求めるのはツヤ感♡夏メイクに使える【アイグロス】まとめ♡プチプラ&デパコス。

夏メイクに必須の要素といえば、ツヤ感!そこで今回は、まぶたに塗る【アイグロス】に注目♡みずみずしいアイメイクを叶えてくれる。おすすめアイグロスをまとめてみました。夏に向けてアイグロスをゲットしてみませんか?

アイグロスとは?

アイグロス 使用感

アイグロス 使用感

瞼にグロス!?と吃驚する方もいるかもしれませんが、アイグロスは2017年注目のコスメ。アイグロスはパウダータイプのアイシャドウより落ちにくく、発色の良さが秀でていることから人気を集めているんです。しっとりとした質感も今っぽくて可愛いですよね♡

アイグロスを気になる人続出!

おすすめアイグロス①:SWEETS SWEETS

SWEETS SWEETSのアイグロスは、1000円を切るプチプライスなのに落ちにくと評判!ビタミンC誘導体で崩れにくいということで、夏のメイクにぴったりですね◎キラキラ感が強いアイグロスなので、使い方は様々。落ち着いたブラウン系を中心に4カラーを展開しています。

おすすめアイグロス②:THREE

上品なカラーが揃うTHREEのアイグロス。9種もの植物オイルが配合されており、1日中しっとりとしたうるおい瞼が続きます。サラサラとしてテクスチャーで、少量でも伸びてくれるところも嬉しい♡グラデーションも簡単に作ることができますよ!

おすすめアイグロス③:CANMAKE

プチプラのアイグロスの中で人気なのは、やはりCANMAKE。540円という吃驚するほどお得な価格なのにも関わらず、発色、色持ちともに優秀です♡上品に色付いてくれるので、様々なシーンで活躍すること間違いなし!重ね付けでグラデーションも出来ちゃいます。

おすすめアイグロス④:ハリア

こちらは透明タイプのアイグロス。簡単に濡れまぶたが作れる人気コスメです。個人的には、手持ちのアイシャドウと組み合わせて使うのがおすすめ◎いつも通りアイシャドウを塗ったあと、ハリアのアイグロスをちょっとだけ重ねます。気分を変えたい時やツヤ感をプラスしたい時に便利。

おすすめアイグロス⑤:JILL STUART

一気に華やかな目元にしてくれる、JILL STUARTのアイグロス。ぷるぷるとしたテクスチャーで、まるでゼリーのような触り心地。アイメイクの下地として使用している方も多いようです♡コストパフォーマンスもいいコスメだと思います◎

おすすめアイグロス⑥:MAC

MACのアイグロスは、なんと全部で23色展開とカラーバリエーションが豊富♡こちらもアイシャドウベースとしても使用することができます。ラメ感があり、上品で大人の女性らしさを演出してくれるコスメです。

おすすめアイグロス⑦:Dior

Diorのアイグロスは、1日中輝きが続くと人気です。少量をとって薄く伸ばすと、上品な目元に大変身♡全部で8色展開しており、落ちにくくツヤ感をキープしてくれます。結婚式やパーティーの際におすすめです。

最後に

アイグロス

アイグロス

いかがでしたか?今回は、この夏注目のアイグロスについてご紹介しました。同じアイグロスでも、ツヤ感やラメ感はブランドによって違います。自分にぴったりのアイグロスを見つけてみてくださいね♡
2017年5月2日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017夏コスメ】LUNASOL(ルナソル)サマーコレクション♡新作アイシャドウ使用感レポ♡

LUNASOL(ルナソル)から2017年5月12日に発売したサマーコレクション。淡いパープルとブルーで作る涼しげアイメイクをご紹介していきます♡

【2017夏メイク】もう準備できてますか?花火大会にしたい浴衣にぴったりなメイクテク♡

もう少しで夏がやってきますね。夏の風物詩といえば花火大会。浴衣はもうすでに準備しているというあなた、メイクも抜け目なく準備しておきましょう♪

【2017夏メイク】トレンドメイクは「ネイビー」で決まる♡人気&新作コスメ5選

2017年夏のトレンドメイク【ネイビー】を使ったメイク&コスメをご紹介します。プチプラコスメから定番人気アイテムまで今年のトレンドにぴったりのものばかりですよ♡

【2017夏メイク】ジューシーな水ファンデーションでトレンドMAXのツヤ肌GET♡

夏のファンデーションの定番水ファンデーションのご紹介です。2017年のトレンド肌も艶や透明感のある肌です。水ファンデーションは粉っぽくないツヤ感MAXのお肌に仕上げます♪

【2017夏メイク】ツヤ×マットなメイクで作るこなれフェイスの作り方♡

マットメイク、ツヤメイク、色々なメイクが流行っていますよね。でも今年の夏はメイクをする箇所によってツヤとマットを使い分けて、パッと明るい夏メイクを作りましょう♡

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しろまる しろまる