『脱・黒アイライナー』がルール!!だけどしっかりデカ目に仕上げます♬

『デカ目』というとアイライナーを引いてしまいがちです・・ しかし2017年春はトレンドの抜け感がありながらデカ目に見えるテクニックをマスターしましょう♬

アイラインならぬ『透けライン』

透けライン

透けライン

ディオール

ディオール

今季は全体的に淡く、軽やかで明るい色のアイシャドウが主力となっています。
しかし今まで通り黒のアイラインを引いていると瞼との明暗がつきすぎて悪目立ちをしてしまうという結果になりかねません。

では黒ラインを使わずにデカ目にするにはどうすれば良いか・・
それは、ブラウン寄りのスモーキーカラーのアイシャドウで『透けるようなライン』を引く方法です。シャドウで引くラインはアイライナーに比べれば太い線になってしまいますが、それでOKです。太くなってしまっても、スモーキーシャドウに透け感があるので強くなりすぎず、さり気なく肌に馴染んで自然な影色となって目に奥行きと横幅のUPにつなげてくれるのです。

光を味方につけて目の範囲を広げよう

クリームシャドウ

クリームシャドウ

クリームシャドウ②

クリームシャドウ②

光とツヤ感の高いクリームシャドウも抜け感のあるデカ目メイクが出来るアイテムです。
中でもホワイトとブラウンの組み合わせは自然に仕上がる鉄板コンビ♬
肌にクリアに溶け込みながら上品にラメがきらめくホワイトパールは瞼を明るく広がりを持たせてくれる役割があります。
ブラウンは上瞼のキワに重ねて立体感を出す役割があります。
そして下瞼はまつ毛のキワにホワイトパールのシャドウをライン状に薄っすらと重ねると光を集めて目が下に広がったように大きく見せてくれますよ。

たっぷりつけるのがポイント♬下まつ毛のマスカラ

カラーマスカラ

カラーマスカラ

ニュアンスカラー

ニュアンスカラー

下まつ毛にたっぷりとマスカラを付けてあげると掘り深のデカ目効果が期待できます。
この時、黒のマスカラを使うとキツイ印象になってしまいますが黒ではなくニュアンスカラーのマスカラを効果的に使いこなすとハーフ顔のようなデカ目に♬
メイクの主役はひとつですからメインは『下まつ毛』とし、上まぶたにポイントは置かないようにしてくださいね。
小技としましては、下まつげにたっぷりとマスカラをつけてバサバサまつげを完成させたらマスカラと同色のアイライナーでまつ毛の根元に小さな点を描きます。
そうすることでまつ毛が増量したように見えます!!

おわりに

おわりに

おわりに

黒のアイライナーを使わなくてもデカ目に見せる方法はたくさん存在します。
いつもと同じメイク道具でもデカ目に見せるテクニックを知っているだけで美人な印象に近づくこともできるのです。
アイホールにはマットな質感の肌の影色にそっくりなアイシャドウを幅広く仕込むとごく自然に眉下が彫り深く見えて眉と目の距離が近くに見えるので目の印象が強くなるのです。
これにブラウンの横グラデーションをやや幅を狭めにのせてあげると、より目がはっきりとしてぱっちりのアーモンドアイになりますよ♡
是非、黒ライナーを使わないデカ目メイクにチャレンジしてみてくださいね。
2017年3月7日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017新作コスメ】パルガントンから登場の3アイテムで印象的な目元が作れる♡

大人可愛いプチプラコスメを販売しているパルガントンから、3つの新作アイメイクアイテムが登場です。どれも、水や汗、皮脂などに強いアイテムとなっていて、メイク直しができないときでも安心です♡ぜひ、チェックしてみてくださいね♪

【LB】のスマッジジェルアイライナーが優秀♡カラーラインナップをシーン別に選ぶ♡

【LB】のスマッジジェルアイライナーがとっても優秀だと話題に!カラーバリエーションが豊富なアイライナーはシーン別に選べるのでとっても便利♡スマッジジェルアイライナーについて詳しくご紹介します!

キラキラ史上最高♡ メタリックアイメイクで印象的な目元に!おすすめ5選♡

2017年トレンドのアイメイクといえば、メタリック! キラキラ、ギラギラのまばゆい目元を手に入れましょう!おすすめのアイテムをご紹介します!

結局どれが良いの?ふぉーちゅん編集部で人気のアイライナーを比較してみました!

アイメイクに必要不可欠なアイライナー。落ちづらさや描きやすさ、色味など...実際に編集部で人気のアイライナーを比較してみました♪

秋はブラック以外で♡オシャレな目元に仕上げてくれるおすすめアイライナーを紹介♡

アイラインはブラックが基本ですが、これからの季節はあえてブラック以外のカラーを使うのがおすすめです。普段と違う目元が演出できて、新しい自分が発見できるかも♡今回はそんなおすすめのアイラインを紹介したいと思います。

この記事のキーワード

この記事のライター

Ya-na Ya-na