【プチプラ】リップティントでお直しゼロ!乾燥ゼロ!

リップの落ちって結構気になりますよね。これからフェスや夏祭りなどイベントいっぱい!でも、リップを直す時間などなかなかないですよね。

リップのお直しゼロへ

フリー写真

フリー写真

リップのお直し時間がない!お直しに時間を取られて思いっきり楽しめない!そんなときは、落ちにくいリップを使いましょう。でも、落ちにくいリップって乾燥しがちですよね。
そんなときは、リップティントがおすすめです◎
最近では、色んなブランドからリップティントが出ていますよね。とくに、潤いながらも落ちないリップティントも増えてきています。
今回は、特におすすめのリップティントをご紹介します。

キャンメイク リップティントシロップ

キャンメイクのリップティントシロップは、その名の通りシロップのような付け心地のリップティントです。
さらりとした塗り心地で、自然に唇に色がのります。
キャンメイクのリップティントは、SPF15・PA+と紫外線対策もばっちりなので、アウトドアにも◎
もちろん、潤いもばっちりです。

エチュード  ウォーターティント

エチュード のウォーターティントは、見たまま発色のリップティント。
その名の通り水のように滑らかな塗り心地です。
しかし、若干乾燥しがちなので、ベースにウォーターティントを塗って、トップにグロスを塗るととてもかわいい色になりますよ。

ボンボン ティントグロス

ボンボンのティントグロスは、グロスには珍しく美容液成分が配合してあり、リップティントにありがちな唇の乾燥を防いでくれます。
また、唇にも色が付きやすく、食後でもしっかり色が残ります。
グラデーションもしやすいので、とてもかわいいリップメイクが出来上がります。
リップティントなのに潤いも出るので、グロスが不要です。

ヴィセ ヴィセ アヴァン オイルイン リップティント

ヴィセ アヴァン オイルイン リップティントは、オイルが配合された潤いも維持できる珍しいリップティントです。
色もちもよく、リップティントが唇に沈着してからとても可愛い色に発色します。
色味は、控えめで、自然な血色感が演出できます。
オイルが配合しているので、グロスやベースにリップクリームなどが不要なので、唇の乾燥は心配ないですね。

リップティントで自然な血色感を楽しもう!

フリー写真

フリー写真

リップティントの利点は、お直しがほぼ不要で、自然な血色感を楽しめることです。
かなり発色のいいリップティントは、乾燥しやすいので、ベースにリップクリームやトップにグロスなどを塗って乾燥を防ぐことをおすすめします。
最近では、オイルが配合されたリップティントや美容液成分が配合されたリップティントがあるので、乾燥しやすい人や気になる方におすすめします。
これからの季節アウトドアやイベントも多くなってくるので、お直しもなかなか出来ないなかリップティントだと、お直しがほぼ不要なので、楽しい時間を思いっきり楽しめますよ。
2017年5月30日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

塗って剥がすだけ!気になる話題の“リップティント”って?

塗って剥がすだけ!今話題の韓国発コスメ“リップティント”パックについてのまとめです。塗り直し不要、落ちない、潤う!最新リップアイテムの魅力をお伝えします。

リップメイクは【デパコスリップ×プチプラグロス】!ぷるぷる唇になる組み合わせ

ぷるぷるの唇って女の子なら一度は憧れませんか?しかし自分でぷるぷる感を作りだすとなると、とても難しそう・・・?そんな風に思いがちですが、【デパコスリップ】と【プチプラグロス】を組み合わされば簡単にぷるぷるになれるんです!ここでは特におすすめなリップとグロスのブランドの組み合わせをご紹介します♪

ティント未経験でも使いやすい♡日本人向けな【シュウウエムラ】ティントインバーム!

【shu uemura】から販売されているティントインバームはもう使いましたか?とても発色が良くて使いやすい、そしてほかのティントタイプのリップと少し違う点のあるリップなんです!これを読めばテイントに抵抗がある方やティント未経験の方も買いたくなりますよ♪

あや猫が全色お試し!SUGAOからポップな限定リップティント&チークが登場!

リップティント人気はまだまだ♡SUGAOから、これからの時期にぴったりな限定リップティントとリップ&チークが登場しました!夏に活躍できそうなポップなカラーです!

【リップ】目指せぷっくりツヤツヤ唇!透明グロスで理想の唇を作ろう♡

血色がよく、ぷっくりツヤツヤの唇は女性にとって憧れですよね♡可愛くもありセクシーでもある理想の唇を手に入れるために、透明グロスを使ってみましょう♪おすすめの使い方や人気アイテムを詳しくご紹介します☆

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tmay tmay