寝不足で顔色が良くない…そんなときに使える最強カバーメイクテク♪

毎日スキンケアを頑張っていても、どうしても寝不足で顔色が良くない日もありますよね。そんな日でも回りに寝不足とばれない最強カバーメイクを一緒に学んで行きましょう♡

忙しくてつい寝不足に・・・。

毎日スキンケアを頑張っていても、寝不足に肌が勝てないときってありますよね。忙しい日々を送る中で、クマやくすみがどうしても気になる日に、そのままのメイクで仕事や学校に行って、寝不足なのがばれてしまった、という経験をしている方も多いのではないでしょうか。でもそんな時でも大丈夫♡メイクの仕方によって、そのトラブルはなかったことにできますよ♪

くすみをなかったことに♡

まず、人があなたの体調を判断するのに一番見ているのが「肌色」ですよね。寝不足が続いていると、肌がくすみがちになってしまう、なんてこともあると思います。まずは一番重要な肌のくすみをなかったことにしていきましょう!
肌のくすみをカバーしてくれるのがイエローのカラーコントロール。くすんでしまった肌の色を健康的なカラーにカバーしてくれる役割をしてくれます。ナチュラルな肌色に戻してくれるので、カバーしていることがばれにくいですよ♪

おすすめアイテム♡

おすすめなのがルナソルのイエローカラーコントロール。肌にスッとなじんでくれるテクスチャがよりナチュラルに色づいてくれますよ♡

クマをなかったことに

寝不足だとどうしても気になってしまうのがクマですよね。寝不足でなくてもクマがあるだけで、血色が悪く見えてしまうこともあります。そんなクマもなかったことにしていきましょう!
寝不足 なかったことに

寝不足 なかったことに

クマを隠してくれるのはオレンジ系のコンシーラ、もしくは今使っているファンデーションよりワントーン明るめのコンシーラです。暗い目元をナチュラルにカバーしてくれ、健康的な肌色を取り戻せます♡

おすすめアイテム♡

おすすめなのがアルマーニのカラーコンシーラ。指に乗せてとんとんと気になる部分に乗せるだけで簡単にカバーすることができ、保湿成分なども豊富に含まれているので、メイクをしながらクマを改善してくれる効果もあるんですよ♪

元気のない顔色をなかったことに♡

寝不足だとどうしても元気が出なくて、顔色も良くなくなる、ということも多々ありますよね。そんな元気のない顔色もカバーできてしまいます♪
寝不足 なかったことに

寝不足 なかったことに

顔色をよく見せるためには、なによりナチュラルなチークがとても重要になります。クリームタイプのチークをつかえば、自然に頬に彩りを与えてくれるので、自然でありながら血色のいい元気な印象を与えることができますよ♡

おすすめアイテム♡

おすすめなのがクリームチークにもリップにも使えるTREEのアイテム。じゅわっと肌の内側から色づいてくれるようにチークメイクができるので、仕上がりがとってもナチュラルなんです。おまけにリップにも使うことが出来るので、よりメイクに色付きをあたえてくれますよ♡

十分な睡眠が一番です♡

寝不足 なかったことに

寝不足 なかったことに

いかがでしたか。もちろんメイクでも一瞬で寝不足をなかったことにできますが、休養も大切です。ちょっと疲れたな、という時は十分睡眠をとるようにして、緊急事態の時のみ、なかったことにするメイクを実践してみてくださいね。
2017年6月19日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

派手になり過ぎない♡秋顔をつくれる大人女子のための「赤リップ」4選♪

秋ってメイクに赤リップを取り入れたくなりませんか?でも赤ってちょっと勇気がいる、と思っているあなたにもおすすめの赤リップを紹介していきます♡

【2017秋冬メイク】秋のこなれフェイスを作る「カラーレスチーク」のすすめ♡

2017年秋のトレンドメイクといえばカラーを統一したメイク。そんなトレンドメイクをするときにぜひ使ってもらいたい「カラーレスチーク」を紹介していきます♡

【2017秋】今年もやっぱりマットがトレンド?!今秋おすすめしたいマットリップ♡

2017年秋のメイクのキーワードは「マット」。トレンドフェイスを手っ取り早く作るためには、マットリップがとってもおすすめなんです♡

二重に憧れるあなたに教えたい♡アイプチなしでナチュラルに二重を作るテクニック

毎日アイプチやメザイクで二重メイクをしているという一重女子や奥二重女子なあなたも多いのではないでしょうか。そんなあなた必見♡ナチュラルに二重を作るテクニックがあるんですよ♡

実は超万能!パープルコスメを使って透き通るような透明感を手に入れるテクニック☆

透明感ってメイクをする上でとても大切なポイントになってきますよね。あなたの透明感メイクを作るのに、「パープルコスメ」が大活躍してくれるかもしれませんよ!

この記事のキーワード

この記事のライター

みほん みほん