に崩れにくくしてくれる優秀ファンデなんです♡新作下地とファンデを使えば、朝メイクした肌が夕方家に帰るまで持続できるようになるかもしれませんよ♪

エチュードハウスの実力を実感してください!

トレンドのツヤ肌を作るためにとっても重要なベースメイク。美容大国韓国からきたエチュードハウスの新作を使えば、夏ももうこわくなるかもしれませんよ♡夏用のファンデーションをまだ探しているというあなたは、ぜひ一度その実力を実感してみてください♪他のコスメには戻れなくなること間違いなしですよ!
2017年7月14日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017夏】オール1,500円以下♡今すぐGETしたい「新作プチプラコスメ」8選

美容業界では夏の新作コスメラッシュです!全部欲しいという欲張り女子のために、今回はオール1,500円以下で手に入る優秀プチプラコスメを一挙ご紹介します。

どうしても毛穴が気になる・・・。そんな悩みを解消してくれる新作《毛穴レス下地》

スキンケアを一生懸命していても、どうしても毛穴が気になるという方も多いのではないでしょうか。そんなあなたの悩みを解消してくれる優秀下地を紹介します♡アイテムひとつで憧れの毛穴レス肌が手に入るかもしれませんよ!

秋トレンドメイクにぴったり♡ヴィセの「カーキ」コスメが超おすすめ♪

2017年秋はカーキカラーのメイクがトレンドになっていますよね♡どうやってトレンドを取り入れていこうか悩んでいるあなたは、ヴィセにラインナップされている「カーキ」のコスメを使えば、一瞬で秋顔が手に入りますよ!

【全部2000円以下!】決定版♡絶対ゲットすべき2017年秋新作プチプラリップはこれだ!

2017年秋も、たくさんプチプラリップが発売されて話題になっていますよね♡でもたくさんありすぎてどうすればいいのか分からないというあなたに、2000円以下のプチプラリップの中でもすでに優秀だと話題になっているアイテムを紹介します♡

【リップメイク編】パーソナルカラーで見る♡あなたに本当に似合うコスメを紹介します♪

最近秋の新作カラーのリップが次々と発売されていますよね♡どんなアイテムが自分に合うんだろう、と悩んでいるあなたは、自分のパーソナルカラーを診断して、たくさんある新作の中でも自分にぴったりのリップを見つけましょう!

この記事のキーワード

この記事のライター

みほん みほん