『脱・黒アイライナー』がルール!!だけどしっかりデカ目に仕上げます♬

『デカ目』というとアイライナーを引いてしまいがちです・・ しかし2017年春はトレンドの抜け感がありながらデカ目に見えるテクニックをマスターしましょう♬

アイラインならぬ『透けライン』

透けライン

透けライン

ディオール

ディオール

今季は全体的に淡く、軽やかで明るい色のアイシャドウが主力となっています。
しかし今まで通り黒のアイラインを引いていると瞼との明暗がつきすぎて悪目立ちをしてしまうという結果になりかねません。

では黒ラインを使わずにデカ目にするにはどうすれば良いか・・
それは、ブラウン寄りのスモーキーカラーのアイシャドウで『透けるようなライン』を引く方法です。シャドウで引くラインはアイライナーに比べれば太い線になってしまいますが、それでOKです。太くなってしまっても、スモーキーシャドウに透け感があるので強くなりすぎず、さり気なく肌に馴染んで自然な影色となって目に奥行きと横幅のUPにつなげてくれるのです。

光を味方につけて目の範囲を広げよう

クリームシャドウ

クリームシャドウ

クリームシャドウ②

クリームシャドウ②

光とツヤ感の高いクリームシャドウも抜け感のあるデカ目メイクが出来るアイテムです。
中でもホワイトとブラウンの組み合わせは自然に仕上がる鉄板コンビ♬
肌にクリアに溶け込みながら上品にラメがきらめくホワイトパールは瞼を明るく広がりを持たせてくれる役割があります。
ブラウンは上瞼のキワに重ねて立体感を出す役割があります。
そして下瞼はまつ毛のキワにホワイトパールのシャドウをライン状に薄っすらと重ねると光を集めて目が下に広がったように大きく見せてくれますよ。

たっぷりつけるのがポイント♬下まつ毛のマスカラ

カラーマスカラ

カラーマスカラ

ニュアンスカラー

ニュアンスカラー

下まつ毛にたっぷりとマスカラを付けてあげると掘り深のデカ目効果が期待できます。
この時、黒のマスカラを使うとキツイ印象になってしまいますが黒ではなくニュアンスカラーのマスカラを効果的に使いこなすとハーフ顔のようなデカ目に♬
メイクの主役はひとつですからメインは『下まつ毛』とし、上まぶたにポイントは置かないようにしてくださいね。
小技としましては、下まつげにたっぷりとマスカラをつけてバサバサまつげを完成させたらマスカラと同色のアイライナーでまつ毛の根元に小さな点を描きます。
そうすることでまつ毛が増量したように見えます!!

おわりに

おわりに

おわりに

黒のアイライナーを使わなくてもデカ目に見せる方法はたくさん存在します。
いつもと同じメイク道具でもデカ目に見せるテクニックを知っているだけで美人な印象に近づくこともできるのです。
アイホールにはマットな質感の肌の影色にそっくりなアイシャドウを幅広く仕込むとごく自然に眉下が彫り深く見えて眉と目の距離が近くに見えるので目の印象が強くなるのです。
これにブラウンの横グラデーションをやや幅を狭めにのせてあげると、より目がはっきりとしてぱっちりのアーモンドアイになりますよ♡
是非、黒ライナーを使わないデカ目メイクにチャレンジしてみてくださいね。
2017年3月7日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【アイメイク】モードな目元に熱いまなざし。話題のセルヴォークラインって?

セルヴォークの新作コスメのひとつ、シュアネスアイライナーリキッドは細いアイラインを描くにはぴったり!セルヴォークのメイクアップではVカットの目尻の《セルヴォークイライン》を提案しています。印象的でちょっぴりモードな瞳に思わず引き込まれそうですね♡さっそくチェックしてみましょう。

【ALL1000円以下☆】人気・新作プチプラコスメ《アイメイク編》

いつでもトレンドを先取りたいアイメイクはプチプラで!ALL1000円以下で買えるアイシャドウやマスカラ、アイライナーがたくさんあります。気になる口コミと合わせてご紹介します!プチプラで賢くゲットしてトレンドメイクを楽しみましょう!

マキアージュから新しいアイライナー「シークレットシェーディングライナー」と「パーフェクトブラックライナー」が登場!

資生堂の人気コスメブランド「マキアージュ」から新コスメのアイライナーが6月21日に登場! ワンランク上の美しさを手に入れたい人は是非、チェックです♡

【大人気】デパコス&プチプラマスカラを「★評価」でご紹介!

美容雑誌やネットの口コミで人気のマスカラを比較してみました!ドラッグストアに売っているマスカラから一本4000円以上するデパートブランドのマスカラまで様々です。皆さんが気になるブラシの使い心地やロング、ボリューム、カール力を★5つで評価しています。ぜひ参考にしてみてください!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Ya-na Ya-na