最近、巷で話題の【炭酸コスメ】で素肌を底上げしませんか?話題の炭酸スキンケアアイテムをご紹介!

最近、炭酸コスメを良く見かけますよね。 そんな炭酸コスメの、心地良い使用感にはまる女子続出なんです♡ 今回は、話題の炭酸コスメをご紹介して致します!

炭酸泡洗顔♡

est

最初にご紹介する炭酸コスメは、estのアクティベートサーキュレーター。
こちらは、雑誌などにも良く載っていて、大人気の商品です!

押すだけで、もこもこの泡がすぐに出てくるので、忙しい朝や疲れて帰ってきたときにも、楽に洗顔することができますよ♪また、もこもこの泡が気持ち良いので、一日の疲れも吹き飛びそう♡

炭酸ガスを含んだ泡で、軽くマッサージをしながら洗顔することでお顔の血流を促進。
毛穴汚れやくすみもスッキリして、明るく透明感のある肌になれちゃいますよ。

SOFINA beaute

estのも気になるけれど、お値段が気になる・・という方には、ソフィーナボーテの泡洗顔もオススメ♡
こちらも、ポンプを押すだけで濃密泡が出てきますよ♡
また、泡マッサージケア洗顔料という名の通り、泡でマッサージするように洗顔することで、潤いに満ちたお肌にしてくれます。
洗い上がりは、もちもちした気持ちの良いお肌になれると人気ですよ♪

Bifesta

ドラッグストアなどでも気軽に手に入る炭酸コスメもありますよ♡
ビフェスタの泡洗顔は、ボトルも可愛くて洗面台に置いておいても気分があがりそうですね。

プチプラなのに、ヒアルロン酸&コラーゲンが配合されていて、保湿力もバッチリ!
泡も、しっかりした泡で毛穴汚れもしっかりとオフしてくれます♪

プチプラでも、炭酸泡洗顔ができるなんて嬉しすぎますね♡

炭酸泡美容液♡

SOFINAの美容液は、よく雑誌にも取り上げられていますよね!
お肌の土台からケアする『土台美容液』という、今までにない新しい美容液としても注目されています。
土台美容液なので、化粧水の前に使います。

乾燥やざらついて硬く感じるお肌に、高濃度のマイクロ炭酸泡が馴染んでお肌を柔らかく、なめらかに仕上げてくれますよ♡
毛穴よりの小さなマイクロ泡洗顔が、肌に密着することで、次に使う化粧水の浸透もグンとアップ!

いつものスキンケアが物足りないと感じたときに、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

炭酸ミスト♡

炭酸コスメは、なんと化粧水もあるんですよ。
こちらは、ミストタイプの化粧水なので、乾燥が気になるときに、手軽にしゅっしゅと使えるのが人気。
炭酸微粒子ミストが、肌の奥まですばやく浸透し、潤いのあるお肌にしてくれます♡

また、微粒子ミストがふわっと広範囲に広がるので、お化粧直しにもピッタリ!
メイクの前にはもちろん、メイクの上からも気軽に使えるのが嬉しいですね。

ピンクのパッケージもとってもキュートで、バッグに入れて持ち運びたくなる可愛さです♡

話題の炭酸コスメで透明感を手に入れて。

炭酸コスメ

炭酸コスメ

いかがでしたか??
話題の炭酸コスメは、洗顔だけと思いきや、美容液や、化粧水まであるんですよ♡
くすみや毛穴が気になる時は、いつものスキンケアを炭酸コスメに変えてみてはいかがでしょうか?
きっと、透明感のある素肌が手に入りますよ♪
2017年8月4日 更新

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【美白コスメ】色白女子たちが愛用している優秀すぎるスキンケアグッズをご紹介!

夏も真っ盛りですが、日焼け対策はしっかりできていますか?『#美白オタクのオススメ品』というタグがtwitterで話題になっています。今回は美意識の高い女子たちが愛用しているスキンケアアイテムをご紹介します!

リーズナブルなのに効果あり!【人気のハイコスパ美容液】に注目!

化粧水と乳液、そして、お肌のお手入れに欠かせないのが美容液ですが、「リーズナブル」なのに効果を実感できる人気の「ハイコスパ美容液」があるって知ってますか?使った人から実感しているのでリピーターも多いんです♡

女性に嬉しい効果たっぷり♡体の外からも中からも「炭酸」を取り入れましょう♡

最近良く耳にする「炭酸」を使ったアイテム。体の外からも中からも取り入れることで、女性にとって嬉しい働きをたくさんしてくれるんです♡

飲むだけじゃない?!酵素を使った洗顔で肌質をナチュラルに改善しましょう♪

ダイエットや体質改善にいいと言われており、最近トレンドになっている酵素。でも実は飲むだけでなく、肌から取り入れることもできるんです!

【スキンケア】『毛穴撫子10周年感謝セット』新登場!すっぴん美人になりたい人必見!

「毛穴が消えて綺麗になった!」「肌がワントーン明るくなった!」と今SNSで大好評の【毛穴撫子】が誕生10周年を記念して、2017年3月21日より『毛穴撫子10周年感謝セット』を販売!

この記事のキーワード

この記事のライター

nori nori